Top > 【ランドインパクト】


【ランドインパクト】

Last-modified: 2019-07-14 (日) 08:13:09

【ハンマースキル】

【ウェイトブレイク】-【ドラムクラッシュ】-【シールドブレイク】-【MPブレイク】-【キャンセルショット】-【ランドインパクト】-【スタンショット】-【プレートインパクト】-【デビルクラッシュ】-【アースクラッシュ】

概要 Edit

ハンマースキル100で習得する特技。
自分の周囲に居る敵に1.3倍の土属性の物理ダメージを与えて高確率でノックバックさせる。 消費MP8。
 
ハンマースキルを極めてようやく習得できる全体攻撃技でハンマーのメイン特技。
ボス戦ではサポートに回ることが多いハンマーだが、ピラミッドなど複数敵と相対する場合にはこれが非常に有力な攻撃手段となる。攻撃倍率自体が低めで消費MPも高いのは追加効果が非常に強力なためだろう。
一気に大量の敵をノックバックできるだけ優秀なので、Ver.1.1からずっと不遇認定されていない珍しい特技。
とはいえノックバックさせて範囲攻撃の外に押し出してしまう事もままあるので、範囲攻撃の使い手には鬱陶しがられる事も。
ノックバックを与える関係か、たいあたり同様に【におうだち】等身代わり状態も貫通する。また、敵を直接殴る技ではない為か【幻惑】状態でもMissせず、みかわしも武器ガードも盾ガードもされないという特徴もある。
なお準備時間が見た目に反して長く、ハンマーを投げ上げた後に跳び上がるジャンプの最高点付近まで技をキャンセルできる。
 

ダメージを与える相手をノックバックできることから、対人戦のコロシアムでは猛威を振るった。ランドインパクトでハメられ何もできないままに死んでしまう…という状況が幾度となく起こり、運営に目をつけられVer.2.0からはコロシアム限定で準備時間が少し長くなった。
 
敵では【ギガンテス】【ビッグモアイ】系統の多くが使用。ターンエンドで特に使用する傾向がある。
ギガンテスは溜めが長く、ノックバックの代わりに転びを発生させるという特徴を持っている。【大地の怒り】はこれを更に強力にしたもの。
 
ビッグモアイ系統は基本的にこちらが使うものと同じでダメージ+ノックバックなのだが、溜めが全くなく、ダメージモーションの前に吹っ飛ばされる事が多い。連発して使う事は基本的にあまりないが、ターンエンドを発生させた場合は別。うっかり通常使用とのタイミングが合わさってしまうと2連続でランドインパクトを食らってしまい、一瞬にしてパーティが全滅することも。
この現象はクラウンヘッド以外では使用条件の都合でほとんど見る事はなく、そもそもクラウンヘッド自体滅多に狩る機会がないためこういった事例が起こる事そのものが希だったのだが、【ファラオ・ヘッド】が登場してからはピラミッドに挑む者の多くが嫌というほど目にするようになってきた。

Ver.2.4 Edit

【創造神マデサゴーラ】が不浄なる世界から使ってくるようになる。範囲は狭いものの、アンルシアすら瀕死か即死と言うトンでもない威力で放ってくる。しかも転びの追加効果つき。
この技で壊滅させられると一気に全滅しかねないので、不用意に近づかない方がいいだろう。

Ver.3.0 Edit

【二刀流】の仕様変更に伴い、二刀流時には左手の攻撃力参照のダメージが+1打されるようになった。ただし左手分にはノックバック効果はない。
バトルマスターがテンションを上げやすくなったことも手伝って、新たな範囲攻撃手段として猛威を振るっている。