Top > 【ふくびきランド復興計画!】


【ふくびきランド復興計画!】

Last-modified: 2018-09-07 (金) 09:18:16

概要 Edit

2017年5月17日12:00から5月24日23:59まで行われたイベント。
【ふくびきランド】から【港町レンドア】北の教会にやってきた【スノーベル】の頼みを聞いて、火災で主要産業が壊滅してしまったふくびきランドを再生する為に協力する。
 
イベントは以下の二段階で進めていく。

インクサポーター Edit

まず行うのが、【ふくびきインク】を集める事。
この期間中だけのレンタル衣装を着用の上で以下のモンスターを倒して50個を集めるようにいわれる。
ふくびきインクは【おまとめぶくろ】に入るので、手持ちを気にせずに集めることが出来る。

効率よく集めるのであればドラゴスライムが断トツでオススメ。
【迅雷の丘】ならリンクを気にする事無く、一気に稼ぐことが可能。
10匹倒せば目標の50個が集まるので、同じ匹数が必要な【領界調査クエスト】と同時並行するのも手。
【嵐の領界】に行けない場合は【ボロヌス溶岩流】等にいるベホマスライムを倒すのが良いとされている。
 
50個以上集めて執事の【ふくまねき】【ラッフル】?に報告すれば、
「インクサポーター」として認めてもらえ、【ふくびきウェア衣装券】を入手できる。
これまでの全体参加型イベントと異なり、この「インクサポーター」として認めてもらわないと
後述の全体報酬がもらえないので、まずはここまでクリアしておくこと。

ゴールデンナイト Edit

インクサポーターになって以降は、行える事が2つ増える。
 
まず一つは、上記のふくびきインクを集める過程をひたすら繰り返し、復興に必要な個数を確保する事。
なお、一人で渡せる数の上限は9999個までで、完全な復興には2900万個以上が必要とのこと。
集められた個数は目覚めし冒険者の広場で公開されている他、ラッフルに話しかける事で復興に必要な数の何%集まったかを教えてもらえる。
 
もう一つは、ふくびき券を印刷する為の印刷機を買うためのゴールドの寄付を行い「ゴールデンナイト」に立候補すること。
ただし、そのためのハードルは高く、印刷機を買うため最低金額である1000万Gからしか受け付けてもらえず、その後は100万G単位で上乗せすることが可能。なお、寄付額には上限がある模様。
最も寄付した額が多かった1人だけが(同率の場合は先着)ゴールデンナイトに選ばれ、
スノーベルの手作りだという、いつかのバグで見たあのドルボード?をもらえる。
またゴールデンナイトに選ばれたプレーヤーは名前が公開される。(公開しないようにする事も可能であった)。
なお、ゴールデンナイトに選ばれなかった人が寄付した分については、後日全額が返金される。
ハードルがかなり高く、必ずしも寄付する必要はないため、単に報酬が欲しいだけならこれは行わなくてよい。
ちなみに上位入賞者の寄付ゴールドは【ラッカラン住宅村】同様にRMTの疑いがないか監査される。
 
イベント終了後に公開された寄付額の上限は19億9900万G
後日、公式ホームページにおいてゴールデンナイトに輝いたプレイヤーの名前が発表された。
そして、有志による調査によるとこの額はイベント初日30分ほどで達成してしまったとのこと。*1
ゴールデンナイトは同率の場合は先着で決定されるため、ゴールデンナイトとなる人は開始直後で既に決定し、覆せない状況になっていた事になる。
当然ながら、このイベントのゴールデンナイト決定方法について広場で多くの批判の声が挙がった。

全体報酬 Edit

全体報酬は、インクサポーターになれた人にだけ【ふくびき券】【ふくびきウェア】が貰える。
集まったふくびきインクの個数とゴールデンナイトが寄付した額(全員が寄付した額の合計ではない)によって枚数が以下のように決まる。
以下の計算で行くと、最大枚数は250枚という事になる。

ふくびきインクの個数枚数
1000万個未満1枚
1000万個以上1500万個未満5枚
1500万個以上2000万個未満10枚
2000万個以上2500万個未満20枚
2500万個以上2900万個未満30枚
2900万個以上50枚

 

ゴールデンナイトの寄付額倍率
1億G未満1倍
1億G以上5億G未満1.5倍
5億以上10億G未満2倍
10億G以上15億G未満3倍
15億G以上上限額まで5倍

※端数切り上げ
支援金に不正取得ゴールドが含まれていないか調査するため、結果発表は2017年5月31日12:00頃~6月14日23:59となっている。
 
なお、報酬の受け取りはどちらも郵便ではなく、ラッフルと話さないともらえないので注意(ふくびき券はスノーベル→ラッフルの順に話す必要がある)。

結果 Edit

ふくびきインク、寄付額共に上限を達成し、インクサポーターとなったプレイヤーは全体報酬であるふくびき券250枚(50枚×5)とふくびきウェアを受け取れることとなった。
そして、ゴールデンナイトが発表され公式ページはもちろんゲーム内のスノーベルやラッフルまでゴールデンナイトの名前を出す事が判明。
スノーベルからはゴールデンナイトのおかげで印刷機が買えた、お妃になりたいとベタ惚れの様子でDQ10の世界に影響を与えるほどの名誉だった。
ちなみにこのセリフを聞かないと報酬のふくびき券はもらえない(先にラッフルと話してもスノーベルに話しかけるように言われる)。
イベント終了後も【ラッフル】だけは居続け、ゴールデンナイトの名をたたえ続けていたが、Ver.4.2終了をもって彼もふくびきランドに帰った。







*1 インクを50個集め終わり、19億9900万Gに届くまで寄付しながら預かり所を往復、或いは取引によるG交換でかかった総時間。