負債 の変更点

|CENTER:収録拡張|CENTER:名前|CENTER:コスト|CENTER:カード種別|CENTER:効果|h
|CENTER:||CENTER:|CENTER:||c
|[[帝国]]|[[技術者]]|&color(#ffffff,#990000){<4>};|アクション|コスト4以下のカード1枚を獲得する。&br;あなたはこのカードを廃棄してもよい。そうした場合、コスト4以下のカード1枚を獲得する。|
|[[帝国]]|[[結婚式]]|4+&color(#ffffff,#990000){<3>};|BGCOLOR(#BBBBBB):イベント|BGCOLOR(#DDDDDD):''+1勝利点トークン''&br;金貨1枚を獲得する。|


*概要 [#overview]
[[帝国]]から登場した、新しいコストのシステム。
帝国の一部のカードや[[イベント]]には、コストとして、「コインコスト(カード上は、黄色の〇で表記される)」以外に「負債コスト(カード上は、茶色の『六角形』で表記される)」を持つものがある。
※便宜上、当Wiki上では負債コストを&color(#ffffff,#990000){<X>};と表記する。

負債コストについては以下のルールがある。
+「負債コスト」を持つカード(orイベント)を購入したプレイヤーは、購入時に負債コストと同額の負債トークンを得る。
+負債トークンを所持しているプレイヤーは、購入が出来なくなる。
+負債トークンを所持しているプレイヤーは、1コインを消費することで、「負債トークンを支払う(共通ストックに戻す)」ことができる。これは、購入フェイズ中(の財宝カード使用タイミングの後)であれば、いつでも処理できる。

*利用法 [#howtouse]
-コインコストと違い、分割して支払うことができるので、初手から&color(#ffffff,#990000){<8>};のカードを購入することができる。
-負債トークンはゲーム終了時に所持していてもデメリットは特にないので、ゲーム終了間際も負債コストは負いやすいと言える。
-負債トークンを所持している際のデメリットは「購入不可」だけなので、[[建て直し]]などで購入なしで勝利点を稼げるのであれば、なんなら負債トークンを所持したままゲームを進めても良い。
-デメリットとして、大抵の「コインコストを参照する効果」と相性が悪いことが挙げられる。
--[[改築]]系の弾にしても、大抵は0コインのカードと同等の効果しか得られない。
--[[工房]]などの一定コインコスト以下のカードを獲得する効果で獲得できない。
--[[橋]]などのコインコスト減効果が意味を為さない。
---逆に、[[騎士]]などの一定のコインコストのカードを廃棄する効果の対象とならないのはメリットと言える。

*詳細なルール [#rule]
-帝国には40枚の負債トークンが同梱されている。
ゲームのルール上、負債トークンに"売り切れ"はない。負債トークンが足りなくなった場合は、他のトークンで代用するなどしてよい。
-負債を支払う処理に、購入権は消費されない。
-負債トークンを支払うのは、自分の購入フェイズ中(の財宝カード使用タイミングの後)であればいつでも(カード購入前でも購入後でも)できる。
--例えば負債トークンを2枚持っている状態で、5金1購入権があれば、2コインを消費して2負債を支払い、その上で残った3コインで[[銀貨]]を購入する、という動きができる。
--例えば負債トークンを持っていない状態で、3金1購入権があれば、[[技術者]]を購入し、即座に3コインを消費して3負債を支払い、結果として1負債を持ち越す、という動きができる。

-コインコストと負債コスト(とポーションコスト)は別のコストとして扱われる。例えば、[[技術者]]は厳密には「0コイン、(0ポーション)、4負債のカード」と扱われる。
--例えば、X負債の持つカードは、Xコイン以下(or以上)のカードでは無い。[[工房]]で[[技術者]]を獲得することはできない。
同様に、「コインコスト分の××を得る」という効果に対しても、負債コストは対応していない。[[交易人]]で[[技術者]]を廃棄しても、銀貨は得られない。
--[[橋]]などのコインコスト変動効果に対して、負債コストは変動しない。[[橋]]を使用した後、[[技術者]]は3負債としては扱われず4負債のままである。
---コインコストと負債コスト両方を持つカードのコインコストには、当然変動する。[[大金]]は、[[橋]]使用後は7コイン8負債のカードとして扱われる。
--負債コストは過払いできない。

-[[舞踏会]]などで得られる「-1コイントークン」とは違い、「負債トークンを所持していても、発生したコインを即座に返済に充てられるわけではない」ことに注意。
あくまで負債の返済は『自分の購入フェイズ中(の財宝カード使用タイミングの後)』にのみ行える処理である。
以下の場合は(たまたまこれらの処理が自分の購入フェイズ中の財宝カード使用タイミングの後に発生していない限り)負債の返済処理を行うことが''できない''ということに注意。
--大前提として、財宝やアクションで発生したコインが即座に(≒自動的に)負債返済に充てられることは無い。
---負債を抱えたまま、購入フェイズにコインを[[大金]]で倍にして、その後(カード購入のタイミングになった際に)負債返済する、という動きはできる。
--特定のアクションなどで発生する「コインを消費する処理」に伴って、負債返済を行う、ということはできない。
---[[救貧院]]使用時に、得た4金を(コイン減効果が処理される前に)負債返済に充てる、という動きはできない。
---[[語り部]]使用時に「カードドローをしたくないので、コインを負債返済に充てておく」という動きはできない。(この時までに発生していたコインは全て語り部のドロー効果として消費される)
---[[闇市場]]使用時に、+2コイン&闇市場デッキからカードを公開&手札の財宝を使用…の処理は発生するが、発生したコインを負債返済に充てることはできない。
その上で、【負債トークンを所持しているプレイヤーは、購入が出来なくなる】というルールは適応されるため、負債所持時に闇市場を使用すると(負債が返済できないので)カード購入が実質的にできない。
--リアクション効果などにより、「他プレイヤーのターン中のカードの使用」で発生したコインを、負債返済に充てることはできない。
--[[技術革新]]の効果などによる、「夜フェイズやクリーンアップフェイズ中のカードの使用」で発生したコインを、負債返済に充てることができない。
--なお、例外的に、[[元手]]は「場から捨て札にした際、(&color(#ffffff,#990000){<6>};を得ると共に)負債を返済する追加の機会を得る」という効果がある。
--上述の性質により、-1コイントークンがある状態でコインが発生した時に「先に負債の返済を処理して、-1コイントークンは持ったままにする」という動きはできない。
-1コイントークン自体の効果が、「コイン発生に誘発し、自身を取り除く」という処理のためである。

*関連カード [#relation]

|CENTER:拡張|CENTER:名前|CENTER:関連|h
|[[帝国]]|[[技術者]]|&color(#ffffff,#990000){<4>};のカード。4コスト以下のカードを獲得、即時廃棄すれば4コスト以下のカードをもう1枚獲得する。|
|~|[[王室の鍛冶屋]]|&color(#ffffff,#990000){<8>};のカード。+5ドロー、手札の銅貨を全て捨てる。|
|~|[[市街]]|&color(#ffffff,#990000){<8>};のカード。+2アクション、手札を公開し+(手札のアクションカードの枚数)ドロー。|
|~|[[大君主]]|&color(#ffffff,#990000){<8>};のカード。サプライにある5コスト以下のCommandでないアクションを選び、そのカードをサプライに置いたまま使用する。|
|~|[[元手]]|このカード自体は負債コストを持たないが、&br;場から捨て札にする時&color(#ffffff,#990000){<6>};を受け取る&br;という効果を持つ。|
|~|BGCOLOR(#ffffcc):[[大金]]|8コイン+&color(#ffffff,#990000){<8>};のカード。+1購入、このターンに一度だけ、出ているコインを2倍にする。&br;このカードの獲得時、場に出している[[剣闘士]]と同じ枚数の金貨を獲得する。|
|~|BGCOLOR(#dddddd):[[徴税]](イベント)|このイベント自体は負債コストを持たないが、&br;サプライの山札1つに&color(#ffffff,#990000){<2>};を乗せる。&br;ゲーム開始時、サプライの山札全てに&color(#ffffff,#990000){<1>};を乗せる。&br;(カード購入時、その山札に乗っている&color(#ffffff,#990000){<X>};を全て受け取る)&br;という効果を持つ。|
|~|BGCOLOR(#dddddd):[[結婚式]](イベント)|3コイン+&color(#ffffff,#990000){<4>};のイベント。+1点、金貨を獲得する。|
|~|BGCOLOR(#dddddd):[[凱旋]](イベント)|&color(#ffffff,#990000){<5>};のイベント。屋敷1枚を獲得し、+(このターンに獲得したカードの枚数)点を得る。|
|~|BGCOLOR(#dddddd):[[寄付]](イベント)|&color(#ffffff,#990000){<8>};のイベント。ターン終了後、デッキの全カードから好きなカードを廃棄し、残りをデッキにして+5ドロー|
|~|BGCOLOR(#dddddd):[[寄付]](イベント)|&color(#ffffff,#990000){<8>};のイベント。ターン終了時、デッキの全カードから好きなカードを廃棄し、残りをデッキにして+5ドロー|
|~|BGCOLOR(#dddddd):[[併合]](イベント)|&color(#ffffff,#990000){<8>};のイベント。捨て札から最大5枚のカードを捨て札のままにして残りをデッキに加えてシャッフルし、公領1枚を獲得する。|
|~|BGCOLOR(#99FFCC):[[峠]](ランドマーク)|あなたが最初に属州を獲得したプレイヤーになったとき、&br;そのターンの後に、あなたが最後になる順番で、すべてのプレイヤーはそれぞれ1度ずつ&color(#ffffff,#990000){<40>};以下の範囲での入札を行う。&br;最大の入札をしたプレイヤーは+8勝利点トークン、そして入札した値に等しい&color(#ffffff,#990000){< >};を受け取る。|
|~|BGCOLOR(#99FFCC):[[峠]](ランドマーク)|あなたが最初に属州を獲得したプレイヤーになったとき、&br;そのターンの終了時に、あなたが最後になる順番で、すべてのプレイヤーはそれぞれ1度ずつ&color(#ffffff,#990000){<40>};以下の範囲での入札を行う。&br;最大の入札をしたプレイヤーは+8勝利点トークン、そして入札した値に等しい&color(#ffffff,#990000){< >};を受け取る。|


*余談[#digression]
-[[支配]]の[[英語版第二版>http://wiki.dominionstrategy.com/index.php/Possession]]では、「追加ターン時に、被支配者が得ようとする負債トークンは支配者が得る」というルール変更が行われた。



*コメント [#comment]
#comment(noname)