【灼熱とうこん討ち】

Last-modified: 2021-12-04 (土) 23:58:18

【とうこん】

【とうこん討ち】-【すてみ】-【もろば斬り】-【無心こうげき】-【天下無双】-【テンションバーン】-【ミラクルブースト】-【灼熱とうこん討ち】-【古今無双】

概要

とうこんスキルの【180スキル】で習得できる特技。
消費MPは6、CTはIで150秒(開幕75秒?)、IIで110秒(開幕55秒?)、IIIで75秒(開幕35秒)。
右腕に炎を宿し、大きく振りかぶって敵を右腕で殴りつけ、更にアッパーを入れる。

性能

敵1体に通常攻撃の1.3倍のダメージを2回与え、自身のテンションを2段階上昇させる。
【とうこん討ち】と同じく灼熱とうこん討ちにはテンションの効果は乗らず、テンションは消費されない。
2発のうち1発でも当たればテンションは2段階上昇するが、滅多にないがもしも2発とも外した場合は1段階上昇となる。
テンション上昇効果は20までは確実に成功するが、50以降は失敗することがある。
【二刀流】時には左手分の攻撃も入って3回攻撃になるが、テンションが3段階上昇することはない。
また、ミラクルブーストを使用していた場合二刀流時を含めた全段で回復する特徴がある。
 
シンプルながら強力な特技であり、IIIをセットすれば【CT】も比較的短いので【ためる弐】に近い感覚で使用できる。
CTの周期が近い【ギガブレイク】(CT60秒)、【ビッグバン】(CT60秒)や【全身全霊斬り】(CT65秒)、【デビルクラッシュ】(IIIでCT75秒)らと組み合わせると大きな効果が見込める。
ただ、バトルマスターは同スキル帯で特技ダメージ+20(180~200Pにセットした場合の効果量)を設定することによって【天下無双】を強化するという選択肢もあるため、どちらを取るかはプレイスタイルによる。
職業【200スキル】解禁後は特技のダメージ強化+20と灼熱とうこん討ちIIIが両立できるようになった。
なお、IIにセットした場合は武器200スキルのI(両手が110秒、片手・ハンマーが120秒)と、IIIにセットした場合はII(両手が70秒、片手・ハンマーが80秒)とCTが近くなる。
これらの特技も全て単発技なのでテンションとの相性が良く、組み合わせると大きな効果が期待できるだろう。
 
【サポート仲間】は習得しているとCTが溜まり次第使用するため、天下無双が強化され只管連発させた方が強いVer.4.5前期以降は余計な行動を少しでも削ぐために習得させないほうが良い……と言ってもサポ専門ならさておき、普通に操作する場合とで毎回スキル振りを変更するのはかなり面倒ではあるのだが。