【ジャイラジャイラ】

Last-modified: 2019-12-16 (月) 04:13:04

概要 Edit

クエスト【ふたりの未来】に出現するボスモンスター。色違いに【ディラック先生】がいる。
夜の王国の神で、「ジャイラの奇跡」の正体。犠牲となる者を差し出す事によって願いをかなえる。
外見は【呪術師マリーン】に似ており、白黒化して小振りになり、棍棒を持ったミルドラースのような姿。お腹の模様がカワイイ。
 
かつて、太陽の王国を滅ぼす力が欲しいと懇願した王に、代償として娘を殺すよう命じて短剣を与えるが、その王が短剣を娘に渡して逃げるように指示する裏切り行為に出た事に激怒し、夜の王国を自ら滅ぼした。
自身は太陽の王国の者によって神殿深くに封印されるが、意識が魔法の帽子マホッシーとなって分離。
そしてその短剣を持って現れた【リィン】をその娘の末裔と確信し、巧みに肉体の眠る地下深くまで誘導。
仕掛けを解かせて復活を果たし、自身を封印した太陽の王国の末裔【ラウル】諸共殺そうとする。
 
敗れると今度はパワーを解放して神殿の崩壊に巻き込もうとするが、機転を利かせたラウルの対応で失敗。
反撃しようとするものの、ラウルの決死の攻撃を受け、肉体を失う。
 
再びマホッシーの姿となった彼は、自身を犠牲にするので力尽きたラウルを生き返らせてほしいというリィンの願いを聞き入れ、彼女を魔物の姿へと変えてしまう。
目が覚めた時、リィンは呪術師マリーンになっていた。マリーンの姿は、ジャイラジャイラを原型に生み出されたものだったのである。
 
その後、賢者マリーンの姿で一度だけラウルと引き合わせた後、マリーンの意思で共にいずこかへと旅立った。

攻略法 Edit

HPが高く、やはり何も考えずに戦うとじきにMPが尽きるか、倒されてしまう。
そこでラウルの攻撃に合わせ、天光大裂斬で闇耐性を下がったらダークナイトエッジを、スパークリベンジによってマヒしたらまんげつ斬りで、それぞれ大ダメージを与えていくと良い。
それまではベホイミによる回復か、【眠りの息】を受けないよう星のおいかぜに専念。
眠りにされると【悪夢の晩さん】で即死させられるので、おいかぜを切らさないように注意する。
相手が眠ったらダークナイトエッジでの追撃を忘れずに。
その他、ドルマドンや【夜の民への恨み】を使用。後者は動けなくなるが、ラウルが解除してくれ、テンションが2段階上がる。
 
しかし本番はHPが25%以下、名前表記が橙色の表示になってから。
ここから行動が変化し、その後の流れはイベント戦闘の如く固定化される。

  1. まず「ここからが真の夜の訪れぞ 闇よ!呪文を封ぜよ!」のセリフとともに呪文が封じられる(【マホトゾーン】)。
  2. 続いて【逃れえぬ死の波動】を使用してくるので、発動前にムーンライトクロスで妨害する。先の台詞のときに誤って使ってしまうと防げないので注意。
  3. 引き続き、【常夜のかなしばり】でマヒ状態にしようとしてくるが、ラウルがかばってくれるので接近しながらラウルに守り星の祈りでキラキラポーンをかけて防ぐ。自分にかけても次のターンでラウルが動けなくなって全滅するので注意。
  4. 最後に【ジャイラインパクト】で1000近くの即死ダメージを与えて全滅させようとしてくるが、ラウルの状態異常を防いでいれば「眠るのはお前だ!」と【チャージタックル】を入れて動きを止めてくれる。
  5. ラウルの「明けぬ夜などない!終わらせろ リィン」のセリフと共にリィンに【必殺チャージ】が発生。
    必殺技の【デイブレイカー】を使用することでトドメの大ダメージを与えて倒す。
     
    台詞、演出共にリィン編ラストバトルにふさわしい熱い展開となる。

関連項目 Edit

【妖精図書館シリーズ】