【ダークホビット】

Last-modified: 2020-02-01 (土) 17:05:42

概要 Edit

【シールドこぞう】【ビッグフェイス】の上位種である【怪人系】モンスター。
通常ドロップは【暗黒の樹木】、レアドロップは【ソードブレイカーの本】
 
初出の6では中盤のモンスターながら序盤のレイドック城の井戸の中にいる中ボス的な役になっていて、初見プレイヤーの多くを剣の錆としたトラウマモンスター。
今作では6の時とは比べ物にならないほど強化されており、レベル解放が進むまではかなりの強敵だった。
自慢の盾で【ビッグシールド】を張って、こちらのメラミやらタイガークローやらを頻繁にガード。【こごえるふぶき】も吐いてくるが、こんなのは前菜に過ぎず怒らせると【かがやくいき】で攻撃してくる。
 
そんなダークホビットの弱点だが、意外なところで【ボケ】。高確率で効くので、3匹の集団に囲まれた場合はこれらの特技を使ってやり過ごそう。

Ver.1 Edit

【チョッピ荒野】【狩人のほら穴】に生息する。
1~3匹で出ることがあり、ひょうきんな面に見合わず攻撃力も高い。
同じ場所にすむモンスターの中ではレベルが低いというだけで、危険度は上位。油断してレベル50くらいで戦うと返り討ちにされるのが関の山。HPパッシブがない場合はかがやくいきでほぼ全滅まっしぐら。
HPこそ低いが、前述の通り高い攻撃力からの【ダブルスマッシュ】やかがやくいきが馬鹿にならないため、狩りに向いているとは言い難い。
モンスターレベルが無駄に低いせいで強敵ボーナスも入りづらく、あえて相手取る必要性は薄い。
おまけにシンボルが小さいため、プレイヤーに隠れていつの間にかぶつかっていることも…とにかく邪魔者。
【日替わり討伐クエスト】等でチョッピ荒野を訪れている際は注意しておきたい。
魔法の迷宮でも油断してると集団で一斉にかがやくいきを吐かれて壊滅する事もあるので注意。
 
当初は狩る理由がとことん見当たらず、【スイートな色やねん!】で戦う程度だったが、Ver.1.4で【特訓モード】の仕様が変更された際に一時的に注目を浴び、積極的に狩られたこともあった。

Ver.2 Edit

偽りの【リャナ荒涼地帯】北部にも登場。単独出現なので盗み目当てならこちらがおすすめ。