Top > 【スライムエンペラー】


【スライムエンペラー】

Last-modified: 2019-05-19 (日) 01:24:38




概要 Edit

【クイーンスライム】の尻に敷かれ続けた【キングスライム】が悟りを開いて進化した【スライム系】モンスター。それは俗に言うMという奴か。
色違いに【ゴールデンスライム】【スライムマデュラ】【プラチナキング】【ハートボイルド】【幽冥の緑石帝】【スライムエネルゴン】がいる。
初出はDQ7で、過去作ではぱっとしない強さであることが多かったのだが、今作での強さはかなりのもの。
まず、攻撃力600、守備力650という圧倒的ステータス。おまけに時々2回連続行動。
登場当時は攻撃力が750もあり、雑魚敵だけで見れば攻撃力は【ベヒードス】に次ぐ3位、守備力はダントツの1位。モンスター図鑑の通常枠では現在でもスライム系のトップに立ち続けている。
総合的な強さはVer.3.2から登場したスライムマデュラの方が上だが、向こうは隙の大きな行動が多いため、エモノ呼びで複数を相手にする場合はこちらのほうが辛くなる。

稀に行う通常攻撃ですら軽装職だと280程度食らい、頻繁に使う押し潰しは約320もの自身中心範囲攻撃となっており、何も考えずに近寄る前衛サポだとゴリゴリ纏めて削られる。【おしつぶし】は怒り状態だと更に威力が強化され、大体380~420程度のダメージとなってしまうため、装備や職次第にもよるがよくて瀕死、最悪即死コース一直線。即座にロスアタ推奨。
しかしむしろ守備面が非常に優れており、攻撃力350程度では10~30程度のダメージが関の山で、ロスアタしても生半可な攻撃力だとダメージを与えることができず、怒りを解除できないことも。
物理で削る場合はバイキルトなどの攻撃力上昇手段は必須。
また、時折【マホターン】で呪文を反射してこようとするため、攻撃呪文で削る場合は零の洗礼等の解除手段を用意したいところ。
もしも無い場合はヘナトス等跳ね返されても困らない呪文を空打ちしてマホターンを消そう。
更に、お供がいる状態だとザオラルを唱える事もあるという難敵である。
なお、ゴールデンスライムと同じ形状のためかメタル系に見えるが、実際は上記通り守備力が非常に高いものの、メタル系ではない。
攻撃呪文も普通に通り、スライム系の例に漏れず闇属性が弱点。一方氷属性には強い耐性を持っている。呪文の選択にさえ気をつければ、魔法職でも十分にダメージは与えられる。
絡め手では魅了に対して1段階しか耐性がないので、レンジャーがいるならばてなづけてみるのも面白い。
また、怒り時には押し潰ししかしないという行動パターンが仇となり、スキルクラッシュが決まるとまったく動かなくなるという弱点もある。

Ver.2.1 Edit

真の【ゼドラ洞】に生息。通常ドロップは【まほうの小ビン】、レアドロップが【ときのすいしょう】となっている。
ときのすいしょうは貴重といえば貴重で、通常エンカウントできる敵で落とすのは現状こいつだけとはいえ、あまりに強いので狩るには向いていないというものだろう。

Ver.2.2 Edit

レアドロップが【輝く虹を追いかけて】に変更された。

Ver.2.3 Edit

【魔幻宮殿】に生息するが、ストーリー攻略ルートから外れているので戦うことはまず無い。

Ver.2.4 Edit

攻撃力が600まで下げられた。ただそれでも押し潰しで200台は食らうので注意すべきことに変わりはない。

Ver.3.4 Edit

【ガイオス古海】に生息するが、【領界調査クエスト】の対象外なので無理に戦う必要は無い。

Ver.3.5(試練の門) Edit

【試練の門】でプラチナキングのお供として登場。
元々固いスライムマデュラよりも更に硬く、更に頻繁に2回連続で行動し、押し潰しを織り交ぜた攻撃をしながら時折味方にマホターンをかけたり、かなりの頻度で【いてつくはどう】をしてきたりする。
フィールドにいるものとは違いザオラルは使わない。
 
サポ賢者がいると零の洗礼で優先的にマホターンを消そうとするが、強化消去にやや耐性があるプラチナキングにかけた場合でも消そうとするため、サポ賢者が軽くハマる事もある。
 
他のスライムの怒りに連動して同じ相手に怒る他、HPの低下に加え自分への攻撃に反応して頻繁に、味方への攻撃に反応してそこそこの頻度で怒る。
怒ると連続行動に物を言わせたおしつぶしの連発を浴びる羽目になり危険極まりないので、可能な限り怒りは鎮めていきたいところ。
 
この試練の門で登場するモンスターでは唯一属性耐性がなく闇弱点。
また、他のスライムよりも状態変化の通りが良く、猛毒、眠り、幻惑、混乱、魅了、封印、特技封印、おたけび、攻撃力低下、耐性低下(呪文耐性低下、全属性耐性低下、属性耐性低下、状態変化耐性低下)なんかは一通り通る。
ただし特に通りの良い猛毒、耐性低下、やや通りの良い攻撃力低下や魅了、特技封印以外は全体的にやや耐性があるため、状態変化の耐性を下げるなり成功率を上げるなりしないと何回か試行しないと入らない可能性が高い。
ピンクタイフーン等で魅了を入れてマデュラなどと同士討ちをさせてもいいが、おしつぶしが乱れ飛ぶ戦闘なのでそこそこの頻度で巻き込まれて解ける点にも要注意。ちなみに魅了した場合はマホターンもこちらに使ってくれる。
呪文は判断力が高く設定されているようで不発にはならないが、特技は判断力がかなり低く設定されているため、特技封印を入れるとそれぞれの特技で2回使うまで不発を繰り返すようになる。

Ver.3.5後期 Edit

【神墟ナドラグラム】に出現。先へ進むために倒す必要がある。

Ver.4.3 Edit

【ダラズ大鉱脈】に出現。スライムマデュラと一緒に出る場合もある。