Top > 【ファラオ・ルドラ】


【ファラオ・ルドラ】

Last-modified: 2019-10-15 (火) 10:29:20

概要 Edit

【ピラミッドの秘宝】【第六の霊廟】に登場するボスモンスター。
4足歩行の竜を模した機械仕掛けのモンスターで、見た目は【メタルドラゴン】【メカバーン】の色違い。
どちらもVer.2.0当時は未登場だったため、亜種が従来種に先駆けて出てきた形になる。
同系統には他に【ゼドラゴン】【ダークネビュラス】【諸刃の鋼竜】がいる。
メタ「ルドラ」ゴンと、後述のルドラ神をかけ合わせたナイスネーミングである。
 
図鑑説明によると、体が弱く機械の体を欲したそうだ。
そのためかどこからどう見てもロボットで【ミサイル】なんかも撃ってくるが【ドラゴン系】
そのせいかMP吸収耐性を持っていない。系統内では本種以外全てマシン系である。
 
他の「ファラオ」が付く敵はその霊廟のボスとして最後に出現するが、第六の霊廟だけはこいつのあとに【ファラオ・ラー】が控えている。
 
こいつの第一印象はまず見た目通り非常に「硬い」。これに尽きる。
なんと守備力は1000を超えている。半端な攻撃力ではミスを連発するハメになる。
特にツメやムチ辺りは元の攻撃力が低い関係で高倍率の各種技を使っても大したダメージにならない事が多く相性が悪め。
【かぶと割り】【鉄甲斬】で守備を落とした後に【蒼天魔斬】【渾身斬り】等で削っていくか、守備力を無視してダメージを与えられる特技(【ギガスラッシュ】【サイクロンアッパー】【タロット】など)や攻撃呪文で削っていこう。会心の一撃を出しやすいまじん切りや一閃突き、【はやぶさ斬り】なんかも有効。
攻撃方面ではHPを現在値の7割程度削る【ミサイル】や、範囲ダメージの【ふみつけ】が強力だが、【マヌーサ】【あんこくのきり】でミスを誘発できる。【幻惑】に対して若干の耐性があるので、使うなら【デュアルブレイカー】で耐性を下げておくとよい。
また時折2回連続で行動することもあり、調子に乗って回復を怠るとミサイル→ふみつけで一気に全滅する事も。
1匹だけの時は僧侶がベホマラーを合わせればそこまで脅威ではないが、他のモンスターと一緒だと回復する間もなくなるので厄介。

余談 Edit

ルドラとはインド神話における風雨の神様。
「咆哮」を意味する言葉でもあるが、【はげしいおたけび】は使ってこない。
 
また、彼の身体のもととなったカラクリは【ガテリア皇国】産だったという。
Ver.4.3のストーリーでは、ガテリア皇国は3056年前の戦争がもとで滅びているため、彼は少なくとも3000年以上前のファラオと言う設定であることが推測できる。
ただ、そもそもピラミッドの秘宝と言うコンテンツそのものが【偽りのレンダーシア】に存在するコンテンツであり、真のアラハギーロ王国側では作り話の存在になっているため、これを史実と捉えるのは不適当か。