【シルバーデビル】

Last-modified: 2021-01-12 (火) 17:58:50

概要

DQ2から登場する古参【あくま系】モンスター。
色違いの上位種に【グーシオン】、ボスに【バズズ】、同色に【月守りの邪猿】がいる。
 
あくま系だが鳥系と同じく上空を飛んでおり、レベルに関係なく遠方から襲ってくる厄介な存在。
ダメージ100前後となる【ギガデイン】を撃ってくるほか、【マホキテ】で呪文を吸収する。2回連続で行動することも。
 
昔銀の丘で暴れていたバズズが【フォステイル】の魔法で【銀の丘】共々白くされたという旨の伝承がメギストリスの都にある本で確認出来る。

Ver.1.0

【ラギ雪原】【メギストリス領】【エピステーサ丘陵】に生息。
Lv40になってラギ雪原にちいさなメダルを回収しに行ってこいつに落雷死させられたプレイヤーは多いだろう。

Ver.1.1

メギストリス領で【リュウイーソー】狩りが流行り出し、狩りに行くプレイヤーにとっては邪魔者として嫌われていた。

Ver.1.3

転生モンスターに【デビルロード】が追加され、ドロップする【黒アイパッチ】が前衛にとって魅力的な品だったため評価が一変。Ver.1.5で【アカツキショウグン】が追加されるまで積極的に狩られていた。
以前は【上空退避】なる上空に浮かび近距離攻撃が当たらなくなり自身以外が倒されると戦闘が終了する技を使っていたが、この頃から使わなくなった。

Ver.2.0

偽りの【グランゼドーラ領】に出現。

Ver.2.3

60年前と変わらず【ポルネア山】に出現。

Ver.3.2

2016年が申年のためか、【アストルティアで厄払い! 決戦ゆく年くる年2016】の前半の討伐対象になった他、目覚めし冒険者の広場の年賀状にこの系統が揃って登場した。

遥かなる故郷へ

紫のほこらのカギの素材となる「紫の封石」を取るための対象に。
Ver.4シナリオを進めるにあたり、最初に戦うことになるモンスターとなる。

Ver.4.4

【魔瘴調査区画】に出現。底なし穴周辺に飛んでいる個体のねぐらなのか、2つあるシンボルは向かい合ってしゃがんでいる。
眠っているようにも見えるが、戦闘に入ると普通に起きている。1~3頭で出現する。
即沸きのため、転生狙いなどで狩りたい時はここで粘るのがオススメ。

Ver.4.5前期

【いにしえのゼルメア】の遺跡内にシンボルとして出現。
開戦直後に【アークデーモン】【ギガンテス】【ブリザード】3体というロンダルキアを意識した組み合わせの増援が現れる。

Ver.5.4

【銀の森】南西部に出現する。上記のメギストリスの本の内容を裏付けることになった。このエリアでは最弱である。
クエスト【ハンコに押された背中】?で討伐対象になる。

万魔の塔

【四の災壇】では強化された個体が出現。第十四の災い以降に出現する。【ツインクロー】【かがやくいき】【連続ドルモーア】【ギガマホトラ】と多彩な行動を取る。ブレス対策がしづらい四の災壇ではかがやくいきが痛いので注意が必要。HPも高いため全てを素早く倒すのは困難。、

オフラインモード

ポルネア山山頂に生息。時折2回行動しマホキテ、甘い息、【ライデイン】を使う。Ver.1.0では通常出現するライデインの使用者はオンラインでは存在しなかったため、貴重な使い手だった。
ドロップはよるのとばり。