貢物 の変更点

|CENTER:収録拡張|CENTER:コスト|CENTER:カード種別|CENTER:効果|h
|CENTER:|CENTER:|CENTER:||c
|[[陰謀]](初版)|5|アクション|あなたの左隣のプレイヤーは、自分の山札の上から2枚のカードを公開し、捨て札にする。&br;あなたは、その2枚のうち、異なる名前のカードごとに…&br;アクションカードの場合:+2アクション&br;財宝カードの場合:+2コイン&br;勝利点カードの場合:+2カードを引く&br;(カード名が同一の場合、そのカードの種類のボーナス1つのみを得る。)|

*概要 [#overview]
左隣のプレイヤーのデッキに応じて色々なボーナスがもらえるカード。ボーナスは[[鉄工所]]の二倍となっており、別名のカードが公開されればさらに重複してボーナスが得られる。
対戦相手のデッキを操作する方法は[[密偵]]のような一部のアタックカードしかないため、狙った効果を得るのは難しい。左隣が[[貴族]]のような複数の種類を持つカードを購入しているなら積極的に採用してもよいだろう。[[呪い]]場ではしばしば何のボーナスも得られず終わる。
対戦相手のデッキを操作する方法は一部のアタックカードしかないため、狙った効果を得るのは難しい。
また、コンボデッキのようなアクションカードだらけのデッキをめくって+4アクションでは虚しく、いざ勝利点や財宝がめくれれば2枚が同名カードというオチもしばしば。
左隣が[[貴族]]のような複数の種類を持つカードを購入しているなら積極的に採用してもよいだろう。[[呪い]]場ではしばしば何のボーナスも得られず終わる。

得られる効果が非常に不安定な上、左隣のプレイヤーを個人攻撃できてしまうのがまずい((ドミニオンのほとんどのアタックカードは他のプレイヤー全員を対象とする))と判断されたためか、陰謀:第二版では未収録となった。
*利用法 [#howtouse]
-[[密偵]]や[[神託]]で事前に相手のデッキを確認しておけば、望むボーナスを得やすくなる。
-圧縮手段がない、もしくは序盤であればデッキの銅貨や屋敷が公開される可能性が高く、2金か2ドローを得るカードと割り切って使ってしまっても良い。
-基本的にはやりたくないが、[[村]]系がないサプライにおいても強引なアクション数稼ぎとして一考の余地はある。左隣のプレイヤーが過圧縮をしているのならアクションにヒットしやすくなり、こちらも安定してくる。
-圧縮手段がない、もしくは序盤であれば初期デッキの[[銅貨]]や[[屋敷]]が公開される可能性が高く、2金か2ドローを得るカードと割り切って使ってしまっても良い。
-[[村]]系がないサプライにおいても強引なアクション数稼ぎとして一考の余地はある。
--左隣のプレイヤーが過圧縮をしているのならアクションにヒットしやすくなり、勝利点が混じり始める頃にはこちらも安定してくる。

*詳細なルール [#rule]
-このカードはアタックカードではないので、アタックカードの使用を条件とするリアクションは使用できない。
-[[大広間]]のように複数の種類を持つカードが公開された場合、その全てのボーナスを得られる。
--[[大広間]]はアクション・勝利点カードなので、+2カードと+2アクションの両方のボーナスが得られる。
-[[呪い]]のようなこのカードに書かれていない種類しか持たないカードが公開された場合、何も起こらない。
-[[騎士]]や[[分割された山札]]のように1つのサプライの山札に複数の名前のカードが含まれる場合、カードに印刷されている名前が異なるならば別のカードとして扱う。
--貢物によって[[サウナ]]と[[アヴァント]]が公開された場合、+4アクションを得る。
-「公開」を行うため、[[パトロン]]によって[[財源]]を得られる。
--この時、財源を得るのは貢物を使用したプレイヤーではなく、デッキをめくった側のパトロンを所有するプレイヤーである。

//*関連カード [#relation]
//|CENTER:拡張|CENTER:名前|CENTER:関連|h

//*余談[#digression]
*余談[#digression]
-得られる効果が非常に不安定な上、左隣のプレイヤーを個人攻撃する形になってしまうのがまずい((ドミニオンのほとんどのアタックカードは他のプレイヤー全員を対象とするよう意図してデザインされている))と判断されたためか、陰謀:第二版では未収録となった。


*コメント [#comment]
#comment(noname)

&br;
#include(一覧/陰謀(削除),notitle);
#include(一覧/陰謀(削除),notitle)