Top > > diff

峠 の変更点


 |CENTER:収録拡張|CENTER:種別|CENTER:効果|h
 |CENTER:|CENTER:||c
 |[[帝国]]|BGCOLOR(#66CC99):ランドマーク|BGCOLOR(#99FFCC):あなたが最初に属州を獲得したプレイヤーになったとき、&br;そのターンの後に、あなたが最後になる順番で、すべてのプレイヤーはそれぞれ1度ずつ&color(#ffffff,#990000){<40>};以下の範囲での入札を行う。&br;最大の入札をしたプレイヤーは+8勝利点トークン、そして入札した値に等しい&color(#ffffff,#990000){< >};を受け取る。|
 
 *概要 [#overview]
 最初の属州が獲得されたときに、勝利点8点をめぐってオークションを行うランドマーク。
 
 デッキを圧迫しない8勝利点は強力だが、基本的に競り落としたプレイヤーは大量の負債トークンを抱えるため、最低でも1ターンをパスすることになるだろう。
 単純に考えれば[[属州]]と[[植民地]]の中間の点数であり、その上デッキを圧迫しない、分割払いも可能といいことづくめである。11負債以上をもらったとしても金額のつり合いは取れるが…
 問題は、オークションが行われるのは1枚目の属州が獲得されたときである。勝利点を得るために負債を抱える価値があるかどうか、慎重に見極めたい。
 最初の属州が獲得されたときに、勝利点8点をめぐってオークションを行うランドマーク。デッキを圧迫しない8勝利点は強力だが、基本的に競り落としたプレイヤーは大量の負債トークンを抱えるため、最低でも1ターンをパスすることになるだろう。単純に考えれば[[属州]]と[[植民地]]の中間の点数であり、その上デッキを圧迫しない、分割払いも可能といいことづくめである。11負債以上をもらったとしても金額のつり合いは取れる。
 問題は、1枚目の属州が獲得されたときというオークションの時期である。勝利点を得るために負債を抱える価値があるかどうか、慎重に見極めたい。
 *利用法 [#howtouse]
 通常であれば読み合いが熱いランドマークなのだが…
 -[[工房]]などのカードだけで三山切れをすぐに起こせる
 -[[改築]]+金貨を入手するカードなど、購入を介さずに属州を継続的に獲得できる
 
 のであれば、&color(#ffffff,#990000){<40>};を入札してもよいだろう。
 
 また、[[闇市場]]のアクションカードやポーションが絡むカードを買い集める場合には高額の負債が足を引っ張る。その点も読み合い要素の一つ。
 *詳細なルール [#rule]
 -競りが発生するのは1回のみで、その時の入札も1周のみで終了する。
 -入札する場合はその時点の最大の入札を上回る数を入札しなくてはならない。
 --入札の上限は40であるため、40を入札すれば必ず8勝利点トークン(と&color(#ffffff,#990000){<40>};)を得られる。
 -入札をパスすることはできる。
 --全員がパスした場合、誰もトークンを受け取らない。
 -ゲームの終了条件のチェックは入札を始めるよりも前に行う。最初に属州を獲得したターンでゲームの終了条件を満たしていると、入札は行わずゲームを終了する。
 -峠の効果はターンの後、ターンとターンの間において誘発する。プレイヤー全員に関わる効果ではあるが、最初に属州を獲得したプレイヤーに誘発するものとして扱われる。
 --[[寄付]]の効果も峠と同じタイミングで誘発する。寄付を購入したプレイヤーが、そのターンに他者に先んじて属州を獲得した場合は、そのプレイヤーの好きな順番で解決する。
 ---寄付を購入したターンに、他のプレイヤーによってゲーム中初めて属州が獲得された場合、直前のターンを得ていたプレイヤーによる寄付の解決を先に行い、次に峠の効果を解決する。
 --[[前哨地]]、[[支配]]、[[使節団]]の追加ターンも同じくターンとターンの間に誘発するが、文章上見分けはつかないものの、峠の効果を先に解決した後に追加ターンを得る。
 --ターンとターンの間に支配の効果は及ばないため、入札する数の決定を支配することはなく、トークンを代わりに受け取ることもない。
 //*余談[#digression]
 *コメント [#comment]
 #comment(noname)
 
 &br;
 #include(一覧/ランドマーク,notitle);