【ジバルンバサンバ】

Last-modified: 2021-01-18 (月) 06:51:09

概要

【ジバリア系】呪文。詠唱開始時に「ジバルンバサンバをとなえた」と表記される事から呪文とする。
ただし、設置系の常として設置されたジバルンバは呪文耐性、マホカンタ系、マホステ等の影響を受けずに問答無用で被弾する。
自身の周囲に【ジバルンバ】を3ついっぺんに仕掛け、発動時に効果範囲内にいた者にダメージを与える。威力は使用者ごとに大きく異なる(下記参照)。
【神速メラガイアー】のジバリア版とも言える。一度に複数個置く【設置型】タイプの物としては珍しく、続け様に発動するようそれぞれの発動までにタイムラグが作られている。
 
詠唱完了時は足元に魔法陣が出ているように見えるが、実際には詠唱の周囲にランダムに仕掛けられている。Ver.4.4までは実際にどこに仕掛けられているかは【トラップジャマー】で選択するか、実際に発動するまで分からなかった。
設置物はトラップジャマー時やシステムログではジバルンバと表示される。
なおサンバとはブラジル音楽の一種を指すが、特に踊っているような演出は無い。ジバ「ルンバ」とダンス名も入っており語感も程よい為、続けてサンバと名付けられているのだろう。3か所に設置することもあって「三場」と言う意味も意識しているのかもしれない。

Ver.4.5前期

ジバルンバサンバが設置された場所にエフェクトが表示されるようになった。

使用者

  • 【魔獣サルファバル】
    そこそこの頻度で使いこちらを牽制してくる。土耐性が20%もあれば1発あたり150~180のダメージとなるのでかなり死ににくくなるが、サポート仲間は避けるのを優先して発動までサルファバルから離れてしまう。
    時間制限のあるバトルであまり接近してくれないのは痛いのでサポート仲間は遠距離攻撃可能な職業が幾分か有利ではある。