【ウヅキ】

Last-modified: 2021-01-09 (土) 21:28:50

概要

【真夜中プリズラン】の主催者である【エルフ】の女性。
開催期間中、【風の町アズラン】に現れる。
「警ドロの警の方」という意味でか、警察官(アイパッチつき)のコスプレをして、同じくドロの方を意味すると思われる【プリズニャン】【ランニャー】を従えている。
「ウズウズしちゃう」が口癖なのは、命名は本来「卯月」からと思われるが、「疼き」にもかけつつプリズランのキャッチコピーみたいになっている。もっとも、下記バトル時のデザインを踏まえると、いけない世界の怪しい色香が漂う台詞としても理解されるところ。
 
冒険者の広場に掲載された予告漫画によると、真夜中プリズランは【エルドナ】に対して収穫を祝う儀式らしい。
彼女は【ツスクルの村】におけるケイド老からの修行をもとに、【仮装メイク術】を取り入れるなどのアレンジを施している。
 
ウヅキ(卯月)とは旧暦における4月の和名であり、「ウヅキについて」聞くと、「ほうたいグルグルの姉」というコメントがあることから、【ムツキ】【ヤヨイ】の妹、【サツキ】【ミナヅキ】、フミヅキらの姉であろう。

新春初ウリ冒険譚!

「チームゆく年くる年2019」の一員としてランニャーと共に参戦。
戦闘職は【モーニングスター】を持ったムチ【まもの使い】のようで、【双竜打ち】【しばり打ち】などで攻撃してくるほか、「仮装メイク」を使ってこちらを【オーク】(つまり豚)に【変身】させたり【愛憎のムチ】で新たな世界を切り開くなど、どうやらSMの女王様を意図してデザインされているようだ。(Ver.4.0の【ベルマ】への反響で新たな需要を掘り当てたのだろうか?)
戦闘後は会話することができる。