Top > 【ベサワキ】


【ベサワキ】

Last-modified: 2019-09-10 (火) 11:36:06

む……。エステラ様に 呼ばれてきただと?
ならば 入るがいい……。
私はまだ お部屋に入ったことがないのだが!

概要 Edit

【聖都エジャルナ】にいる【竜族】男のNPC。
ナドラガ教団大神殿2階の【エステラ】の部屋の前に立ち、「エステラさま専属護衛神官」を名乗る。
自分で勝手につけた肩書だそうだが!
 
エステラさまへの思慕は篤く、思い込みは強い。
台詞の3行目は必ず自虐的な自分ツッコミで、末尾に必ず「だが!」が付く。
竜族特有の爬虫類系のキツい目付きがなおさらそれっぽいのだが!
 
ゲーム中の役割としては、エステラさまのぬいぐるみ関連のサブキャラといったところ。
特に、ストーリーが進んで大神殿に入れなくなったときに重要な機能を果たす。
この濃さだからこそ「信徒が宿屋にいる」と聞いてピンと来るし、空間移動も何だか納得してしまうのだが!

ストーリー進行に伴う変化 Edit

氷の領界ストーリー以降、エステラに渡せるぬいぐるみの枠が段階的に追加される。
そのための飾り台の製作と搬入をエステラさまに頼まれて、とうとうお部屋に入れてもらうことができた。
黒い画面にテキストでそう説明されるだけで、ムービーはないのだが!
 
ナドラガ教団大神殿に入れなくなると、聖都エジャルナの【宿屋】の奥の部屋がタダで泊まれるようになる。
寝ると夢の中でエステラに出会い、ぬいぐるみのやり取りができるようになるというアンルシア同様の救済策である。
救済されるのはプレイヤーだけで、ベサワキへのそういう救済策はないのだが!
 
実はこの宿屋はベサワキの実家であり、宿屋が忙しいので駆り出されてきたらしい。
ベッドメイキングも彼がしてくれたとのことで、寝心地はどうだったかなどと聞いてくる。
泊まるを選択するとそそくさと部屋を出ていくのに、目覚めると普通にいて話しかけてきて、こわいのだが!
 
Ver.3.5で遂に本編登場を果たす。1度は教団を破門されたエステラが帰ってきたのを(ムービー内では)最初に発見し、「私たちは変わらなければならない」というエステラの演説に拍手をする。
ぬいぐるみ関連を進めているかどうかでプレイヤーの、彼に対する感慨が変わる。

また、ナドラガと対峙した際のエステラの回想にはギダ、トビアス、オルストフ、リルチェラ、サジェ、ナダイアなどのストーリーキャラに混じり堂々と登場しており、もはやモブではない大出世を果たしている。
 
エンドロール後に受注可能となるクエスト【あなたが戻るその日まで】では依頼者となる。クエスト名で紛らわしいが【あこがれのエステラさま】を依頼するのは彼ではない。
エステラが見聞を広めるため【アストルティア】に向かったあとも、彼は「専属護衛神官」として彼女の帰りを待っているが、寂しいらしく、等身大の【エステラの像】を彼女の部屋の真ん中に置いている。
しかも、台座の材料を主人公に調達させた上に完成した像を教団の広場に設置すると言う。
さすがのエステラもこれには参ってしまい、やんわりとしたお断りの手紙を主人公経由でベサワキに送るが、「大きな仕事を見つけて欲しい」というワードを額面通り受け取ったベサワキは、巨大なエステラの像を作ることを生涯の目標と定めてしまった。
将来的にはナドラガンドのランドマークが巨大なエステラ像になっているかもしれない。Ver.4.5以降改変された【アルウェーン】ではそれらしきランドマークの話は出て来ないが、いずれにせよ最後までベサワキはベサワキだったのだが!