【どうぐ最適術】

Last-modified: 2021-11-27 (土) 18:38:15

【アイテムマスター】

【スカウトアタック】-【チューンナップ】-【トラップジャマー】-【どうぐ倍化術】-【磁界シールド】-【どうぐ範囲化術】-【メディカルデバイス】-【プラズマリムーバー】-【どうぐ最適術】

概要

アイテムマスターの【180スキル】で覚えられる特技。
消費MPは10、CTはIで180秒(開幕90秒)、IIで130秒(開幕65秒)、IIIで90秒(開幕45秒)。

性能

自分に【どうぐ倍化術】【どうぐ範囲化術】【行動間隔短縮】2段階を同時に掛ける。
効果時間はいずれも120秒。既存の特技の組み合わせのためか、果てなきどうぐ倍加術・果てなきどうぐ範囲化術の宝珠の効果が適用される。
 
行動間隔短縮については【ピオリム】でもかかるため実際の恩恵はあまり無いが、アイテム役として要となるどうぐ○○術2種を同時に実行できるため、忙しくなりがちなどうぐ使いの手数節約に一役買う。
特に【せかいじゅの葉】【超やくそう】【せいれいの霊薬】以下のHP・MP回復薬といった範囲化と回復量倍化の両方が適用されるアイテムを使う際に重宝するだろう。
 
バフの効果時間に対するCTの短さも特徴。
倍化・範囲化は果て無き宝珠込みで最大138秒まで延長できるため、IIの時点で効果時間がCTより長くなり、単品の倍化術や範囲化術を使う必要がほぼ無くなる。
よって、宝珠枠が足りないとか、【いてつくはどう】で解除されるといった理由が無い限りはIIで足りる特技ともいえる。もちろん、MP回復用と割り切ってIに置くのも有効。
さらに、Ver.5.2以降は180パッシブスキルの追加で死亡による倍化・範囲化の解除を100%防げるようになり、強化解除を受けない限りはたとえ途中で死亡しようが維持し続けることが可能となった。勿論相応にスキル枠は使うが。
(なお、行動間隔短縮は宝珠やパッシブで延長・不滅化不可能だが、他の味方共々ピオリムで更新すればよいため考慮する必要はないだろう)
 
【アスフェルド学園】のスキルノートにも高レベルのものにはこれが記載されることがある。
学園では倍化術、範囲化術もそれぞれスキルノートに載っていなくては使えない上に回復アイテムも貴重なのでCTがあるとはいえ二つのスキルを賄えるこれは非常に強力。特に長期戦となる最終話で使えると安定感が増す。