【ヘパイトスの炎】

Last-modified: 2017-07-15 (土) 18:07:37

概要

クエスト【武器鍛冶職人の必殺技】【武器鍛冶】)、【二度目の輝き】【防具鍛冶】)、【振るえ必殺のフライパン】【道具鍛冶】)をクリアし、◯◯鍛冶職人レベル41以降の解放がされると同時に覚えられる必殺技。
 
効果発動したそのターン、どんな行動でも確実に会心が発生する。なお、使用時に火力が50度下がる。
前述の通り「どんな行動」でも対象となるため、【火力上げ】【冷やし込み】といった会心の発生しない行動でも消費されるので、これらの行動は前もってやっておく必要がある。
 
その効果は単純ながら非常に強力で、会心が出れば完成にこぎつけるまでの集中の節約になることはもちろん、会心止めで★3の装備を作るのに非常に役立つ。
短剣やさいほう針といった2✕1マスでは【上下打ち】、ツメや盾などの2×2マスならば【超4連打ち】を使えば全てのマスで理想値にすることも出来るだろう。
発動するタイミングは非常に稀でいつ出るかは分からないのが困りものだが、少なくとも会心が確実に出ると分かっているならば最大限に有効活用したい。
ちなみに理想値以上のマスを叩いた際は緑文字でmissと表示され、メーターが一切伸びない。
 
ヘパイトス(ヘパイストス)とはギリシャ神話のオリュンポスの神の一柱であり、炎と鍛冶を司っている。
神話篇では、【ゴフェル計画】の準備の為に【ヘパイトスのひだね】というアイテムが登場し、防具鍛冶ギルドへ納めている。