密猟者 の変更点

|CENTER:収録拡張|CENTER:コスト|CENTER:カード種別|CENTER:効果|h
|CENTER:|CENTER:|CENTER:||c
|[[基本]](第二版)|4|アクション|''+1カードを引く&br;+1アクション&br;+1コイン''&br;空になっているサプライの山札1つにつき、手札を1枚捨て札にする。|

*概要 [#overview]
[[キャントリップ>用語集#cantrip]]で1金を出すカード。ただし、サプライのカードがなくなっていると手札を捨てる必要がある。
序盤では手札を減らさずに1金を得られるので使いやすいが、ゲームが進むにつれデメリットが発生してくる。
手札1枚捨てるようになるだけでも連打することは難しくなり、2枚捨てる状態では使用することすら躊躇われる。
サプライに[[カササギ]]や[[港町]]、[[呪い]]や[[廃墟]]といった品切れを起こしやすいカードがある場合には特に注意が必要。

*利用法 [#howtouse]
-捨て札が必要になる頃には勝利点を購入し始めていることも多く、とりあえず序盤に何枚か買っても後悔することは少ない。
--ただし、山札切れを起こしやすい環境では避けた方が無難。序中盤から常に捨てるのであればデメリットが大きい。
-捨て札が必要になったら無理に使用せずに、[[改築]]などで[[金貨]]や5コストのカードに変換するのも手。終盤では[[公領]]に変えて点数を伸ばすこともできる。
-[[書庫]]のような規定の枚数までドローするカードとは、捨て札が必要になるまで時間がかかる上にドロー効果で引いてきた時に困るので、そこまで相性がいいわけでもない。

*詳細なルール [#rule]
-手札の枚数が捨てる枚数よりも少ない場合、残った手札全てを捨て札にする。
-空になっているサプライがない場合、手札を捨てることはない。
-[[略奪品]]や[[教師]]のようなサプライに置かない山札が空になっても、捨てる手札の枚数には数えない。
-サプライの山札が2つ以上((ゲームの終了条件の一つがサプライの3山切れであるため、大抵のゲームにおいて密猟者で捨て札にするカードは1枚もしくは2枚であるが、稀に3枚以上捨て札にする必要があるケースも存在する。例えば、[[村]]→[[工房]]→密猟者と使用し[[工房]]のカード獲得で3つ目のサプライの山札が切れた場合、密猟者では3枚カードを捨て札にすることになる。))空になっている場合は、「(空のサプライの数だけ)手札からカードを同時に捨て札にする」という処理であることに注意。
--例えば、手札からまず[[坑道]]を捨て札にする→坑道のリアクション効果で金貨を獲得→手札から [[望楼]]を公開し金貨をデッキの上に置く→望楼を捨て札にする…という動きはできない。
--例えば、サプライの山札が2つ空になっている際に手札が[[村有緑地]]1枚のみだった場合、密猟者の効果でこの村有緑地を捨て札にするのみである。
このとき村有緑地でリアクションして「+1ドロー、+2アクション」を得ることはできるが、ここでドローしたカードを更に捨て札にする処理が発生するわけではない。

*関連カード [#relation]
|CENTER:拡張|CENTER:名前|CENTER:関連|h
|異郷|[[オアシス]]|密猟者より1コスト安く、サプライの状態によらず常時手札を1枚捨てる。|

*余談[#digression]
-ドナルド・Xによる追加理由は以下の通り。
#fold(原文と日本語訳){{
>【原文】[[(引用元)>http://forum.dominionstrategy.com/index.php?topic=16338.0]]
>This is in a player interaction slot, vacated by Spy.
>I thought of having some vanilla bonuses with the penalty of discarding a card per empty pile.
>The vanilla bonuses had to be essentially fair at the price of the card, since you might never empty a pile until the game was over.
>So really it required a vanilla card I hadn't made yet. Well there was one of those, and it was +1 Card +1 Action +$1 for $4.
> So there it is. Avoiding making that card all these years finally paid off.
>【日本語訳】
>こいつは[[密偵]]の代わりの、インタラクション枠だ。
>バニラ能力((+xカードを引く、+x金、+xアクション、+xカードを購入 のみの効果 [[木こり]]、[[村]]、[[鍛冶屋]]、[[市場]]、[[祝祭]]、[[研究所]]の6枚はバニラ効果のみをもつ))に加え、山切れに応じたペナルティを考えた。
>バニラ能力((+xカードを引く、+x金、+xアクション、+xカードを購入 のみの効果 [[木こり]]、[[村]]、[[鍛冶屋]]、[[市場]]、[[祝祭]]、[[研究所]]の6枚はバニラ能力のみをもつ))に加え、山切れに応じたペナルティを考えた。
>バニラ能力としては、本来の値段に見合った効果が与えられるべきだった。ゲームが終わるまで山を切らそうとしない限りはね。
>なので、今まで作ったことがないバニラ能力が求められた。えーと、あったんだ、「+1 カードを引く、+1 アクション、+1金」の4コストのカードだ。
>こうして密猟者が生まれた。今まで『「+1 カードを引く、+1 アクション、+1金」の4コストのカード』を作らなかったことが功を奏したんだ。
}}

*コメント [#comment]
#comment(noname)

&br;

#include(一覧/基本,notitle)