Abaddon/carryビルド の変更点


 Dota2公式に書かれているAbaddonのロールはcarry,supportです。
 これだけでこのヒーローの万能さが分かります。
 今回は特にcarryとして運用する場合の参考ビルドを紹介します。
 
 *基礎知識 [#uca84e32]
 &color(Red){◆長所};
 ・レベル1でのステータスが高い
 ・&ref(image/Abaddon_skill2.png,30x30,nolink); &ref(image/Abaddon_skill4.png,30x30,nolink);による高い生存力
 ・carryもsupportもこなせる万能さ(今回はcarry決め打ち)
 ・ヒーロー選択画面で最初から選ばれてるので選択が楽
 
 &color(Blue){◆短所};
 ・初期アーマー・Agiが低め
 ・攻撃モーションがあまり良くない
 ・ヒーロー選択画面でAbaddonに合わせていても「早く何使うか選べよ」と思われる
 &br;
 
 &ref(image/Abaddon_skill1.png,30x30,nolink);
 自分のライフをコストにビームを飛ばして敵ならダメージ、味方なら回復します。
 2番を意図的に破裂させたり、Ult中に打って回復したりと他のスキルとの相性がいいです。
 &ref(image/Abaddon_skill2.png,30x30,nolink);
 攻めに守りにサポートに、一家に一台Aphotic Shield。
 これを張っていればヤワな攻撃は吸収、逆に破裂ダメージでお返ししてあげられます。
 キャスト時に不利なデバフを解除できる効果も忘れてはいけません。
 味方のスタンやDotダメージに対して素早くキャストすることで助かる命もあります。
 &ref(image/Abaddon_skill3.png,30x30,nolink);
 序盤は靴購入が遅れているサポートなんかをなぶり殺しにしたり、レーニングで前に出てきた敵ヒーローに予想外に痛いハラスを与えたりと地味ながら強力です。
 中盤以降はさらに目立たなくなりますが、集団戦で相手を囲んで棒で叩くときの火力アップになります。
 &ref(image/Abaddon_skill4.png,30x30,nolink);
 Abaddonの代名詞的スキル。
 ドーーーンという効果音とともに発動し、一定時間ダメージを回復に変えてしまう。
 効果中はほぼ無敵。
 しかもマナ消費はゼロ。
 強すぎる。
 レベル3になるとクールダウンも40秒と短く、タワー下の攻防などでは一回の集団戦で二回発動できることもあります。
 
 *スキルビルド [#s008ec18]
 ||CENTER:20|CENTER:20|CENTER:20|CENTER:20|CENTER:20|CENTER:20|CENTER:20|CENTER:20|CENTER:20|CENTER:20|CENTER:20|CENTER:20|CENTER:20|CENTER:20|CENTER:20|CENTER:20|CENTER:20|c
 |>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|>|~carryビルド|
 |~&ref(image/Abaddon_skill1.png,30x30,nolink);||||||||~(8)||~(10)||~12|~13|~14||||
 |~&ref(image/Abaddon_skill2.png,30x30,nolink);|~1||~3||~5||~7|||||||||||
 |~&ref(image/Abaddon_skill3.png,30x30,nolink);||~2||~4||||~(8)|~9|~(10)||||||||
 |~&ref(image/Abaddon_skill4.png,30x30,nolink);||||||~6|||||~11|||||~16||
 |~&ref(image/stats.png,30x30,nolink);|||||||||||||||~15||~17|
 
 とにかく2番を再優先で上げていきます。生存力を高めることで攻撃機会を増やし、結果的に相手へのダメージだけが蓄積していきます。もちろん破裂ダメージもおいしい。
 次に地味ながら優秀な3番。レベル6~11の集団戦で有利に立つため、先にとっていきます。
 1番が輝くのはUlt取得後なので後回し。とはいえ2番との相性もいいので、レベル8で1だけとっておくのもありです。お好みで。
 
 *アイテム [#h01c3466]
 |CENTER:|LEFT:|c
 |>|CENTER:~&size(18){Recommended Items};|
 |~Starting|~[[&ref(image/item/Tango.png,40x30);>Tango]] [[&ref(image/item/Clarity.png,40x30);>Clarity]] [[&ref(image/item/Ring of Protection.png,40x30);>Ring of Protection]] [[&ref(image/item/Iron Branch.png,40x30);>Iron Branch]]|
 |~Early game|~[[&ref(image/item/Boots of Speed.png,40x30);>Boots of Speed]] [[&ref(image/item/Ring of Basilius.png,40x30);>Ring of Basilius]] ([[&ref(image/item/Quelling Blade.png,40x30);>Quelling Blade]])|
 |~Core|~[[&ref(image/item/Phase Boots.png,40x30);>Phase Boots]] [[&ref(image/item/Vladmir's Offering.png,40x30);>Vladmir's Offering]] [[&ref(image/item/Town Portal Scroll.png,40x30);>Town Portal Scroll]] [[&ref(image/item/Radiance.png,40x30);>Radiance]]([[&ref(image/item/Aghanim's Scepter.png,40x30);>Aghanim's Scepter]])|
 |~Situational|~[[&ref(image/item/Monkey King Bar.png,40x30);>Monkey King Bar]] [[&ref(image/item/Gem of True Sight.png,40x30);>Gem of True Sight]] [[&ref(image/item/Boots of Travel.png,40x30);>Boots of Travel]] [[&ref(image/item/Skull Basher.png,40x30);>Skull Basher]] [[&ref(image/item/Desolator.png,40x30);>Desolator]]|
 #br
 基本的に左から右に買い進めていきます。
 **メインアイテム [#c622afef]
 [[&ref(image/item/Ring of Protection.png,40x30);>Ring of Protection]] [[&ref(image/item/Iron Branch.png,40x30);>Iron Branch]]
 StartingアイテムはCoreアイテムを作る材料を選びました。
 低いアーマーを補うためRing of Protection、安いからIron Branchをそれぞれ1つずつです。
 Iron Branchは好みでもう1~2個買ってもいいですが、アイテムスロットがきつくなります。
 
 [[&ref(image/item/Clarity.png,40x30);>Clarity]]
 序盤のハラスは2番で防ぎます。
 足りないマナを補うため、Clarityを1つ持って行きます。
 
 [[&ref(image/item/Ring of Basilius.png,40x30);>Ring of Basilius]]
 マナ確保のため序盤に優先して買います。
 
 [[&ref(image/item/Quelling Blade.png,40x30);>Quelling Blade]]
 欲しい人は買ってもいいですが、Abaddonの攻撃力は比較的高い方です。靴が完成すればそこまでFarmに困ることはありません。お好みで。
 
 [[&ref(image/item/Phase Boots.png,40x30);>Phase Boots]]
 3番との相性が良く、Slowをかけた相手を追いかけ→すり抜けて攻撃→ブロッキングと追撃性能が向上します。
 攻撃速度も3番で上がるので、[[&ref(image/item/Power Treads.png,40x30);>Power Treads]]ではなくこちらを選びました。
 
 [[&ref(image/item/Vladmir's Offering.png,40x30);>Vladmir's Offering]]
 3番の性質上、集団で一人をタコ殴りにするのが強いヒーローなので、オーラで味方を強化できるのは有用です。
 マナ供給、アーマー、Lifestealによる回復とAbaddonに足りないものが全てそろっています。
 
 [[&ref(image/item/Town Portal Scroll.png,40x30);>Town Portal Scroll]] 
 AbaddonはFarmが早いヒーローではありません。
 中盤の相手のAbaddon対策が不十分なうちに、集団戦でキルによるゴールドを狙いたいところ。
 そのための機動力としてTPはいつでも使えるようにしておきたいです。
 また、どうしようもないほど囲まれたときでも、スタンがない相手であればUlt発動からのTPで逃げ切れます。
 (Ultの効果時間はレベル1で4秒、TPの詠唱時間は3秒)
 
 [[&ref(image/item/Radiance.png,40x30);>Radiance]]
 Ultのおかげで集団戦の中心にいても鼻歌交じりで殴り続けられるAbaddonですが、放置されると途端にUltがパッシブ「味方が死ぬ」に成り下がります。
 そこでをAbaddonを集団戦において放置できない存在にするために購入する、本ビルドのメインアイテムです。
 Push性能も上がるので、生存力を活かしてソロでもガンガン押していきましょう。
 
 **追加アイテム [#qd640dd8]
 Radiance以降は欲しいものを自由に選べばいいと思いますが、集団戦でより有利になる[[&ref(image/item/Aghanim's Scepter.png,40x30);>Aghanim's Scepter]]の優先度は高いです。
 それ以外では火力が上がるアイテムを中心に好みで選びます。
 また、&ref(image/Phantom Assassin_icon.png,nolink,Phantom Assassin);PAがいたら[[&ref(image/item/Monkey King Bar.png,40x30);>Monkey King Bar]]、&ref(image/Riki_icon.png,nolink,Riki);Rikiがいたら[[&ref(image/item/Gem of True Sight.png,40x30);>Gem of True Sight]]など敵に合わせて適当に買いましょう。
 
 **今回ビルドに入れなかったもの [#xe1a78ce]
 [[&ref(image/item/Stout Shield.png,40x30);>Stout Shield]]
 ハラスは2番で防ぐので不要です。
 [[&ref(image/item/Heart of Tarrasque.png,40x30);>Heart of Tarrasque]] [[&ref(image/item/Black King Bar.png,40x30);>Black King Bar]]
 Ultのおかげで生存力は元々高いので、生存力を上げるアイテムの恩恵が薄いです。非戦闘時の回復もVladmir's Offeringで十分補えます。
 それよりは攻撃力を上げたいということで今回は見送りました。
 [[&ref(image/item/Pipe of Insight.png,40x30);>Pipe of Insight]] [[&ref(image/item/Crimson Guard.png,40x30);>Crimson Guard]]
 これらを使うなら[[&ref(image/item/Aghanim's Scepter.png,40x30);>Aghanim's Scepter]]の方がいいと思います。
 
 *戦い方 [#i5102c5d]
 **ヒーロー選択画面 [#a2b4b0ef]
 チャットで「I play Abaddon」と宣言しましょう。ついでに「as carry」とつけるとさらに親切です。
 別にしなくてもいいですが、画面の向こうのチームメイトが「何使うか早く選べよ」といらいらしているかもしれません。
 
 **序盤 [#q7891381]
 Sideレーンに行きます。
 &ref(image/Abaddon_skill2.png,30x30,nolink);を自分にかけながらLHをとっていきましょう。
 可能であれば、破裂ダメージは敵ヒーローにぶつけたいです。
 殴られていなくても効果時間終了で破裂するので、うまくタイミングを合わせましょう。
 &br;
 レベル2になって&ref(image/Abaddon_skill3.png,30x30,nolink);をとれば、迂闊に突っ込んできた相手をサックリいただけることもありますが、基本はFarmに徹します。
 レベル6以降は多少の無茶もききますが、まだ効果時間が短いので攻めるときと逃げるときを間違えないように。
 
 **中盤 [#l14d0ee4]
 [[&ref(image/item/Phase Boots.png,40x30);>Phase Boots]] [[&ref(image/item/Vladmir's Offering.png,40x30);>Vladmir's Offering]]が完成したら中盤です。
 [[&ref(image/item/Town Portal Scroll.png,40x30);>Town Portal Scroll]]を持ち歩くようにし、集団戦には積極的に参加しましょう。例え味方がやられても、自分はUltとブーツで逃げられます。
 マナに余裕が出てくるので、味方に&ref(image/Abaddon_skill2.png,30x30,nolink);を配ってあげるのもいいでしょう。シールド破裂ダメージでKSできればおいしいですし。
 相手が引っ込んだらFarmして最後のアイテムを目指します。
 
 **終盤 [#fd1be966]
 [[&ref(image/item/Radiance.png,40x30);>Radiance]]が完成しました! ゲームも終盤です!
 なぜ終盤かというと、Abaddonがゲームを終わらせるからです。
 これ以降のFarmは不要。PushがFarmの代わりです。
 凶悪なPush力とUltの生存力に頼ってソロでもガンガン押していきましょう。(ただし攻めすぎると死ぬ)
 敵がいそうな場所では自分に&ref(image/Abaddon_skill2.png,30x30,nolink);を張っておくのを忘れずに。(張っても3人以上に囲まれると死ぬ)
 &br;
 集団戦では積極的に前に出てダメージをもらい、Ultの発動を狙います。
 Ult発動中は放置されるでしょうが、逆に言えば邪魔されずに殴れるのでRadianceの火力を見せつけてやりましょう。
 また、&ref(image/Abaddon_skill2.png,30x30,nolink);はUlt発動中のダメージ→回復変換を阻害しないのでCD毎に自分か、他の味方にかけてあげましょう。
 
 
 *テクニック的なもの [#ne9cb714]
 
 -&ref(image/Abaddon_skill2.png,30x30,nolink);を張ってから&ref(image/Abaddon_skill1.png,30x30,nolink);を打つことで好きなタイミングでシールドを破裂させる
 -&ref(image/Abaddon_skill4.png,30x30,nolink);発動中に&ref(image/Abaddon_skill1.png,30x30,nolink);を打つことで回復する
 -&ref(image/Abaddon_skill2.png,30x30,nolink);を発動してタワーに突っ込み、タワーのダメージで破裂させることでタワー下の瀕死の敵を仕留める
 -タワーを攻めているとき、タワーから攻撃されているクリープに&ref(image/Abaddon_skill2.png,30x30,nolink);を打つことで、クリープが長生きする分ちょっとだけタワー破壊が早くなる
 
 
 *Abaddon対策 [#h3db1458]
 Ultの閾値は400。つまり401以上ある状態から一気に0まで削れば、AbaddonのUltはパッシブ「自分が死ぬ」に成り下がります。
 &ref(image/Lina_icon.png,nolink,Lina);Linaや&ref(image/Lion_icon.png,nolink,Lion);LionのUltをぶちかましてやりましょう。
 ヒーローページにも書いてありますが、Ult発動中であっても&ref(image/Axe_icon.png,nolink,Axe);AxeのUltによる即死は防げません。
 また、[[&ref(image/item/Silver Edge.png,40x30);>Silver Edge]]でBreak状態にしてその間に倒すという方法もあります。
 AbaddonはFarmが早いヒーローではありません。
 さっさとPushしてやるとうまくFarmできなくなり、Ultがパッシブ「死ぬ前に青白く光る」に成り下がります。
 &br;
 
 #vote2(参考になった[4],参考にならなかった[11],成り下がった[1],notimestamp)
 #vote2(参考になった[4],参考にならなかった[12],成り下がった[1],notimestamp)
 
 総計:&counter(total); 今日:&counter(today); 昨日:&counter(yesterday);
 
 *コメント [#d7dc5ad7]
 #pcomment(reply)