【遠い約束】

Last-modified: 2020-07-04 (土) 21:37:18

概要

【ツスクルの村】の外伝クエストシリーズ。Ver.3ストーリーに進む為にクリアが必須となっており、3.0のボスを倒すまでリプレイできなくなる。300年に渡る悲哀の物語が描かれるが、Ver.4をプレイすると300年なんぞ大して永くないように思えるから不思議。

ストーリーは【巫女ヒメア】の過去に焦点をあてている。このクエストのために新規のダンジョンが登場するなど力の入れ方もちょっと違っている。
第1~4話のラストではそれぞれシシノタ・コノタ・アカシ・ヒメアが独白するシーンが挿入されている。また「次回予告を見ますか?」という選択肢が出ずに勝手に次回予告が始まってしまう。
ちなみに5話は初めてオーブがクエスト報酬で登場したクエストであり、実装当時入手難易度高めだったグリーンオーブだったためバザーの相場が動くことが懸念されていた。が、新規キャラを作ってオーブ取得の為だけにクエストをやる事は相当な手間なのでそこまで劇的な変化はなかったようだ。

なお、エルフ以外でゲームを始めた人はこの村でヒメアに会える唯一のシーンである。
ただし、クリアするとエルフも含め、Ver.3.0まで全ての種族で会えなくなる。リプレイすれば話は別だが。

ちなみにこのクエストではあるキーアイテムから過去におおみみずが存在した事がわかる。一部のプレイヤーはVer.4で描かれるだろうと推察していたが絡まず終わった。

ストーリー

【巫女ヒメア】が重病を患い床についてしまう。
主人公は薬を探すよう依頼され、これに【学びの庭】の学徒【アカシ】が同行する。
【仙者の霊薬】?を作って持ち帰る二人だが、ヒメアの病はこれでは治らないらしい。ヒメアは自分の死期が迫っている事を告げる。

一方、ツスクルの村に地下があるという事が判明し、学徒の【シシノタ】【コノタ】はこれを探すため「若葉の探検隊」を結成する。
学びの庭から地下の入口を見つけた探検隊は、さらに新任として村にやってきたという【師ハジカ】を加えて地下に入る事になったのだが…。

クエスト一覧