Top > 【レモンスライムクイズ】


【レモンスライムクイズ】

Last-modified: 2019-05-23 (木) 03:39:49




概要 Edit

期間中【港町レンドア北】にいるレモンスライムの【レモンハルト】から出題されるクイズに答えることで、さまざまな報酬をもらうことができる。
受けられるのは一日一回だが、お手伝いとして参加する場合は何度でも可能。

第1回は2014年12月25日午前9時00分~2015年1月6日午前5時59分まで開催された。

Ver.2.4 [前期]アップデートのディレクターコメントで

最初は アップデート後 約12日間登場しますのでぜひ遊びにいってみてください。

とあることから、この時から2回目以降の実施が予定されていたことがわかる。
 
その後も季節イベントの合間などに散発的に開催されていたが、ここ一年以上めっきり音沙汰もなくなった。
クイズの正解数は、いずれも以前の開催から引き継がれている。

開催日程 Edit

開催日時
第1回2014年12月25日~2015年1月6日
第2回2015年3月13日~3月17日
第3回2015年4月3日~4月8日
第4回2015年10月2日~10月14日
第5回2016年4月29日~5月9日
第6回2017年4月7日~4月17日
第7回2019年5月21日~6月3日

クイズバトル Edit

レモンハルトに話すとレモンハルト劇場という専用エリアに飛ばされる。
ここには【預かり所オレンじい】というNPCもいるので、報酬を持ちきれなさそうな場合は預けることができる。
レモンハルトに話して選択肢を選ぶとバトル開始だが、パーティを組んでいる場合はストーリーリーダーが話しかける必要がある。
 
バトルは制限時間1分間で、プレイヤーもレモンハルトもHPが0になって死ぬことは無い。またHPとMPは終了後に全回復する。
バトル終了後、表示されるモンスター一覧(五十音順)の中から正解のモンスターを選ぶことになる。行動やHP、与ダメージや被ダメージ、大きさやおもさなどが参考になるだろう。こちらも1分間の制限時間があるが、メンバーのだれか一人でも正解すれば全員クリアと見なされる。
特徴のある特技を使ってくれると判別は容易だが、通常攻撃だけしか使わないモンスターだと非常に難しい。また、あまりにも弱いモンスターだと一撃で名前が赤くなったり被ダメージが1またはMissになることもあるので更に難しくなる。
怒り状態にして行動パターンを変えたり、属性魔法や特効特技を使って耐性や系統を調べることである程度の目星はつく。また、外部サイトの参照がほぼ必須となるが、自分の攻撃力・守備力と通常攻撃の与ダメージ・被ダメージから敵の攻撃力・守備力を推定し、そこから絞り込むことも可能である。
また、弱いモンスターを判別する際には杖やスティックで殴り、最大MPから算出する方法が非常に有効。
判断の付きにくい場合は、パーティメンバーそれぞれが別のモンスターを選ぶのも手である。
 
正解の場合は経験値と【ふしぎなイレモン】を、お手伝いは経験値と【ちいさなイレモン】(第3回までは【ふくびき券】1枚)を獲得できる。
不正解だと少なめの経験値とふくびき券、お手伝いは【まほうのせいすい】となる。
第2回からは上級に限り正解時のふしぎなイレモンが2個もらえるようになった。
 
なお、BGMは【武器商人トルネコ】(戦闘前後)と【ジプシー・ダンス】(戦闘中)である。
2nd未導入のアカウントではそれぞれ【楽しいカジノ】【渾身の力を込めて】になる。

初級 Edit

選択肢のモンスターは16種類。
出題モンスターの範囲は49種類よりランダム抽出
正解した場合は報酬に【ウルベア銅貨】が付く。
候補となるモンスターは特技等を使うと一発で見分けがつくものが多いが、通常攻撃の割合が高い敵も多いため、意外と見分けがつきにくい。

中級 Edit

初級を5回クリア(第7回開催時より1回クリアでOK、手伝いでも可)すれば挑戦可能。
正確には、5回以上クリアした状態で自分がリーダーとなって劇場内でレモンハルトに話しかけると挑戦可能。
つまり、5回クリアして6回目の挑戦時に解放される。
選択肢のモンスターは48種類。
出題モンスターの範囲は128種類よりランダム抽出。
初級よりも得られる経験値が多い。正解すれば報酬に【ウルベア銀貨】が付く。
中級解放時に(中級に挑む必要はない)『新鋭魔物アナリスト』の称号を獲得できる。

上級 Edit

中級を30回クリア(第7回開催時より2回クリアでOK、手伝いでも可)すれば挑戦可能。
選択肢のモンスターは96種類(6ページ)にも及ぶ。
出題モンスターの範囲は232種類よりランダム抽出。
こうなるとわからないからと適当に選んで当てるのは困難、目星を付けられてもお目当てのモンスターを見落としてタイムアップとなることもあり得る。
その難しさから正解した褒美として、上述された通りにふしぎなイレモンが2個もらえるようになった。
ただ、候補が膨大なだけに、通常攻撃ばかりおこなうようなモンスターが選ばれる確率も低くなるため、ある程度モンスターの行動に習熟していればむしろ初級より正解しやすい。
【ウルベア金貨】もつくので、自信のある人は積極的に参加したいところである。
上級解放時に『本格魔物アナリスト』の称号を獲得できる。

超上級 Edit

第7回開催時より追加。
挑戦条件は上級と同じ。
選択肢のモンスターは128種類(8ページ)、出題モンスターの範囲は327種類よりランダム抽出となり、Ver4.4登場のモンスターまで対象となっている。