【足ばらい】

Last-modified: 2021-01-20 (水) 18:32:34

【棍スキル】

【足ばらい】-【黄泉送り】-【なぎはらい】-【氷結らんげき】-【天地のかまえ】-【水流のかまえ】-【奥義・棍閃殺】-【断空なぎはらい】-【豪雪氷結乱撃】

概要

【棍スキル】で覚えられる特技の一つ。別に棍を持ってなくてもできそうな技だが気にしてはいけない。
自分を中心とした範囲の敵を転び状態にするスキル。
消費MPは2。スキルポイント7で習得する。転ばせる確率は高い。
なお対象に【弓聖の守り星】がかかっている場合、身かわしやジャンプで回避した場合は弓聖の守り星を消費しない。
 
敵では【ボーンプリズナー】【悪魔ザイガス強】【ミステリピラー】が使用。
転びガードの錬金で転び発生率を下げる事が出来る他、【キラキラポーン】で無効にする事が可能。
また、こちらが使う場合と異なり少々溜めがあるので、ジャンプで避けてしまう事もできる。
対策をしていない場合は結構な確率で転ばされるため、結構めんどう。
 
余談であるが、浮遊系以外のモンスターを【ボケ】(笑い)【おたけび】(おびえ)などで行動不能にした場合は、転びのモーションと同一のものが使われている(浮遊する敵は【マヒ】のモーションが流用されている)。
転びのモーションは敵によって千差万別なので、一度転ばせて観察するのも面白いかもしれない。

Ver.1.0

棍スキルで一番最初に覚える特技。
成功率はモンスターの転び耐性によって変わる。また、身かわしの影響を受けるが武器ガードはされない。
モンスターによって効く敵効かない敵がはっきりしており、多くの獣系、人型のモンスター等にはかなり通りやすい。
逆に浮遊しているモンスターは全て無効されてしまう。まあ足を払っているので当然ではある。
 
似た効果の【おたけび】が効かない敵でもこの技は通る、という場合がある。また、一部ボスにも効くこともありこちらは相手の転び耐性依存と差別化がされている。
ちなみに会心補正は50%ではあるが会心発生時の効果は高い為狙っていく価値はある。

Ver.1.1~

バージョンアップ情報では特に修正なし。
モンスターの耐性が変わったのか、足で立っているモンスターにはたいてい効くようになった(例外は強ボスとメタル系)。
敵が複数でたらとりあえず使ってみてもいい。

Ver.3.0前期

足ばらいの極意により、2(×レベル)%成功率を上げられる。
同時におたけびも極意もあるが、あちらは光宝珠であり枠をおたけびに割けない場合も多い為、闇であるこちらをつけるプレイヤーもいる。

Ver.3.0後期

極意→技巧に変わり、5%に上げられた。
しかし有用な闇宝珠が大量に増えたので、付ける余枠が少し厳しいか。
余談だがタイガークローの極意を落とす【やつざきアニマル】がタイガーよりも高確率で落とすので、むしろ厄介物扱いされている。これが出てきた鬱憤はまた別のやつざきアニマルに向けられると言う…。

Ver.3.2後期

宝珠強化の飾り石により強化する事で成功率を更に2%上げられるようになった。