【どデカニードル】

Last-modified: 2020-02-24 (月) 14:24:11

概要

真のリンジャの塔4階にある【試練の門】として立ち塞がるモンスター。
文字通り巨大サイズの【ニードルマン】である。【物質系】
 
稀に通常攻撃をしたり、ためるでテンションを上げる事もあるが、
行動のほぼ9割方は【アサシンアタック】という即死攻撃大好きモンスター。なおターンエンドは通常攻撃で固定。
しかも行動速度がかなり素早く、サポート仲間が1回行動する間に2、3回ぐらいは行動できてしまう程の早さだったが後期で少しだけ遅くなった。
即死の命中率は特別高い訳ではないようだが、アサシンアタックそのものも(守備力にもよるが)200~260程度というバカにならないダメージを受けるため、2~3回連続で食らうとあっけなく倒されてしまう危険性もある。
即死耐性がない場合、事故率が一気に跳ね上がるのでできれば耐性装備を用意しておこう。
なるべく自分がタゲられたら誰かの後ろに隠れるように立ち回るのを意識した方がいいだろう。
自分とサポート仲間のみのパーティで耐性を持っているのが自分だけの場合、わざと自分に攻撃を向けさせて突然死の可能性を無くすのも手。
ちなみに【チクチクしている】は無駄行動だったニードルマンのそれとは違い、【やいばのぼうぎょ】と同等の効果がある。
 
肉入りパーティで来た場合、2、3人で壁をすると分かるが、見た目より接触判定がかなり小さめになっており(ニードルマン準拠?)、しかも押してる間はウネウネと蛇行するような走り方をするため、実際の立ち位置を見誤りやすく非常にすりぬけられてしまいやすい。
ゆるやかに方向転換しているとかえって抜けられやすいので、出来る範囲で直線を意識した方が時間を稼ぎやすい。
 
Ver.2.1後期になって能力が調整され、特に先述の通り行動間隔がやや遅くなったが、2回連続行動する事があるため油断は禁物。
体力が【ビッグモーモン】とあまり変わらないため、構成や耐性具合にもよるがビッグモーモンより楽に、そして早く討伐出来てしまうこともあるため、腕に自信があれば稼ぎに使えない事もない。
耐性低下が通りやすいので、【魔法戦士】を起用すれば【フォースブレイク】を利用した属性攻めで更に早く討伐できる。
 
通常ドロップは【緑の宝石】。当初はレアドロップが【やわらかウール】だったが、Ver.2.1後期に【ビッグサボテン】に変更された。