Top > 【自由人の集落】


【自由人の集落】

Last-modified: 2019-06-27 (木) 23:58:54




概要 Edit

【時の指針書】の束縛から離れ自由になるという思想のもと、【王都キィンベル】を脱した者が【ティプローネ高地】の一角に集まり、自給自足を営む共同体。
集落内では人間に混じって、【いたずらもぐら】の姿をした【魔法生物】が作業をしている。
 
共産主義的思想を持つ者が複数存在し、住民との会話では「私有財産の禁止」「同志」と言ったそれらしい単語がまま見られる。
彼らは単に時の指針書に反対するだけではなく、王政そのものに批判的であり、革命による新国家樹立を考える者も一定数存在している。
【ワグミカ】が飲んだくれているのも、あるいは旧ソ連のアルコール中毒者達をモチーフとした表現なのかも知れない。

余談だが、どの民家の近くにも【テンスの花】によく似た花がツボに生けられている。

【遥かなる未来への旅路】(Ver.4.5前期) Edit

ワグミカの作った海流の影響を受けない船で東にある島を調査し、そこに集落を作れそうな場所を発見したということで、群発地震が頻発する【大エテーネ島】を捨ててその島への移住を計画しているという話を聞ける。
 
現代に大エテーネ島が時渡りをした後、集落の住人が殆ど居なくなっていることから、時渡り直前に島を脱出したようである。

【エテーネル★ソウルフード】?(Ver.4.5後期) Edit

移住先の村名を【エテーネの村】にすると聞けるため、脱出した住人たちがエテーネの村の先祖であることが確定となった。

関連項目 Edit

【ワグミカ】