【超心覚の錬獣】

Last-modified: 2020-07-05 (日) 17:25:49

概要

職業レベル114開放クエスト【星辰武王の最終試練】で戦うことになるボスモンスター。
【キマイラロード】【ハヌマーン】などの色違いで【けもの系】
【光の河】に棲む聖なる獣で出番の無いときは光の河の奥で丸まって寝ており、相当ぐうたらな奴らしい。
本編との関連はないと思われるが、神の使いであるためか、【神獣】らしい。
【星辰武王】の最終試練において、超心覚を目覚めさせるため、荒療治として戦うことになる。

使用特技

  • 【バギムーチョ】 対象周囲に約700ダメージ
  • 【ひかりのブレス】 前方に約800ダメージ
  • 【妄念の眼光】 前方扇状に約550ダメージ+混乱・幻惑付与
  • 【邪念の塊】 対象周囲に約600ダメージ+全属性耐性低下
  • 【絶念の刃】 自分周囲以外に約1000ダメージ
  • 【破滅の流星】 時間差で光る地点に約600のダメージ2発

攻略

攻撃力が1630程度あり、通常攻撃すら即死級の威力を持つ。妄念の眼光、邪念の塊、絶念の刃、破滅の流星を使う際に精神を集中している…と表示され溜めが入るが、技名は使う際にしか出ない。
しかし、邪念の塊は口の前にエネルギーを溜め、絶念の刃は周囲に靄がかかるので、何をしようとしているのかはだいたい分かるだろう。時間差で流星を2つ降らせる破滅の流星は見てからでもかわせるので、集中しているとき何のエフェクトも出なかったら妄念の眼光を警戒して後ろに回り込むといい。
あとはバギムーチョや光のブレスで即死しないようにするといいが、邪念の塊で全属性耐性低下になると厳しいだろう。
とはいえ、溜めが多く、落ち着いて位置取りをしていれば対策せずとも勝てるだろう。
最初から難易度選択可能なので、難易度を下げれば安定して勝てる。