【バラバ】

Last-modified: 2020-03-29 (日) 19:34:37

概要 Edit

Ver.1.4より【橋上の宿】に滞在している【オーガ】の女性美容師。
クエスト【紅き落日の誓い】で新色『サンセット』の素材の入手を依頼する。

人物 Edit

過去ではドルボードを「転がし」、現在でも特攻服を来てアイパッチをし髪も赤いパーマ風ないでたちはまさに80年代の「ツッパリ」そのもの。
知り合いの仇である【たてまじん】の持っている「落日のフラッグ」を取り戻したいとのことだが、実際に取り戻してみると本当はたてまじんに一切の落ち度はなく、単純に知り合いと彼女の暴走行為の結果による自業自得とも言える経緯であったことがわかる。
美容院の就職祝いに走りに行く痛々しさも今となっては懐かしいおじさんプレイヤーもいるだろう。
 
料理が一般的に普及する前までは、報酬のげんこつアメ4個はそれなりにおいしく、【たてまじん】もあまり強くない割にはLv45までは格下にならず結晶作りにも役立ついい奴だったので、低レベルのうちはリプレイもそれなりに需要があった模様。
 
なお、1300年前の【古オーグリード】に登場し、【紅き落日の想い】に登場する「ララバ」は口調などから彼女の先祖だと思われる。

【美容師たちの祭典】 Edit

ダチと一緒に見上げていた空の色を再現した新色「スカイブルー」をひっさげて第1回フェリシア杯に参戦した。
 
なお、彼女たち美容師は髪を染めるのに本当に魔法を使っていることが今回のイベントで判明した。
美容師によってさまざまなしぐさで魔法をかけて髪を染めるのが確認できるが、バラバはなんと武闘家の一喝のしぐさで魔法をかけていた。彼女らしいというか…。

【約束の家族】 Edit

当該クエストに登場する【神官ターブリ】から、かつて【ドルバイク】を盗んで乗り回していた不良だったが、ドルバイクごとゲルト海峡の崖下に落ちて重傷を負ったとの話を聞ける。
この話から、バラバがつっぱっていた当時のダチと言うのはターブリであるとの説が有力。
もしその通りであれば、死んだと思っていた彼が実は生きていたということになるが、ターブリの方はバラバと再会する様子は全く見られない。まあ、美容院クエストは必須ではない為仕方ない。