Top > 【フルパッシブ】


【フルパッシブ】

Last-modified: 2019-07-18 (木) 01:20:00

概要 Edit

各職の【パッシブスキル】をすべて取得したプレイヤー、およびその状態のこと。
 
おおよそ全ての冒険者が最初に目指すキャラ育成の節目であり、かつて、Ver.1.X時代は「パッシブスキルはすべて取得するべきもの」というのが多くのプレイヤーの共通認識であった。
当時の情勢については【パッシブスキル】の歴史についての項目を確認されたい。
 
厳密な意味での「フルパッシブ」は上に挙げたような1.X時代の単語であり、Ver.2以降はほぼ死語になっている。
その理由として、以下のような点が考えられる。

  • Ver.2以降に実装されたコンテンツはエンドコンテンツでなくても、HPや攻撃系ステータスなどは「ほぼフルパッシブ」を前提として作られているため、レベル上げ自体が緩和されたことも相まって「パッシブを取得する」ことに優位性・特別性が無くなった
  • スキルポイントの振り分け上限が解放され、悠長に重要性の低いパッシブスキルを取得するためのスキルポイントが無くなった
  • バトルバランスの調整によってさまざまな職/武器に出番が与えられるようになり、【達人のオーブ】の実装も伴い「多くの職で高い専門性をもつマルチプレイヤー」が事実上実現不能になったため、必然的にキャラクターに対し必要性の高いパラメータと低いパラメータが出てきた

したがって、現在は基本的に「ある程度パッシブスキルを切り崩さなければスキルポイントが180まで振れないので、キャラクターに対し必要性の低いパラメータのパッシブスキルは捨てても構わない」というのが多くのプレイヤーの見解である。
その点で厳密な意味でのフルパッシブのプレイヤーはかなり少なくなってきており、エンドコンテンツやその周辺のコンテンツにおいても、そのステータスを要求されることはまずない。
HPやみのまもりのような耐久系はしっかり取得し、必要に応じて戦闘への影響を実感しにくいMP・素早さ・魅力や、ちから・器用さ・攻撃魔力・回復魔力のうち自分がメインとする職に必要ないものなどを選んで取捨選択していこう。
 
なお、固有スキル110以降のスキルは全て(専)となっており、その職業に就いていないと加算されない。
そのため、スキルポイントの上限を全く開放しなくてもフルパッシブは達成できる。
 
Ver.3.4後期で職業スキルの【180スキル】も解放され、踊り子の職業スキル片方の180ポイント達成とフルパッシブの両立が不可能となり、【スキルポイント足りない問題】が再燃した。
そのため闇雲にフルにせず、優先順位の低いMPやみりょくを取らず武器スキルに回すプレイヤーも多い。
ただし、フルパッシブだけを目標とするならば【特訓スタンプ】やマスタースキルに全く頼らずとも可能である。

フルパッシブ Edit

Ver.4.3現在で職の基本ステータスに下記が加算されることになる。

きようさとすばやさが突出して多いのは、初期の頃にパッシブスキルの実感がまるでないという批判があったためである。
また、フルパッシブを達成した場合は、同時に以下の全職共通特技・スキル効果も習得できる。

必要なポイント及びレベル Edit

踊り子以外は【特訓モード】になれるレベル50になるまでに必要なポイントが手に入る。
天地雷鳴士及び遊び人は初期レベルが50のため、転職可能になった段階でパッシブにポイントを振り切ることができる。

関連項目 Edit