Top > 【ムッチーノ】


【ムッチーノ】

Last-modified: 2019-12-06 (金) 10:45:44

概要 Edit

【セレドの町】【リゼロッタ】に仕える半人半羊の魔物。見た目は灰色の体毛に金髪の【プークプック】
リゼロッタ達が遊び半分でやった魔人召喚の儀式で現れて以降、敬虔な態度でリゼロッタに尽くし、子どもたちにお菓子を与えたり、完全な魔人を召喚する術を教えたりするなどしていた。
 
しかしそれは【魔人エンラージャ】を復活させる為の罠であり、エンラージャ復活後は態度を急変させ、体毛は黒色になりどこからか角笛を取り出して上記下段の台詞を吐き襲ってくる。
ドラクエでは典型的な権力者に取り入るタイプのキャラクターだが、子供の町ということでこいつの言動もかなりガキっぽくなっている。

戦闘 Edit

【魔法の角笛】【おうえん】でエンラージャを強化してくる。
戦いの歌はエンラージャと自身の攻撃力が上昇し、魔法の角笛はエンラージャの攻撃呪文の威力を2倍にする。
速攻で倒したいところだが、先に倒してもエンラージャがザオリクで何度でも生き返らせてしまうのでエンラージャから先に倒すこと。
戦闘中ムッチーノが突然増えるが、それは味方が変化させられた姿である。
名前もムッチーノに変えられてしまうのでうっかり攻撃しないよう注意しよう。
ムッチーノに変えられている場合は敵に【たたかいのうた】を使ってしまう。
なお怒らせると痛恨の一撃を使う事がある関係上、サポート仲間で挑むと聖女の守りやら会心完全ガードを使いまくるため、MPが減りやすい点には気をつけておこう。

Ver.2.1 Edit

魔人エンラージャ強戦で出現するムッチーノが2体に増加。【魔人のわざわい】もあるのでかなり面倒臭い戦いとなる。
なお、ムッチーノA ムッチーノBといったアルファベット表記はなく「ムッチーノ」になるため例えば「倒す順番は左から~」といった風に決めないと混乱を招く(眠らせた個体とは別の個体を攻撃するつもりが、眠らせた方を叩き起こしてしまうなど)可能性が高いので注意が必要。
また、極めて低い確率でムッチーノがザオリクを唱える事があり、本編と異なっている点に注意。
その他、怒らなくても比較的高い確率で痛恨を出すようになり、怒ると通常攻撃感覚で痛恨を連発してくるようになる。
ただ、ムッチーノが2匹いる関係で、相方のムッチーノに魔法の角笛を使ったり、
おうえんしたりとあまり意味のない行動もするようになったという弱点がある。
なお、たたかいのうたはムッチーノ化されたプレイヤーしか使わない。
ただ、おうえんをムッチーノにかけてもそれだけでは大した変化はないが、
たたかいのうたと併用されると話は別でバカにならないダメージを受けてしまうことも。
 
痛恨を除けば基本的に耐久力は意外と低めなので、集中攻撃をして出来るだけ早く数を減らすようにしよう。
なお、【魅了】耐性が皆無なので、【ピンクタイフーン】などを使えばこちらの味方になり、
おうえんしたり魔法の角笛をこちらにかけてくれたりすることも。
 
あとムッチーノとは直接関係ないが、色違いの【コサックシープ】が真のセレドの町のストーリーに関わってくる。
「またこのグラフィックか」と思った人もいたはず。

Ver.2.3 Edit

【モンスターバトルロード】【執事召喚】を使うと出てくる。

【失われた時を探して】 Edit

第5話【災禍の光】でエンラージャと一緒に映っている。かなり小さいのでほぼ見落とすが。