Top > Sinister Plot

Sinister Plot

Last-modified: 2019-08-27 (火) 19:13:53
収録拡張コスト種別効果
Renaissance4PROJECTあなたのターンの開始時に、あなたのトークンをここに1枚加えるか、その好きな枚数を取り除き、取り除いた1枚につき+1 カードを引く
PROJECTAt the start of your turn, add a token here, or remove your tokens here for +1 Card each.

概要 Edit

(日本語版テキストには誤りがあります。トークンは"好きな数だけ"取り除くのではなく、一度にすべてのトークンを取り除く効果です。)
トークンを溜めるか、全て取り除いて溜まった分のドローを行うPROJECT。有効に使うにはターン数がかかるので、なるべく早い段階で購入しておきたいが、購入時には利益がないので手が遅れてしまう。
大量の手札を持ってターンを始められるので手札の枚数を活かせるカードがあれば有効活用できるし、そうでなくとも属州を購入できる可能性が高まる。
序盤の1ターンをSinister Plot の購入の為に犠牲にする点、起動すると大量ドローが出来る点では、中盤以前の使用感は狂人がやや近い。

利用法 Edit

  • 中盤以前でも圧縮を一気に進めたい場合や高コストのカードを入れたり、高コストのイベント(特に相続)やプロジェクトを購入したい場合にドローをする。
    • 伯爵で圧縮をするターンなどにのために手札を増やす使い方も効果的。
  • コンボデッキにおいて初期手札で事故が起きた場合の保険として運用する。特に勝利点レースが始まってからこの目的でドローを行うケースが多い。
  • Cathedralのようなターン開始時の手札から選ぶ効果の選択肢を増やせる。が、毎ターン増やせるわけではないので、安定した運用には向かないか。
  • ビッグブリッジのようなワンターンキル系のデッキで、1ターンに火力を集中させるのに役立つ。

詳細なルール Edit

  • この効果で置くトークンは、専用のものを別に用意しておく。(コイントークン等の流用でもよいが、マットの上のものと混ざらないようにしておく方がよいだろう。)自分のマットの上に置いてあるトークンを使用するわけではないので、コイントークンやVillagerといったトークンを持っていなくても置くことができる。
  • この効果で取り除けるトークンは、『あなたのトークン』のみである。
    • 自分が置いたトークンのこと。
    • 複数人がこのプロジェクトを買ったことにより、複数人分のトークンが置かれていたとしても、自分が置いたトークンしか取り除かない。
    • 複数人がこのプロジェクトを買った場合、この効果で置くトークンは誰のものかを区別する必要がある。

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White