Trail

Last-modified: 2022-08-08 (月) 02:11:46
収録拡張カード名コストカード種別効果(※日本語訳はDominion Onlineより)
異郷(第二版)Trail4Action+1 Card
+1 Action
ReactionWhen you gain, trash, or discard this, other than in Clean-up, you may play it.
4アクション+1 カードを引く
+1 アクション
リアクションこのカードをクリーンアップフェイズ以外の場面で獲得、廃棄、または捨て札にしたときに、これを使用してもよい。

概要

獲得時、廃棄時、および捨て札にしたときに使用できるキャントリップ
リアクションで使用するとアクション権を消費しないため、実質的に村系として仕事する。
普通に使うだけではただのキャントリップであり殆ど意味がないが、廃棄材にすれば消費は無く、捨て札にしては手札が減らずと、リアクション効果を利用してこそ有用カードに変貌する。
城塞村有緑地にも増してあらゆる場面でのリアクションが考えられるため、サプライを見たら全てのパターンを見落とさないようにしたい。

利用法

  • 捨て札が必要なカードの弾として使用する。手札が減らずに済むだけでなくアクション権まで増えるためうまく組み合わせれば強力。
    • 同セットではオアシスWitch's Hutなどとシナジーがある。
    • 地下貯蔵庫倉庫など手札交換系との相性も良い。
    • 書庫では、デッキからTrailを公開した場合は脇に置き、処理後に捨て札にする(この時、Trailでリアクションする)とすることで、Trailを脇に置いた分ドロー&アクションの補填ができるので、極めて相性がよい。
  • アクションフェイズに獲得して即座に使用すると、1ドローと1アクションが得られ、こちらも組み合わせ次第では強力となる。
  • 廃棄をしてもリアクションで即時使用できるため、城塞同様に実質廃棄されず、廃棄材としての消費が無いのが強力。
    • 弟子で廃棄すると結果的に5ドロー2アクション状態になるなど、使用効果によって城塞以上の働きを見せることもある。
    • 改築系の弾とするのもよい。Trailを改築して金貨や公領を獲得しながらリアクションする、鍛造でTrail2枚を廃棄しながら属州を獲得しながらリアクションするなど。
      • キャントリップも発生するため、手札は通常の改築よりも1枚多く(鍛造の場合は複数枚多く)なる。
  • なお、特定の習性との組み合わせで更に強力な動きが発生するので注意が必要。
    • 工房でTrailを獲得し馬の習性として使用する動きができると、工房(3コスト)が実質研究所(5コスト)の動きをする。
      また、工房以外でも、「待ち伏せが実質[+2アクション、+2ドロー(=デメリット無しの失われし都市]になる」「発明家が[コスト減効果付きの研究所]になる」などの異常事態が発生する。
    • Trailを購入し獲得した際にリアクションでチョウの習性として使用すれば、実質4金で5金カードを獲得できる。初手でも狙える極めて強力な動きなので絶対に見逃さないように。
      • なお、このときサプライにBerserkerがあると、(場にアクションさえ出ていれば)TrailをBerserkerに換え、Berserkerを6金カードに換える、という動き(以下【Aコンボ】と呼称)で「4金で6金カードを獲得する」というさらに凶悪なコンボが成立することも見逃せない。
        しかも、実は「Trailをチョウの習性として使用しBerserkerを獲得し、通常の使用(=工房効果+民兵効果)をする」という動き(以下【Bコンボ】と呼称)でTrailが獲得できてしまうので、
        発展例1:とりあえず【Bコンボ】は1度やっておき、他プレイヤーの手札を3枚にしてから【Aコンボ】を行う。
        発展例2:【Bコンボ】をサプライにBerserkerがあるだけ行い、一瞬でBerserkerを枯らす(=他プレイヤーに両コンボを使わせない)。
        発展例3:【Aコンボ】で獲得する6金のカードを国境の村とすることで、国境の村をついでに枯らす。
        などなど、サプライによって凶悪なコンボが成立するので非常に注意が必要*1

詳細なルール

  • 持続する効果を持たないため、使用して場に出た次のクリーンアップフェイズで捨て札になる。
    • 相手のターンにリアクションした場合、そのターンのクリーンアップフェイズに捨て札になる。持続カードである隊商の護衛などと異なるので注意。
  • 仕切り線以下はクリーンアップフェイズ以外に獲得or廃棄or捨て札にしたときに誘発する獲得or廃棄or捨て札時効果である。
    • クリーンアップフェイズ以外なら、どのような効果でに獲得or廃棄or捨て札にした際でもTrailを使用することができる。
      自分のターン中でも、自分のターン中以外でも、手札からでもデッキからでも脇からでも追放マットからでもサプライからでも闇市場デッキからでも廃棄置き場からでも、獲得or廃棄or捨て札にしたときならばTrailを使用することができる。
    • リアクションは任意のため、場に出し使用することを選ばずに、そのままTrailを獲得し捨て札置き場に置くor廃棄し廃棄置き場に置くor捨て札にし捨て札置き場に置くこともできる。
    • クリーンアップフェイズには、誰がどんな方法でどこから獲得or廃棄or捨て札にしてもリアクションできない。
      • クリーンアップフェイズ中にカードを廃棄or獲得する処理としては、増築によるカード廃棄&獲得効果がある。

Trailを獲得した際の注意

  • Trailを獲得すると、Trailは(通常の場合)捨て札置き場に移動し、そのタイミングで獲得時効果が誘発する。
    • 獲得時効果を解決すると、自身を捨て札置き場から場に移動する。一度は実際に捨て札置き場に移動する点に注意。
    • 墓暴きの効果などで廃棄置き場からTrailを獲得した際も、Trailの獲得時効果は誘発する。
  • 購入フェイズでTrailを購入し獲得した際にリアクションすると、Trailを使用することはできるが、この時新たに財宝カードを引いても、その財宝カードを追加で使用することはできない。
  • 獲得したTrailの獲得時効果は、他の獲得時効果と同時に誘発し、処理順は獲得者が選ぶ。
    • ただし、獲得したTrailの獲得時効果でリアクションし使用する(=場に出す)処理は「獲得したTrailを獲得先から移動させる効果」なので、これを処理すると、他の「獲得したTrailを獲得先から移動させる効果」の処理には失敗する。(移動阻止ルール)
      同様に、他の「獲得したTrailを獲得先から移動させる効果」を先に処理すると、獲得したTrailの獲得時効果でリアクションし使用する(=場に出す)処理に失敗する。
      • 例えば、貨物船を使用した状態で獲得したTrailは、貨物船により脇に置くか、Trailの獲得時効果でリアクションし使用するかのどちらか一方を先に処理した時点で、後のもう一方の処理には失敗する。
    • 一方で、獲得したTrailの獲得時効果でリアクションし使用する処理を行ったとしても、そのことで他の『「獲得したTrailを獲得先から移動させる効果」以外の獲得時に誘発する効果』は妨げられない*2
      • 例えば、Trailを獲得し、リアクションで使用した後でも、複製を呼び出しTrailを獲得できる。

技術革新購入後にTrailを獲得した場合

  1. Trailのリアクション効果により、Trailを使用するかどうかを選択する。
    1. Trailをリアクション効果により使用した(=捨て札置き場からプレイエリアに移動させた)場合、技術革新の効果でTrailの使用を試みることができるが、Trailは「期待する場所(=捨て札置き場)」にないことが明白のため、技術革新の効果によるTrailrの使用は実行されない。
    2. Trailをリアクション効果により使用しなかった場合、技術革新の効果でTrailrの使用を試みることができ、Trailは「期待する場所(=捨て札置き場)」にあるため、捨て札置き場からプレイエリアに移動して使用が実行される。
      (つまり、いずれの場合もTrailは1回しか使用できない。わざわざ技術革新で使用するメリットは無いので、(i)の処理を選ぶべきと言える)

Trailを廃棄した際の注意

  • Trailを廃棄すると、Trailは廃棄置き場に移動し、そのタイミングで廃棄時効果が誘発する。
    • 廃棄時効果を解決すると、自身を廃棄置き場から場に移動する。一度は実際に廃棄される点に注意。
    • 墓標があるときTrailを廃棄すると、「勝利点トークンを得る」「廃棄置き場から自身を場に移動する」の効果が同時に誘発され、廃棄者が好きな順で解決する。
  • 「廃棄置き場から場に移動する」ことは「獲得」ではない。
  • 廃棄時効果で捨て札置き場へ移動したTrailは「あなたのカード」になる。
  • 待ち伏せでサプライのTrailを廃棄した場合、そのTrailは廃棄したプレイヤーである待ち伏せ使用者の場に移動する。
  • 支配による追加ターンにTrailを廃棄した場合、Trailの「自身を廃棄置き場から場に移動させる効果」と支配の「廃棄したカードを廃棄置き場から脇に置く効果」が同時に誘発する。解決順は支配者が自由に選んでよい。
    これらの処理はどちらも領域移動なので、一方を解決した時点で移動阻止ルールに抵触し、もう一方の処理には失敗する。
    • なお、廃棄しているのは支配されたプレイヤーなので、Trailを廃棄置き場から場に移動させる場合は、支配されたプレイヤーの場に移動する。
  • 複数枚のTrailを同時に廃棄した場合、それぞれのTrailごとにリアクションすることができる。
    ただし、複数枚のTrailを同時に廃棄しても、リアクションによる使用は1枚ごと行われることに注意。

Trailを捨て札にした際の注意

  • Trailを捨て札にすると、Trailは捨て札置き場に移動し、そのタイミングで捨て札時効果が誘発する。
    • 捨て札時効果を解決すると、自身を捨て札置き場から場に移動する。一度は実際に捨て札にされる点に注意。
    • 複数枚のTrailを同時に捨て札にした場合、それぞれのTrailごとにリアクションすることができる。
      ただし、複数枚のTrailを同時に捨て札にしても、リアクションによる使用は1枚ごと行われることに注意。
      • 手札からTrail(A)とTrail(B)を捨て札にした際に、Trail(A)でリアクションし+1ドローした結果、捨て札置き場のTrail(B)がリシャッフルされ新しいデッキになった場合は、移動阻止ルールに抵触するためTrail(B)をリアクション効果で使用することに失敗する。

家臣でTrailを捨て札にした場合

  1. Trailのリアクション効果により、Trailを使用するかどうかを選択する。
    1. Trailをリアクション効果により使用した(=捨て札置き場からプレイエリアに移動させた)場合、家臣の効果でTrailの使用を試みることができるが、Trailは「期待する場所(=捨て札置き場)」にないことが明白のため、家臣の効果によるTrailrの使用は実行されない。
    2. Trailをリアクション効果により使用しなかった場合、家臣の効果でTrailrの使用を試みることができ、Trailは「期待する場所(=捨て札置き場)」にあるため、捨て札置き場からプレイエリアに移動して使用が実行される。
      (つまり、いずれの場合もTrailは1回しか使用できず、どちらを選んでも得られる効果に変わりは無い)

余談

  • ドナルド・Xによる追加理由は以下の通り。

    原文と日本語訳

    【原文】(引用元)

    Trail is such a thing of beauty. It's like the most Hinterlandsy Hinterlands card.

    It plays into both the when-gain and filtering themes, and is a Reaction.

    You can imagine a board where there's no combo for it, but really it never happens.

    【日本語訳】

    Trailは美しいカードで、最も異郷らしいカードである。

    獲得時効果と手札洗練のテーマを両方満たしており、リアクションカードでもある。

    コンボを組めないゲームを考えることもできるが、滅多に起こらないことである。

コメント

  • 使ってみると、思ったよりも城塞や村有緑地と使い心地が違った。面白い -- 2022-07-08 (金) 23:33:23
  • 廃棄時効果は城塞に似ているが、あらかじめアクション権を増やしておく必要がない分こちらのが使いやすい。一方で場にプレイしてしまうことから複数回リアクションすることはできず、城塞のような過激な展開にはなりづらい。城塞や村有緑地はそもそも村なので枚数を確保できたプレイヤーがマウントを取りリアクションを楽しむ展開が多かったが、こちらは単体では生産力を持たないのでそういう展開にもなりづらい。とても楽しいカード。好き。 -- 2022-07-09 (土) 00:16:03
  • 習性次第でもっと使用感変わりそう。 -- 2022-07-09 (土) 00:21:19
  • 全ての廃棄、捨て札コストを帳消しにする(むしろアクション+)やばいカード -- 2022-08-08 (月) 02:11:46




*1 質が悪いことに、避難所場であれば、共同墓地を場に出して4金出た瞬間に(=1ターン目でも)【Aコンボ】も【Bコンボ】も成立する。そうでなくてもデッキ2巡目に「アクション1枚+4金」が手札に揃った瞬間にコンボは成立し、停める方法もまず無いため、ほぼそれだけでゲーム展開が決まってしまうだろう。
*2 移動阻止ルールは『カードを移動させる効果』のみを阻止するため
*3 Trailがリアクションできるのは英語版テキストで『捨て札にする(discard)』と記載のある場合であり、『捨て札に置く(put into your discard pile)』ではリアクションできない