Top > 教師 > diff

教師 の変更点


 |CENTER:収録拡張|CENTER:コスト|CENTER:カード種別|CENTER:効果|h
 |CENTER:|CENTER:|CENTER:||c
 |[[冒険]]|6*|BGCOLOR(#CCCC99):アクション-リザーブ|BGCOLOR(#DDDDBB):このカードをあなたの酒場マットの上に置く。&br;--------------------&br;あなたのターンの開始時、あなたはこのカードを呼び出し、&br;あなたの+1カードか、+1アクションか、+1購入か、+1コイントークンを、&br;あなたがトークンを1枚も置いていないサプライにあるアクションの山札の上に置いてもよい&br;(あなたがその山札に由来するカードを使用するとき、先にトークンによるボーナスを得る)。&br;(このカードはサプライには置かない。)|
 
 *概要 [#overview]
 呼び出しさえすればアクションの山札に好きなトークンを置くことができる。当然、自分が多く持っているカードを強化するのが強いので、教師を目指しながら特定のアクションカードを集めよう。1回呼び出したら再度使用するにはデッキが一周するのを待たなくてはならない。最初の呼び出しで引き切りデッキを完成させ使用と呼び出しを交互にできる体制を築きたい。酒場マットに置く時には何も効果がない上にアクションを食い潰す点はネックと言える。
 *利用法 [#howtouse]
 
 *詳細なルール [#rule]
 -[[門下生]]までと異なり、トラベラーのカードの種類は持っていない。
 -手段にかかわらず既にトークンの置かれたサプライに教師で新たにトークンを置くことはできない((逆に、教師でトークンを置いたサプライの山札に[[誘導]]などでトークンを置くことはできる。))。
 -[[廃棄トークン>立案]]、[[-2コストトークン>渡し船]]が置かれている山札にも、教師でトークンを置くことはできない。
 --[[屋敷トークン>相続]]はサプライの山札に置かないので、教師には関係ない。
 --[[抑留トークン>抑留]]、[[交易路トークン>交易路]]、[[勝利点トークン>用語集#gathering]]、[[負債トークン>徴税]]など、出所がプレイヤー個人ではないトークンは教師に関係ない。
 -空の山札にもトークンを置いてよい。
 -複数の種類を持つカードの場合、その中にアクションを含めばアクションカードとして扱う。
 -[[分割された山札]]のように山札に異なるカードが含まれる場合、ランダマイザーに書かれている種類を参照する。具体的には[[城]]以外の全ての分割された山札はアクションカードの山札として扱う。
 --例として、[[鹵獲品]]が[[陣地]]/鹵獲品の山札の一番上にあるときもトークンを置くことができる。
 -[[廃墟]]もサプライに置かれるアクションカードの山札なので、トークンを置くことができる。
 -[[相続]]していてもサプライの[[屋敷]]の山札にトークンを置くことはできない。
 **トークンの機能 [#vanillatoken]
 +アクション、+コイン、+1カードを引く(以下ドロー)、+1カードを購入の各種プレイヤートークンは、カードを使用したときその解決前に誘発する使用解決前効果を持つ。
 +1アクション、+1コイン、+1カード、+1購入の各種プレイヤートークンは、カードを使用したときその解決前に誘発する使用解決前効果を持つ。
 -[[浮浪児]]などと同じタイミングであり、複数発生する場合はプレイヤーが解決順を選ぶ。
 -トークンの乗った山札に由来するのであれば、どのカードをどのフェイズで使用しても、トークンは誘発する。
 --例として、+1アクショントークンの乗った[[鹵獲品]]を購入フェイズに使用すると、先に1アクションを得る((このアクションを有効に利用するには[[王冠]]や[[ヴィラ]]が必要である。))。
 --他に[[石]]、[[冠]]、[[人狼]]、[[Capitalism]]で財宝化したアクションも同様。
 -トークンの効果は使用した時のみ得られる。前のターンに使用した持続カードの効果がターン開始時に発生するとき、トークンは誘発しない。このとき持続カードは再使用されるわけではないため。
 --例えば、+1ドロートークンを置いた[[雇人]]からは、使用したときにトークンの1ドローを得て、以降のターン開始時には雇人本来の1ドローのみを得る。
 --例えば、+1カードトークンを置いた[[雇人]]からは、使用したときにトークンから1ドローを得て、以降のターン開始時には雇人本来の1ドローのみを得る。
 -同様に、リザーブカードを呼び出すときも誘発しない。
 -トークンはカードの能力を置換するわけではない。
 --+1コイントークンが置かれても、それにより[[Capitalism]]で財宝になることはない。
 -トークンを置いた山札のカードを相続していても、屋敷を使用したときにトークンの効果は得られない。
 -はみだし者系との関係はその[[詳細なルール>はみだし者#rule]]を参照せよ。
 
 //*関連カード [#relation]
 //|CENTER:拡張|CENTER:名前|CENTER:関連|h
 
 //*余談[#digression]
 *コメント [#comment]
 - +1カードトークンを雇人の上においた場合、 --  &new{2019-05-03 (金) 19:21:46};
 - 毎ターン開始時に2枚引けますか? --  &new{2019-05-03 (金) 19:22:09};
 - その場合は1枚しかカードを引けません。各トークン効果は「アクションを使用したとき」に発生します。[[雇人]]を使用して(この時は乗っているトークン効果が発生)、その後の雇人の能力で『各ターンの開始時に+1カード』が起きる時は、雇人を使用しているわけではないので、トークン効果は発生しません。 --  &new{2019-05-03 (金) 21:27:47};
 - 回答ありがとうございます。 --  &new{2019-05-04 (土) 14:42:43};
 
 #comment(noname)
 
 &br;
 #include(一覧/冒険,notitle);
 &br;
 #include(一覧/冒険/トラベラー,notitle);
 &br;
 #include(一覧/リザーブ,notitle);
 &br;
 #include(一覧/+購入,notitle);