【すごろく】

Last-modified: 2019-12-28 (土) 17:13:32

概要

Ver.3.0より追加された【カジノ】の施設。
DQ3・DQ5のリメイク版、シアトリズムDQには【すごろく場】の名で登場している。
【ビンゴ】と同じエリアにあり、【カジノプレイチケット】3枚で1回プレイ出来る。
最大4人までプレイ出来るが、あらかじめ4人パーティを組んでプレイした方が圧倒的に有利である。

BGMは残念ながらローリング・ダイスではなく【果てしなき世界】である。

ルール

一人あたり12回までサイコロを振って、ゴールを目指す。
途中でモンスターを倒したり、プレイヤーの誰かが宝箱を開けたりすると全員にカジノコインを得られる。

マップ選択

以下から一つ選択。一番早く着席し準備したプレイヤーが決定する。

  • はじまりの大地(実装当初)
  • 遥かなるピラミッド(Ver.3.0後期)
  • 閉ざされし白銀の森(Ver.3.1前期)
  • 悪夢に囚われし街(Ver.3.5中期)

キャラクター

本編とキャラクターのレベル職業などは別物になっている。
毎回旅芸人のレベル1からのスタートとなり、モンスターとの戦闘でレベルアップし、最大3つのとくぎ(呪文も含まれる)を覚える。
職業の一覧は以下のとおり。
※すごろくにおける各職業の詳細は各職業項内のすごろく項を参照。

マスの詳細

絵柄止まると起きる内容
STARTスタート地点。
宿屋PT全員のHP、MPが全回復する。
矢印一方通行。分岐点に存在する。
直接止まった場合、足元を調べることができる。
コイン100枚・メタルの地図・ゴールデンの地図・宝箱の地図のどれかが見つかる。
教会復活地点。死んだ場合、最後に通過した教会に戻る。
復活の際にレベル1だった場合、経過の有無問わずスタートに戻される。
直接止まった場合、天使の守りがかかる。
ダーマ神殿転職が行える。しないことも可能。
転職する場合、1~6のサイコロの出目で旅芸人以外のどれかの職になる。
現在の職業と同じ目が出た場合、経験を積んだとしてレベルが上がる。
超ダーマ神殿
(背景が虹色)
サイコロを振らず、好きな職に転職が行える。
このマスでのみ旅芸人、賢者に転職可能。普通のダーマ神殿同様、同職に転職すると1レベル上がる。
現在「閉ざされし白銀の森」「悪夢に囚われし街」にのみ存在。
出会いの酒場ランダムでNPCがパーティに参加し、戦闘を援護してくれるようになる。
2回目以降は止まるとHPとMPを全快する効果になる。
NPCをパーティに加えた状態でクリアすると追加で家具アイテムと称号が手に入る。
「悪夢に囚われし街」にのみ存在
スライムモンスターが出現する。(弱)稀にメタルスライムやゴールデントーテムが出現する。
キメラモンスターが出現する。(中)稀にはぐれメタルやゴールドマンが出現する。
ギガンテスモンスターが出現する。(強)稀にメタルキングやゴールデンスライムが出現する。
メタルスライムメタルスライムが出現する。
はぐれメタルはぐれメタルが出現する。
メタルキングメタルキングが出現する。
ゴールデントーテムゴールデントーテムが出現する。
ゴールドマンゴールドマンが出現する。
ゴールデンスライムゴールデンスライムが出現する。
↑+○指定数進む。進んだ先のマスの効果も起こる。
↓-○指定数戻る。戻った先のマスの効果も起こる。「悪夢に囚われし街」のみ。
サイコロ+1サイコロを振れる回数が全員1つ増える。
虹色サイコロミラクルダイス。1~6のうち、好きな数だけ進める。
ためる1段階テンションが上がる。すごろくでは2段階でSHTとなる。
パルプンテ。何が起きるかわからない。
効果はバシルーラ・会心必中・ボミオス・ピオリム・超元気玉・たたかいのドラム・呪いのどれか。
赤宝箱特殊なアイテムやコインを入手できる。コイン量少。
ひとくいばこの場合がある。
黒宝箱同上。コイン量は中程度。ミミックの場合がある。
金宝箱同上。コイン量多。パンドラボックスの場合がある。
BOSSボスモンスターが出現する。

状態変化(ほとんどのものに専用のアイコンあり)

  • 攻撃力上昇:与ダメージアップ(1.5倍)
  • 守備力低下:被ダメージアップ(1段階で1.25倍、2段階で1.50倍)
  • ピオラ(ピオリム):次のサイコロが二個ふれる。倍速のブーツと併用可な他、ピオラとピオリムで重複可能。
  • ボミエ(ボミオス):次のサイコロで必ず1が出る。倍速のブーツと併用可。
  • 倍速のブーツ:次のサイコロが二個ふれる。ピオラ・ボミエと併用可。
  • 呪い:次のサイコロで1か6が出る。
  • おたからさがし:一度だけ宝箱マスの上を通ると残り移動回数に関わらず必ずそのマスに止まる。
  • ミラクルダイス:次のサイコロで、1~6のうち好きな数だけ進める。ボミオス、呪いの効果より優先される。パルプンテ効果でピオリム等がかかった場合、選択した数の2倍進まなければならない。
  • 天使の守り:死んだときにHP50%でよみがえる。
  • ハイテンション:攻撃ダメージ・回復量が1段階目なら2倍、2段階目なら4倍になる。
  • 会心必中:直後の攻撃が必ず会心の一撃に
  • 伝説の武器:与ダメージ+25%
  • 伝説の防具:被ダメージ-25%
  • かばう:パーティ全員のみがわりとなり受けるダメージ半減。
  • 魔力かくせい:4ターン(使用ターン含)与えるダメージを1.5倍。バイキルトと併用可。
  • 超元気玉:次のバトルで手に入る経験値2倍。敵が逃げて経験値が入らない戦闘だったとしても効果が切れる。
  • 竜気の結晶;ダメージ無効

戦闘

本編と異なり、完全なターン制バトル。
「すばやさ」が存在しないため、行動順は必ず

  • (仲間にしていれば)助っ人NPC
  • サイコロ手番プレイヤー
  • 敵(ボスは二回行動)
  • 次番以降のプレイヤー

となる。
また「こうげき魔力」も「こうげき力」に統合されている。呪文は単なる強化攻撃扱いなので、呪文でメタル系にダメージを与えられると言う世にも珍しい光景を見ることができる。ダメージはどっちにしろ1なので、単なるMPの無駄だが…
敵側の呪文も味方同様に強化攻撃扱いなので、ねこまどうのメラがメラミかと思うほどとんでもない威力になっている。
一方でブレス系等は攻撃力に依存しないダメージを与える。
 
【ぼうぎょ】も基本コマンドとなっており、【ゴールドマン】などがテンションを上げた時、自分のテンションを消費したくない場合などで使われる。

出現モンスター

スライム

キメラ

ギガンテス

メタル

ゴールド

宝箱

ボスモンスター

以下のうちいずれかが登場。
ボスマスの後ろは環状になっており、丁度の目を出して停止しないと何度でも周回する。

※ 上から弱い順。強いほど良い報酬が出やすい。

助っ人NPC

出会いの酒場マスで登場し、仲間にできる。
直接戦闘には参加しないが、様々な固有技を使ってパーティを援護してくれるようになる。援護のタイミングはキャラ毎に異なる。
※行動の詳細については各キャラ項のすごろく項を参照。

キャラ使用技行動間隔ターン効果備考
【ヒューザ】【孤高の剣技】3パーティ全体を会心必中状態にする
【ザンクローネ】【猛きたましい】2パーティ全体のテンションを1段階アップ
【セラフィ】【ベホマラー】毎ターンパーティ全体のHPを45~回復
【勇者姫アンルシア】【勇者の光】51ターンのチャージ後敵の動きを止めて1ターン休み+ダメージ1.5倍
【エステラ】【竜気の結晶】31ターンの間攻撃を無効化する状態にする

ゴール報酬

ボス戦に勝利すれば、残ったサイコロ個数の2倍+2の回数、宝箱を開けることが出来る。
宝箱の中身はカジノコインかアクセサリだが、出目が大きい程レアなアクセサリ(【コインボス】の報酬など)が出やすい。また、内容はボスの強さにも左右される。*1
カジノコインで見てもバラモスなら赤箱でおよそ2000コイン、金箱で12000コインと、ジャミラスやキングレオの1.5~2倍程にもなる。運がよければ【忠誠のチョーカー】【アクセルギア】、更には非常に低い確率ながら【幸運のおまもり】まで出る。なお、かなり確率は低いが赤箱からでも貴重なアクセが出る事もある。余談だが、アクセサリが当たるとシステムログにいち早く表示され、箱開けを待つより結果が早く確認出来る。
ゴールできずとも戦闘で得たカジノコインはもらえる。これもビンゴ同様にベットなしでコインを稼げるが、ゴールド系のモンスターを倒せば5000~10000枚と言うビンゴなど目じゃないぐらいコインが稼げる。ほとんど見てるだけしかないビンゴと違ってやってて面白いのもポイント。
一人でボス撃破は難しいので、どうしても撃破したければパーティを組んだ方がいい。
なお装備欄がいっぱいで報酬アクセサリーを持ちきれない場合、すごろく・ビンゴフロアの真ん中にいる【すごろく景品係ミミ】?が一時預かりしてくれており、すべて受け取るまで次のすごろくができなくなる。
 
助っ人NPCを仲間にした状態でクリアした場合、そのキャラのドット風家具像がもらえる。
また5回クリアすると通常の像とは別に任意の像がもう1つ貰える。

称号

終了時に実績に応じて以下の称号が手に入る。

称号名取得条件単語備考
すごろく紳士
すごろくレディ
すごろくを遊ぶ1回なし
すごろく貴族50回
すごろく大王100回
キングレオサイコロンキングレオを討伐1回
ビーストテイマー10回
ジャミラスサイコロンジャミラスを討伐1回
イーグルシューター10回
バルザックサイコロンバルザックを討伐1回
アヴェンジャー10回
グラコスサイコロングラコスを討伐1回
マリンカイザー10回
バラモスサイコロンバラモスを討伐1回
ブレイブハート10回
【双六の悪夢を破る者】ダークドレアムを討伐1回
【双六の悪夢を征する者】10回
【双六ヒューザの友】ヒューザを仲間にしてダークドレアム討伐1回
【双六ヒューザの親友】10回
【双六ザンクローネの友】ザンクローネを仲間にしてダークドレアム討伐1回
【双六ザンクローネの親友】10回
【双六セラフィの友】セラフィを仲間にしてダークドレアム討伐1回
【双六セラフィの親友】10回
【双六アンルシアの友】アンルシアを仲間にしてダークドレアム討伐1回
【双六アンルシアの親友】10回
【双六エステラの友】エステラを仲間にしてダークドレアム討伐1回
【双六エステラの親友】10回

攻略

  • コツとしては4人全員が最初にいきなり転職しないことである。
    すごろくではアイテムが使えないため、戦闘中にHPを回復したいなら特技を使うしかないのだが、初期の旅芸人と僧侶以外はホイミすら使えない。
    任意の職になれない運任せの転職は危険が伴う。
    ボスは全体攻撃を主体&2回行動をするため、全体回復を使える職が1人もいなければボス討伐はほぼ不可能。
    初期職の旅芸人は多段攻撃に全体回復もちと決して弱くないので、二人ほど残しておいたほうが無難である。
    • 現在では、通常のダーマ神殿のマスでは4人とも一切転職せずに進み、超ダーマ神殿マスにうまく止まれた人が順次賢者に転職した上でボスに挑む、と言う手法が定番となっているようだ。
  • ゴールデントーテムとゴールドマンのマスは積極的に踏みに行きたい。ゴールドが非常に多いのみならずそこそこの経験値が手に入るため、多く倒せばそれだけ有利に進められる。どちらもキラージャグリング連発で簡単に倒せる(レベル4になったばかりの時は、ゴールドマンのためるに注意)。もちろんはぐれメタルもあるが、踏みにくい場所にある上にコインが少ないので旨味がない。
  • ソロプレイはボス攻略が困難になり、戦闘報酬も少なくなる代わりに敵のHPが減り、経験値が多くなる。他プレイヤーの入力待ち時間も当然なくなり、サクサク進める。4人でプレイすると結構時間がかかるのでチケットの消化が面倒ならソロでプレイしてコインだけもらうのもアリ。
  • ソロプレイの場合でも無闇に転職すると僧侶にされて決定打がなくなって全く戦闘に勝てなくなったり、多段攻撃がなくなってメタルに対抗できなくなったりする。一方で後述のようにバトマスになれればボスに勝てたりもするので、どちらがいいかは一長一短。白銀の森なら超ダーマ神殿に賭けてダーマでは転職しないのも手。
  • パルプンテ効果に次の攻撃が会心必中というものがあるが、これは戦闘中に防御を選べばずっと持越しが可能。
    雑魚戦では他の仲間に攻撃を任せてメタル系がでたら叩き込むという方法が取れるので覚えておこう。
  • ソロ攻略は困難だが、それでもバトマスになれてレベル12ぐらいまで上げ、天下無双を二発分撃てれば相手次第では撃破可能。教会マスで天使の守りも得られればベスト。魔法使いのメラゾーマも天下無双とほぼ同等の3倍ダメージなので、相手や展開次第でいける。ただし、道中のメタル系で詰む。
    • ちなみに旅芸人のままでソロクリアはLv19ぐらい、道中天使の守りが当たるぐらいの幸運が重ならないと無理。

マップ毎の特徴

  • はじまりの大地
    • ボス前にミラクルダイスのマスがあり、ここから6を選べはボスに突撃できる。
      1を選べば宿屋にも泊まれるので活用しよう。
  • 遥かなるピラミッド
    • 道中の分岐が多く、ゴールド系、メタル系マス等のボーナスマスも多くより稼ぎやすくなっている。
  • 閉ざされし白銀の森
    • 虹のダーマ神殿マスは北西の寄り道エリアとBOSSを通過した周回エリアのみに配置されていて止まりにくいが、できれば止まって賢者になっておきたい。
    • 左右に大きく分岐し、左はゴールド系、右はメタル系の敵が多く配置されている。通常敵のマスは序盤に少なく終盤に多い。
    • コインを稼ぎやすいため、オートマッチングでは基本的にここを選べば問題ない。
  • 悪夢に囚われし街
    • 「閉ざされし白銀の森」に比べると更に分岐が多く、道中も長くなっている。その代わりサイコロプラスマスが2箇所あり、多少止まりやすい配置になっている。白銀の森に比べるとボーナスモンスターマスの数が少ない分止まりにくくなっているため、ゴールド系モンスターを使ってのコイン稼ぎには不向き。場合によっては通常の敵で経験値を稼がないとボス戦でレベルが低いまま挑まないといけなくなる事も。
    • ボスは【ダークドレアム】固定。詳細についてはダークドレアム項を参照していただきたいが、他のボスに比べて耐久力が高いため、助っ人キャラの助けを借りた上である程度の火力がないとジリ貧のまま倒せない事が多い。
    • それぞれの助っ人となるキャラの特徴を覚えておけば道中のMPの節約にも繋がるため、是非ともどんな効果か、どのタイミングでキャラが行動するのか、今行動してから何ターン目なのかの把握はしておこう。
    • 難易度の高さから、安定してコインを稼ぎやすい白銀と比べるとオートマッチングでは人気はやや低め。ただしクリア後の宝箱から得られるコインの枚数はかなり多いため、クリアさえしてしまえば白銀以上にコインを稼げることもザラであり、【双六○○の親友】の称号狙いのプレイヤーもいることから、オートマッチングであろうとあえてこちらを選ぶ人もそれなりにいる。

変遷

Ver.3.0前期

  • 実装。選択できるマップは一つのみ。

Ver.3.0後期

  • 新マップ「遥かなるピラミッド」追加。前期のマップ名は「はじまりの大地」となった。
  • クリア時のサイコロ回数が+2
    • サイコロが残り0だった場合、従来は2回しか振れなかったので、「全員に振る機会を与える」目的で数が増えた。
  • クリア時の報酬に【幻界闘士のゆびわ】【幻界導師のゆびわ】が追加。
  • メタルキング、ゴールデンスライムのHP低下
  • 回線落ちした場合、PTから抜けないよう修正。復帰が可能になる。それまでに獲得していたコインは既に受け取った状態になる。
    • ただし、「やめる」を選んで終了した場合は復帰不可能。

Ver.3.1

  • 入口の「すごろく案内係アミ」に話すとオートマッチングが可能になった。
    • 頼むと専用のすごろくエリアにとび、そこで組んだ相手とすごろくが出来る。
    • あくまでマッチング専用なためか4人パーティ時は利用不可。
  • 新マップ「閉ざされし白銀の森」追加。
  • ボスを倒すと報酬宝箱とは別にアクセサリを獲得できるようになった。
  • ひとくいばこ系のモンスターから超タネを入手できるようになった。
  • 一部のモンスターの経験値見直し。

Ver.3.5中期

Ver.4.3

Ver.4.5後期、Ver.5.0(【おでかけすごろく】

  • 便利ツールのミニカジノで「おでかけすごろく」が実装されたため、カジノプレイチケットが有り余っている人やすごろくのプレイ時間が取れない人はそちらで消化すると言う手も取れるようになった。
    とは言え、おでかけすごろくは確実にクリアできる代わりにカジノコインは少なめ、各種アクセも狙い辛く、ドット像や称号も獲得できないという無視できないデメリットがあるため、ミニビンゴ実装後のカジノでのビンゴほどの過疎とはなっていないようだ。
    Ver.5.0にてカジノコインは手に入らなくなり、上位アクセサリーも入手しやすくなり、どちらのいいところも残した調整となった。報酬の数と手間、ドット像や称号など、ゲーム内との差別化がなされていると言える。


*1 ファミ通.comインタビュー記事でのりっきーの発言より。