【特訓スタンプ】

Last-modified: 2021-04-27 (火) 14:59:27

概要

【特訓モード】にしておくと【経験値】の代わりに手に入る物。
一定数集めることで【スキルポイント】と交換できる。
入手手段は以下の通り。
 

  • 特定のモンスターを倒す
    討伐モンスターリストに「TARGET」の文字が記されているもの。
    おおむね経験値500でスタンプ1のレートの模様。
    【メタル系】のように特別に多いスタンプを獲得できるものもあれば、【アークデーモン】のように高経験値ながらスタンプ0というものもある。
     
  • クエストクリア・討伐依頼などの報酬
    日替わり討伐とクエストクリア報酬の場合はその経験値の0.2%分(35000なら70)、週替わり討伐の場合は0.1%分(140000なら140)となる。

 
スタンプというからにはスタンプカードのようなものがあるのだろうが、誰が押しているのだろうか。
あるいは「自己鍛錬」と言うことで、主人公が自分で押しているのかもしれない。
【スタンプおじさん】はたぶん関係ない。

スタンプ数

スタンプ交換スキルポイント総数
1001
3002
6003
10004
15005
20006
25007
30008
35009
400010
450011
500012
550013
600014
650015
700016
800017
900018
1000019
1100020
1200021
1300022

変遷

Ver.1.2

特訓モード実装。
この時点での特訓の上限は8。
格上に挑んで勝利し、やっと1個入手(敵の強さや数は関係ない)できる仕様という特訓の名に恥じない厳しさであった。
 
ネット上では攻撃が弱く、単体かつ即沸きである【コルット地方】【ライノスキング】が、ライノス道場やライノス先生と呼ばれる程人気があり、情報が広まるとたちまちライノスキングは人気者になった。
開拓が進むにつれ、【ベホマスライム】【かえんムカデ】【アイスボンバー】【バアルゼブブ】など、特訓向けの狩りやすいモンスターが発見されていった。
この頃はメタル系モンスターを倒しても、純粋に「格下」として扱われていたので、特訓スタンプが貰えなかった。
 
なお、サポート仲間として酒場に預けた際も、条件を満たした戦闘に勝利すれば、特訓スタンプを持ち帰ってくれるのだが、レートがかなり低く、正確な数値は要検証ではあるが、借りた側が100スタンプ貯まれば1スタンプ持ち帰ると言われている。
また、時間による限度は6時間で1スタンプ。つまり1日当たり4スタンプが限度となっていた。

Ver.1.4

モンスターリストにTARGETと書かれたモンスターを倒すと1匹につき1個スタンプがもらえるように。
従来の高レベルモンスターに加え【メタルスライム】といった経験値の多いメタル系モンスターや、ラスボス戦を含むシナリオ後半や外伝クエストの一部のボス戦も特訓対象になった。
逆にガルバ、ゴルバ、リュウイーソーといった人気モンスターが対象外になっている。
スタンプの仕様に変わった事により弱めでかつ一度に2~3匹出る奴らが人気になった。
【ダークペルシャ】【ダークホビット】【グール】あたりが特に人気。Lv60以上の【魔法の迷宮】でもボス含めてターゲットは結構出てくる為、迷宮に潜り続けるだけでも結構溜まっていく。

Ver.2.1後期

ターゲットモンスターがかなり変更され、レベル80で狩られやすいモンスターが軒並み対象外となった。
かわりに、1匹あたりでもらえる特訓スタンプが1個固定ではなくなった。
もらえる数はモンスター図鑑に載っている。最大で【メタルキング】【真・災厄の王】【ダークドレアム】の50。
魔法の迷宮に出現するモンスターもかなり対象外となった為、迷宮に潜るだけでは溜まりにくくなってしまった。
その代わり強ボスで随分と稼げるようになり、旧ボスで6、新ボスで12、レンダーシアのボスに至っては1回で30も入る。
オーブではまっているといつの間にかカンストしてしまうことも多いが、やはりというべきか強ボス常連のバトルマスター、僧侶、戦士、魔法戦士などに限っての話であり、お呼びがかかりにくい魔法使い、賢者、スーパースター、まもの使い等はこの方法では稼ぎにくい。
こういった職の場合は、日替わり討伐で【バングル】50匹の依頼を買えば、200以上は稼げる上、金策にもなるのでオススメ。
 
さらに獲得スタンプ数を増加させる【特訓元気玉】が実装。効果時間が3分とかなり短いので、スタンプ数の多いボス戦や魔法の迷宮のメタルコイン持ち寄りなどで使うと良いだろう。
 
【日替わり討伐クエスト】の報酬で、特訓モード時に経験値の代わりにスタンプを選べるようになった。また、クエストクリア時に経験値の代わりに特訓スタンプを得られるようになった。スタンプ数は、本来獲得できる討伐ポイント・経験値の0.2%(小数点以下切り上げ)の模様。
 
スタンプ集めも苦にはならなくなった。

Ver.2.2前期

【教官ランババ】に話しかけた際に特訓モードでなくてもスタンプが規定値まで溜まっていればスキルポイントがもらえるようになった。
特訓の上限が9に上昇。

Ver.2.2後期

【王家の迷宮】実装。ボスを倒せば30P(アナザーモードでは44~45P)ももらえる上、アナザーの後半の階の雑魚でもポイントが入るモンスターがわらわらいるので、ここでもハマるとあっという間に溜まる。ボス前で特訓元気玉を使ってクリア後に強ボスを一戦すると一玉で130以上は稼げるので効率がよい。
今バージョンで解放された【コロシアム】の公式バトルで勝利することでも獲得できる。
特訓の上限が10に上昇。
各地の【ダーマの神殿 出張所】からスタンプ数に応じたスキルポイントを受け取れるようになった。

Ver.2.3前期

特訓の上限が11に上昇。

Ver.2.3後期

特訓の上限が12に上昇。

Ver.2.4前期

コロシアムでの勝利時の獲得ポイントが10Pに変更された。

Ver.2.4後期

特訓の上限が13に上昇。

Ver.3.0後期

特訓の上限が15に上昇。

Ver.3.1前期

特訓の上限が16に上昇。

Ver.3.1後期

待機中の【サポート仲間】も特訓スタンプを得られるようになった。

Ver.3.2前期

特訓の上限が17に上昇。

Ver.3.2前期

【邪神の宮殿】実装。各獄をクリアするとそれぞれ60Pもらえる。
バージョンが進むにつれプレイヤーサイドの強化で周回がしやすくなった。

Ver.3.3前期

特訓の上限が18に上昇。

Ver.3.5前期

1度のバトルで獲得できる特訓スタンプの上限が250から300に引き上げられた。
特訓の上限が19に上昇。

Ver.5.0

特訓の上限が20に上昇。前回から実に2年半ぶりの上昇である。

Ver.5.2

特訓の上限が21に上昇。

Ver.5.4

特訓の上限が22に上昇。