【怪盗ポイックリン】

Last-modified: 2019-12-11 (水) 11:53:26

概要 Edit

【岳都ガタラ】を騒がす謎の美少女怪盗。
何故か【城主ダストン】の秘蔵のガラクタばかりを盗んでいく。
去り際はいつも【美少女怪盗のポーズ】を決め

チリも残さず
キレイに退散ですわっ!

のセリフと共に姿を消す。
 
その正体はもちろん謎…と思いきや、正体はその辺の通行人にもバレバレ。
気付いてないのはダストンと【ポツコン1号】の2人だけで、ガタラの住人からは間抜けな奴等だと突っ込まれている。
そんなダストンからは「自分が集めてきたガラクタにことごとく価値を見出しては台無しにする」として親不孝者扱いされている。
危険な【ウルベア地下帝国】の遺物をカルデア洞穴の溶岩に捨てて処分できた…と思いきや先回りしたダストンに回収され、結局彼を窮地に晒してしまうことに。主人公の尽力で危機を脱した後、譲れない意思があることを互いに認めながら親子は和解する。
 
盗賊クエスト【盗賊王の誇り】によると、デビュー前に伝説の義賊マスク・ド・ムーチョに師事していた経験があるらしい。
名前の由来は某洗剤名をもじったもの。アストルティア創世記には「特撮物のヒロインをイメージ」「怪盗ですぐに思い浮かんだ黒い衣装とマスク」を参考としたらしい。
 
ドワーフの女性主要キャラの数は少ないため、各種イベントでは【アルウェ王妃】と並んでひっぱりだこ。

Ver.3.0 Edit

【タイトルムービー】にマイユや女王ディオーレに混ざって1カット登場。
しかしチリはこの姿になることなくVer.3は終了した。シナリオ班とムービー班の連携不備なのか、Ver.3.0時点では細かなシナリオまで完成していなかったのかは不明である。

【アストルティアキャラクターズファイル】 Edit

第3回の主役となる。華麗な変装を披露した。
イベントカットではほうきに乗って飛行している。ほうきの先には【城主ダストン】のぬいぐるみをぶら下げているのが可愛らしい。

【ピンチョ】の空回りによって、【ダークポイックリン】に秘宝を盗まれた際には、変装姿で彼をフォローしていたのだが、キェルグ戦後はなぜかフォローしていない。
 
【悪魔キェルグ】戦では【NPC戦闘員】として参加。職業は「怪盗」。HP410、MP280で、何故かレベルは表示がない。
【スリープダガー】(CT30)からの【ヒュプノスハント】【怪盗スラッシュ】(CT45)などの盗賊らしい特技で戦う。
ギェルグの攻撃で混乱した場合は【ツッコミ】もしてくれる。
スリープダガーはCTが溜まり次第、対象が眠り状態だったとしても優先的に使う。
 
サポ攻略の場合、スリープダガーが入ると他のサポートが攻撃しなくなってしまう。立て直しの隙ができるのは有り難いが余程受注制限レベルギリギリでもない限り、その必要があるほど強くもない為かえって邪魔だったりもする。難易度弱いだと尚更である。【チャージタイム短縮】をかけると使用頻度が増すので要注意。

美の競演! 第1回アストルティア・クイーン総選挙 Edit

美の競演! 第2回アストルティア・クイーン総選挙 Edit

関連ページ Edit