工匠 の変更点

|CENTER:収録拡張|CENTER:コスト|CENTER:カード種別|CENTER:効果|h
|CENTER:|CENTER:|CENTER:||c
|[[冒険]]|5|アクション|''+1カードを引く&br;+1アクション&br;+1コイン''&br;好きな枚数のカードを捨て札にする。&br;捨て札にした枚数と同じコスト(捨て札1枚につき1コイン)のカード1枚を獲得してもよい。&br;そのカードをあなたの山札の上に置く。|

*概要 [#overview]
1金出しつつ手札を捨てればカードの獲得もできるキャントリップ。コストの安いカードを大量に集めるのに向いている。獲得したカードはデッキに置かれるのですぐに使用できるが、勝利点を獲得した場合には少々都合が悪い。デッキの回転速度も少し落ちるので注意。
1金出す[[キャントリップ>用語集#cantrip]]で、手札を捨てることでカードを獲得する効果を持つ。特にコストの安いカードを大量に集めるのに向いている。
獲得したカードはデッキに置かれるためすぐに使用できるメリットがあると言えるが、勝利点カードを獲得した場合には少々都合が悪い。デッキの[[回転>用語集#cycle]]速度も落ちる。
手札の枚数さえあればその内容は何であってもよいので、[[助言者]]や[[物乞い]]と組み合わせて手札8枚からの[[属州]]獲得を目指すのもよいかもしれない。

*利用法 [#howtouse]
-アクションを消費せずに手札を任意の枚数減らせるので、[[書庫]]のような規定の枚数補充するカードと組み合わせる。[[移動動物園]]での手札の調整などにも使える。
-アクションを消費せずに手札を任意の枚数減らせるので、[[書庫]]のような規定の枚数補充するカードと組み合わせる。
--同じく[[移動動物園]]ならば、手札の調整にも使えつつ、捨てるカードを補充できる点で好相性。
-アクションカードを獲得し、キャントリップや[[家臣]]を使って即座に使用する。

*詳細なルール [#rule]
-カードをドローした後に手札を捨てるかを選択する。
-捨てる枚数は0枚でもいい。
--その場合0コストのカードを獲得するか選べる。
-カードの獲得は任意なので、捨て札にした場合でもカードを獲得しなくてもよい。
-ポーションをコストに含むカード([[ブドウ園]]など)、負債をコストに含むカード([[技術者]]など)は、獲得できない。
-[[ポーション]]をコストに含むカード([[ブドウ園]]など)や、[[負債]]をコストに含むカード([[技術者]]など)は獲得できない。
-手札から複数の枚数のカードを捨て札にする際には1枚ずつではなく、カード全てを同時に捨て札にする処理であることに注意。 
--例えば、手札からまず[[坑道]]を捨て札にする→坑道のリアクション効果で金貨を獲得→手札から [[望楼]]を公開し金貨をデッキの上に置く→望楼を捨て札にする…という動きはできない。
--例えば、手札の[[村有緑地]]を捨て札にする→村有緑地をリアクションして即座に「+1ドロー、+2アクション」を得る、という動きはできるが、ここでドローしたカードを更に捨て札にすることはできない。

-工匠で獲得されるカードは捨て札置き場を経由せず、直接デッキトップに獲得される。他の類似カードに比べると日本語訳が不明瞭であり、注意が必要である。
--[[望楼]]でリアクションし、デッキトップに獲得したカードを廃棄することができる。
--[[そり]]でリアクションし、デッキトップに獲得したカードを手札に加えることができる。
--デッキトップに獲得したカードを(コストが適正であれば)[[取り替え子]]に交換することができる。この場合、交換した取り替え子は捨て札置き場に置かれる。
--デッキトップに獲得したカードを[[貨物船]]や[[技術革新]]の効果で脇に置くこともできる。
--[[守護者]]など獲得先が手札と指示されているカードを獲得した場合でも、デッキトップに獲得される。手札に加えることはできない。

//*関連カード [#relation]
//|CENTER:拡張|CENTER:名前|CENTER:関連|h

//*余談[#digression]

*コメント [#comment]
#comment(noname)

&br;
#include(一覧/冒険,notitle);

#include(一覧/冒険,notitle)