【ネロドスシャドウ】

Last-modified: 2021-02-20 (土) 07:11:17

概要

Ver.5.3ストーリー【勇者復活】のストーリークエスト【大魔王の巨像】に登場するボスモンスター。
見た目は【久遠の神殿】に登場する敵のような黒い姿のネロドス版。
 
【主人公】【不死の魔王ネロドス】を倒したという言葉を聞き、本当に倒したのか主人公の強さをはかるため【モヒペンコ】がネロドスの顔壁から生み出したネロドスの影。
不死の力こそ無いものの本物と同じくらい強いらしいが、顔壁を離れるとたちまち消えてしまうという。
 
ストーリー中では「本物と同じくらい強い」と言われるものの、戦闘難易度としては本物よりも明らかに手強くなっている。
「魔族は魔瘴の薄いアストルティアでは実力を発揮できない」という設定に加え、ネロドスシャドウとの戦闘では【勇者アルヴァン】の力を借りることができないため、そのように感じるのだろう。モヒペンコのネロドスに対する憧れから、本物以上に強くなったのかもしれない。
もちろんメタフィクション的に言えば「本物が登場したVer.4.1(当時のプレイヤーレベル上限が100)と比べ、かなり後のVer.5.3(当時のプレイヤーレベル上限が116)に登場するため」という理由が大きいのだろう。

使用特技

 
HP50%以下から使用

攻略

使用技は強制マヒからの【攻撃力上昇】が無くなった以外は本物のネロドスと変わらず、HPも116000程度とほぼ同じ。
ただ素の攻撃力がやや上がっている他、邪光の三眼の威力が650~700程度、魔眼の威力が420程度まで上昇している。その上、今回は勇者アルヴァンは当然いないので4人PTで戦わねばならず、本物より難易度は高い。
盟友の盾が発動しないことから、ブラッディインパクトが避けられず、大ダメージに加え一瞬だけだが動きを止められるため非常に危険。特に次の行動がぶんまわしだった場合、近くで固まっていると一掃されてしまうため、ブラッディインパクトを見たら敵や味方からある程度離れておくといい。
総じて攻撃が激しめのため、回復役が2人いないとやや厳しい。

関連項目