【たけやりへい(仲間モンスター)】

Last-modified: 2020-11-24 (火) 11:27:51

未転生ステータス

LvHPMP攻魔回魔素早さ器用さ魅力重さ
170060800030304050
50350551601804040808090100

転生上昇量

HPMP攻魔回魔素早さ器用さ魅力重さ
+6+5+2+10+8+8+8±0±0±0

取得スキル

【たけやり兵法】
【たけやり介抱】
【ヤリスキル】
【ヤリの極意】(転生7回目)
【たけやり戦法】(転生8回目)

概要

仲間をおうえんしつつ
攻撃も回復もこなす優等生。
成長すればHPとみのまもりが
大きく伸びていく。

仲間になった【たけやりへい】。どうぐ使いでスカウトの書を読むと仲間にできる。
ヤリと重装備を使えるパラディン的な仲間モンスター
突出したステータスはないが、HPちからみのまもりはそこそこ高い。

たけやりへい特有の能力としては
味方のテンションを上げる【おうえん】
HP依存の防御無視攻撃【破竹の一撃】がある。

おめかしグッズのアタマを付けると笠の部分が丸ごと入れ替わる。
変えてみると分かるが、実は頭部が大きいキャラクターなので
アタマのおめかしはインパクトがある。

特徴

【たけやり兵法】におうえん、ちからパッシブ、HPパッシブ、破竹の一撃が
全て揃っているのでアタッカーとしてはこれだけ取っておけばいいかもしれない。
ただ最大MPが低いので【たけやり介抱】のMPパッシブも欲しいところ。

特技の【破竹の一撃】があるので
未転生で武器防具アクセなしでもそこそこダメージを出せるのがたけやりへいの強み。
破竹の詳細は当該記事を参照のこと。

転生を繰り返してスキルポイントに余裕ができたら
範囲技として優秀な【狼牙突き】をメインにした立派なヤリ使いとして成長するだろう。

なお、【たけやり介抱】でザオラルを覚えるが
素の回復魔力は全モンスター中でも下から2番目という低さなので
戦闘時のザオラル成功率はちょっと厳しい。
【いやし】スキルでザオリクをとればその心配もなくなる。スクルトがとれるたけやり介抱とどちらをとるかは悩むところ。
良くも悪くもザオを覚えた槍パラディンという性能なので、冒険中に僧侶が死んだときの緊急ザオ要員と考えたほうが無難。
 

眠り混乱マヒ幻惑おびえどく踊らされ
10%10%10%10%10%100%10%

育成

おうえんは最速LV4で習得できるため役立たずになりがちな序盤のなつき上げでも頑張ってくれる。
とにかくおうえんさせたい場合は、特技設定でおうえん以外を不可にしたうえで
作戦「いろいろやろうぜ」にするとおうえん中心に動いてくれるので活用しよう。
ただし、PTを組むと、僧侶だろうが杖魔戦だろうが、お構い無しにおうえんしてしまう。

Ver.5.2

【さみだれ突き】【雷光さみだれ突き】【破竹の一撃】【オーバーヒート】の威力が上昇。
特にさみだれ突き系統の強化が嬉しく、単体相手にはかなりの火力を出せるようになった。

余談

スキルラインの語源は第二次世界大戦において一部で提唱された『竹槍戦術』から。
情報や物資が枯渇していた戦時終盤、女性子どもを含めた一般市民にさえ、
『竹槍を持って戦車や火炎放射器に立ち向かうべし』と説く、
時代遅れかつ、無謀で無益な戦術の意を指す。

関連項目

【仲間モンスター(システム)】
仲間モンスター