発明家 の変更点

|CENTER:収録拡張|CENTER:コスト|CENTER:カード種別|CENTER:効果|h
|CENTER:|CENTER:|CENTER:||c
|[[ルネサンス]]|4|アクション|コスト4以下のカード1枚を獲得する。その後、このターンの間、すべてのカードのコストは1少なくなる(ただし0未満にはならない)。|

*概要 [#overview]
[[工房]]と[[橋]]を合わせたような効果を持つカード。
複数回使用すれば5コスト以上のカードも獲得でき、さらにコストも下がるので強力。アクション権を稼ぐカードもこのカードで集めることができれば狙いやすいが、複数人が同じ戦術に行くとあっという間に三山切れでゲームが終了する。

*利用法 [#howtouse]
-[[橋]]同様に1ターンに何度も使用することで勝利点を大量にかき集めて一気にゲームを終了させる。
-デメリットとして、[[弟子]]や[[引揚水夫]]のような廃棄したカードのコストを参照するカードは弱体化してしまうので組み合わせる際には注意。

*詳細なルール [#rule]

**コスト4以下のカードを獲得する効果 について [#f347fbb9]
-カードの獲得は強制である。
-獲得を処理する時点では、その発明家自身のコスト軽減効果が発揮されていない点に注意。能力は上から順に処理するため、獲得の後にコストが下がる。
-[[街道]]などでカードのコストが下がった場合、下がった後のコストが4コスト以下であれば獲得できる。 
--[[街道]]→発明家の順にカードをプレイした場合、発明家で公領(コスト5→''4'')を獲得できる。
-ポーションや負債をコストに含むカードは、どちらもコスト4(コイン)以下までのカードに含まれないため、獲得できない。
--発明家で獲得できるカードは、正確には「コスト4コイン''0ポーション0負債''以下のカード」とみなされるため。

**カードのコストを下げる効果 について [#y4a233da]
-発明家は使用による能力の解決を通じてコストを下げる((同じ仕組みでコストを下げるのは[[橋]]だけである。一方で[[街道]]などは、「このカードが場に出ている限り」発生する仕切り線以下の継続的効果である。))。
--[[玉座の間]]系で複数回使用すると使用した回数だけコストが下がる。
--[[行進]]などで場を離れても、コストは下がったままである。
--[[女魔術師]]の影響を受けるとカードのコストは下がらない。
-発明家のコスト減効果は使用時効果である。似た効果を持つ[[街道]]の、「場に出ているときに発揮される効果」とは処理が異なるので注意((発明家と同じ仕組みでコストを下げるのは[[橋]]だけである。))。
--[[玉座の間]]系で複数回使用すると、使用した回数だけコストが下がる。
--[[行進]]などで場を離れても、使用時効果は消えないので、コストは下がったままである。
--[[はみだし者]]などのCommandカードでサプライから使用する場合など、カードが場に出ない場合でも、コスト減効果は発揮される。
--逆に、[[女魔術師]]のアタック効果や[[習性]]により使用時効果が書き換えられた場合は、場に出ていてもコスト減効果は発揮されない。
-デッキや廃棄置き場などあらゆる領域にあるカードのコストが下がる。
-[[イベント]]や[[プロジェクト>ルネサンス#project]]はカードではないため、コストは下がらない。
-[[イベント]]や[[プロジェクト]]はカードではないため、コストは下がらない。

//*関連カード [#relation]

//*余談[#digression]
*コメント [#comment]
#comment(noname)
&br;

#include(一覧/ルネサンス,notitle);
#include(一覧/ルネサンス,notitle)