Top > 司教 > diff

司教 の変更点


 |CENTER:収録拡張|CENTER:コスト|CENTER:カード種別|CENTER:効果|h
 |CENTER:|CENTER:|CENTER:||c
 |[[繁栄]]|4|アクション|''+1コイン&br;+1勝利点トークン''&br;あなたの手札のカード1枚を廃棄する。そのカードのコストの1/2(端数切り捨て)+勝利点トークン&br;他のプレイヤーは全員、自分の手札のカード1枚を廃棄してもよい。|
 
 *概要 [#overview]
 デッキの圧縮をしながら点数も増やすことができるカード。
 しかし、他のプレイヤーのデッキも圧縮するデメリットは意外と大きく、こちらの司教で圧縮されつつ、より生産性の高い行動をされると、微々たる勝利点トークンでは追いつけない差がついてしまうことも少なくない。
 初手での購入が必ずしも悪手とは限らないが、構築が多少進んだ段階で不要なパーツを勝利点に変えていく用途で買うようなプランはないか、少し立ち止まって考えたいところである。
 
 *利用法 [#howtouse]
 上記の通り、序盤の圧縮役としては対戦相手とのデッキに差ができにくいため、不向きである。効率良く勝利点を得たり、自分だけが圧縮をできる状況を作ったりすべきである。
 -デッキを司教・[[金貨]]・3枚で合計5金出せる財宝カードの5枚のみにしてしまえば、毎ターン金貨を廃棄して4勝利点を得ながら新しい金貨を購入できる。サプライの金貨が切れるまで安定して得点し続けられる。司教ゴールデンデックと呼ばれる戦略の最も基本的な形である。しかしこの規模のデッキでは勝てないことが多い。あくまでも「基本的な」形であり、引き切り型のコンボデッキにこのシステムを組み込み発展させるのが一般的な戦い方になる。
 --[[青空市場]]や[[坑道]]といった金貨獲得装置を用いる方法もある。
 --[[宝の地図]]や[[意外な授かりもの]]などで[[金貨]]を増やし、獲得したそばから勝利点に変換する。
 --[[宝の地図]]や[[意外な授かり物]]などで[[金貨]]を増やし、獲得したそばから勝利点に変換する。
 -''司教城塞''。司教4枚、[[城塞]]4枚で毎ターン12点の勝利点トークンを得るデッキができる。上記の金貨を用いたデッキと異なり、司教で廃棄するカードがなくならないため、お互いこのデッキを組むとゲームが終わらなくなる。
 -ハンデスを組み合わせる、[[玉座の間]]などを使用して複数回一度に使用するなど、相手が圧縮しにくい状況を作り出す。
 -[[壁]]がある場合は[[属州]]が事実上5点、[[公領]]が事実上2点などとなり、司教の価値が相対的にかなり高くなる。
 *詳細なルール [#rule]
 -手札のカードを廃棄できなかった場合でも1金と1勝利点は得られ、他プレイヤーは手札のカードを1枚廃棄できる。
 -[[橋]]等でカードのコストが下がっている場合、下がった後のコストを元に司教で得られる勝利点が決まる。
 -コストを参照するとき廃棄したカードは通常廃棄置き場にある。
 //*関連カード [#relation]
 //|CENTER:拡張|CENTER:名前|CENTER:関連|h
 
 //*余談[#digression]
 *コメント [#comment]
 #comment(noname)
 
 &br;
 
 #include(一覧/繁栄,notitle);
 &br;
 #include(一覧/圧縮,notitle);