公共広場 の変更点


|CENTER:収録拡張|CENTER:コスト|CENTER:カード種別|CENTER:効果|h
|CENTER:|CENTER:|CENTER:||c
|[[帝国]]|5|アクション|''+3カードを引く&br;+1アクション''&br;カード2枚を捨て札にする。&br;--------------------&br;あなたがこのカードを購入するとき、''+1カードを購入''。|

*概要 [#overview]
使用しても手札の減らない[[倉庫]]。また購入時に+購入が付く特殊な効果を持つ。
*利用法 [#howtouse]
アクションを減らさずデッキを3枚掘れるのでデッキの回転を速めたり、手札の質をよくする目的で使う。倉庫と違って手札が減らないので、連打することが可能なことも強い点。ターミナルアクションと財宝多めのデッキに入れたり、もっとシンプルにコンボの潤滑油としても使用できる。器用な反面手札が増えるわけではないので、デッキに強いカードがないと出力が上がるわけでもなく、また過圧縮するとそもそも必要ないこともある。
また購入時に購入が減らないので、購入がない状態での13金1購入でも公共広場+属州と無駄なく金量を使えることも覚えておくとよい。
**無限勝利点 [#v8ce1038]
公共広場のコストを0にすることで無限に勝利点を得ることができる。やり方は以下の通り。
>
+[[ならず者]]が場に出ている状態でコストを0にした公共広場を購入する。
+ならず者の購入時効果により勝利点トークンを得て、公共広場の購入時効果により購入が1増える。
+公共広場の獲得に対して[[交易人]]を公開する。これにより公共広場はサプライに留まり、代わりに銀貨を獲得しようとする。

一連の流れで購入は減っておらず、サプライの公共広場の枚数も変わっていないので、永遠にこれを繰り返して勝利点トークンを受け取ることができる。たとえサプライから銀貨がなくなったとしても無限に点数を増やし続けることができる。
十分な点数を得た後は、公共広場(と銀貨)の山を枯らすことを忘れないように。

*詳細なルール [#rule]
-購入以外の方法で公共広場を獲得しても+1購入は得られない。
-デッキや捨て札にカードが残っておらず、カードを3枚引けなかった場合でも2枚捨て札にしなければならない。
-手札から複数の枚数のカードを捨て札にする際には1枚ずつではなく、カード全てを同時に捨て札にする処理であることに注意。 
--例えば、手札からまず[[坑道]]を捨て札にする→坑道のリアクション効果で金貨を獲得→手札から [[望楼]]を公開し金貨をデッキの上に置く→望楼を捨て札にする…という動きはできない。
--例えば、手札の[[Village Green]]を捨て札にする→Village Greenをリアクションして即座に「+1ドロー、+2アクション」を得る、という動きはできるが、ここでドローしたカードを更に捨て札にすることはできない。
--例えば、手札の[[村有緑地]]を捨て札にする→村有緑地をリアクションして即座に「+1ドロー、+2アクション」を得る、という動きはできるが、ここでドローしたカードを更に捨て札にすることはできない。

//*関連カード [#relation]
//|CENTER:拡張|CENTER:名前|CENTER:関連|h
*余談[#digression]
-遊戯王の有名な禁止カード「天使の施し」と同じ効果を持つ。
--ドミニオンでは「[[強欲な壺>研究所]]」の登場から随分と間が開いての登場となった。

*コメント [#comment]
#comment(noname)

&br;
#include(一覧/帝国,notitle);
&br;
#include(一覧/+購入,notitle);