【釣り】

Last-modified: 2020-09-23 (水) 04:06:53

概要

Ver.2.1から実装されたミニゲームの一つ。その名の通り魚釣りをする。
釣り上げる対象については道具/さかなを参照のこと。
始めるには【釣り老師ハルモス】への入門が必要。
システム自体は【職人システム】と比べても遜色なく作りこまれており、素材を消費することなくできるので、職人よりもお手軽に遊べるようになっている(ただし職人道具に相当する「釣りどうぐ」が釣りざおとルアーの2種類必要となるため、装備品袋を余計に圧迫するが…)。
職人とは違うもののため、いずれかの職人で一人前になっていたとしても釣りは始められる。
 
実装当初から単なるミニゲームの一つであったのだが、Ver.3.2以降、破格の報酬が付けられた他、ストーリーやクエストに組み込まれたり、【フィッシングコンテスト】が開催されたりといった優遇が続いている。

釣りバトル

釣りざおとルアーを装備した状態で、海・川・湖に接すると釣りを始めるかどうか選択できる。釣り糸をたらしてしばらく待つと、さかなが食いついて釣りバトルに入る。
一対一のターンバトル制で、通常の戦闘における自分のHPに相当する「くいつき度」、敵のHPに相当する「距離」が設定されている。下記のコマンドを入力し、くいつき度が0になる前に距離を0にすれば勝利となり、そのさかなを釣り上げられる。
さかなごとに異なる能力を持ち、手強いさかなほど報酬も大きいことが多い。
 
職人と同じ様に「釣りレベル」が用意されており、釣ったさかなに応じて経験値が入る。
釣れるさかなは場所によって異なり、その種類はVer.5.2.5時点で143種類にも及ぶ。釣ったさかなは【せんれき】の「収集おさかなリスト」に載るので、リストを埋めるのも楽しみの一つとなる。
 
釣りバトル中のBGMにはDQ7の通常戦闘曲【血路を開け】が使われている。
釣りにしてはやけに壮大な音楽が流れるのに違和感があるかもしれないが、7の主人公は漁師の息子であるため、このBGMが使われたのだろう。そのため、DQ7のフィールド曲が流れる偽のレンダーシアで釣りをするとDQ7感を味わえる。
(ただし2ndパッケージ未導入のプレイ環境では【刃の旋律】になる)

釣りコマンド

コマンド効果使用回数備考
さおを引くさかなを引き寄せる。引き寄せる距離は釣りざおの種類と釣りレベルに依存する。
使用するたびにくいつき度が1減るが、既にくいつき度が1になっている場合のみ減ることは無い。
無制限
さおをゆるめるくいつき度を30%回復する。
また、そのターンでくいつき度が減らないようにする。
3回
全力で引くくいつき度の半分(端数切捨て)を消費し、2倍の力でさかなを引き寄せる。1回
炎の力で引く2倍~2.5倍の力でさかなを引き寄せる。1回【炎の釣りざお】
氷の力で引く1.5倍の力でさかなを引き寄せ、3~4ターン凍らせる。
凍ったさかなは行動不能になるが、氷の重さで引き寄せ距離が半分になる。
ただし、ためる(超ちからため)で打ち消される。
1回【氷の釣りざお】
闇の力で引く4~7ターンさかなを闇に包み、テンションを消した上で引き寄せる。
闇に包まれたさかなは時々怯えて行動不能になる。
ただし、ためる(超ちからため)で打ち消される。
1回【闇の釣りざお】
きせきの力で引く2倍弱の力で引き寄せ、くいつき度とさおをゆるめる回数を回復させる。1回【きせきの釣りざお】
旬の力で引く確実に会心の手ごたえで引き寄せる。1回【旬の釣りざお】
あきらめる現在の釣りバトルをあきらめて、さかなを逃がす。-

さかなの行動

行動効果
じたばた暴れるくいつき度を減らす。減らす量はさかなごとに異なる。
クルクル回転するくいつき度を減らす。【クラゲ】のみ。
はげしい水の流れにさらわれるくいつき度を減らす。宝箱や【スイカ】など。
体を大きく動かす食いつき度を大きく減らす。大型魚が行う。
大暴れくいつき度を大きく減らすが、次の引き寄せまで疲れて何もせず引き寄せ距離が1.5倍に伸びる。
ただし、一部の大型魚は疲れる事無く使ってくる。
はげしくかみつくくいつき度を大きく減らす。
吻を振りまわすくいつき度を大きく減らす。
つうこんのかみつき大きくクチを開いた後に使用。くいつき度をかなり大きく減らす。
電気を放電する電気を溜めた後に使用。くいつき度をかなり大きく減らす。
水の中を旋回するくいつき度をやや減らす。次のターンに水面に飛び上がる。
必死に泳ぐ遠くに離れる。離れる距離はさかなごとに異なる。
水の流れにさらわれる遠くに離れる。宝箱やスイカなど。
水面に飛び上がる必死に泳ぐよりも遠くに離れる。
海底を飛び跳ねる必死に泳ぐよりも遠くに離れる。
海底を這う遠くに離れる。
淡水魚でも"海底"を這う。
水流を起こす数ターンの間、水流に乗って離れ続ける。
ためる次の行動の効果を2倍にする。闇で拘束している場合は解除される。
超ちからため次の行動の効果を3倍にする。
素早く泳ぎ去るプレイヤーよりも先に行動し、遠くに離れる。
地面にもぐる【ヒラメ】【カレイ】【アノマロカリス】のみ、1ターン目に行う。
地面に潜り、引き寄せ距離をそのターンのみ0.1~0.3mにする。
属性の効果も使えない。会心の引きなら普通どおり引き寄せられる。
大きく動き波をおこす辺りに波を起こす。波は収まるまで数ターンの間、くいつき度を減らし続ける。
闇や氷で魚を拘束しても、波の効果は続く。
暴れる等で【天使のルアー】の復活効果が発動した時は発動後に減らす。
ようすを見ている何も起こらない。
ぼーっとする何も起こらない。
ゆらゆら漂っているクラゲや宝箱など。何も起こらない。
コロコロしている【ウニ】のみ。何も起こらない。
大きくクチを開く何も起こらないが、次のターンでつうこんのかみつきを行う。
電気を溜める何も起こらないが、次のターンで電気の放電を行う。
疲れる疲れてしまって何もできない状態。疲れる頻度はさかなごとに異なる。

釣り上げたさかなの処遇

釣ったさかなは、さかな専用の道具袋「さかなぶくろ」に入れられる。ふくろに入るさかなの数は初期は10匹が限度だが、これまで釣り上げたさかなの種類数に応じて、釣り老師がより大きなふくろと交換してくれる。
ふくろの中のさかなは周囲のプレイヤーに見せびらかしたり、自宅の水そうに入れて展示・観賞したりできる他、各町などにいる【魚交換員】に渡すことで【おさかなコイン】と交換してくれる。枚数はさかなの種類と、さかなのおおきさ(後述)によって変化する。
また職人ギルドマスターのように、釣り老師が日替わりで依頼を出しており、指定されたさかなを渡すと釣り経験値とおさかなコインが報酬として貰える。経験値は元より、おさかなコインの枚数も魚交換員のものより高額なので、可能な限り彼に渡した方が得である。
高レベルの釣竿とルアーは少々値は張るが、おさかなコインで交換できる食材は調理職人達が高値で買ってくれる為、金策としてのリターンはそれなりにおいしい。その為、釣りで生計を立てる所謂釣り職人も相当数いる。
 
さかなには「おおきさ」がセンチメートル単位で設定されており、一定の大きさを超えるとビッグサイズ、キングサイズと評価される。
釣り上げたときにもらえる経験値が、ビッグサイズのさかなは通常の2倍、キングサイズなら3倍になる。
キングサイズを釣り上げた際は職人の大成功と同じ様に周りに【白チャット】し、キングサイズを釣ったさかな1種につき釣り老師から1枚の【ちいさなメダル】が貰える。
Ver.3.5後期以降、釣りレベル上昇と共に覚える「釣りとくぎ」によって、ビッグサイズやキングサイズが釣れる確率が上昇するようになった。具体的な上昇値は公開されていない。
 
また、さかなの代わりに宝箱がルアーにかかる事もあり、釣り上げると中身のアイテムが手に入る。
宝箱はゆらゆら揺れるだけで何も行動を起こさない為、一旦かかれば確実に釣り上げられたが、Ver.3.2より水流に流されたりして若干釣りづらくなった。その代わりに【白紙のカード】等中身のアイテムが良くなっている。

釣れるさかな

道具/さかな

変遷

Ver.2.1前期

コンテンツ開始。

Ver.2.2前期

おさかなコインと交換できる景品が追加された。
たった2つだけだが、その片方は【釣り老師の石】。今まで釣りを敬遠していたプレイヤーたちを大量に釣り上げる結果となった。

Ver.2.3後期

【グランゼドーラ城】の宝物庫にヒスイの妖精が現れたことで、釣り老師の石だけ取って満足していたプレイヤーたちが、【ヒスイのカギ】(というより【ルーラストーン】)目当てに釣りを再開した。

Ver.3.2後期

釣ったさかなの種類数に応じて釣り老師ハルモスがご褒美をくれるようになった。
 
全部合わせると350万G+メダル730枚+αと言うアリオス王もびっくりな太っ腹っぷりである。
ただ、種類重視で釣っていると釣竿代で赤字が出る可能性が高いのである程度の出費は覚悟すること。
この発表があった後、かつてないほどの釣りブームが訪れたという。
 

  • 釣りを開始する際に、その釣り場で釣れるさかなの種類が見られるようになった
  • ヒットした後もキャンセルできるようになった(釣りバトル中はこれまでどおりキャンセルできない)
  • 一部の大型魚のヒット率が上がった(約二倍)
  • 65種類釣り上げると【さかなレジェンド】の称号を得られるようになった
  • おさかなコインの景品追加

等の変更点がある。

Ver.3.3

更にビッグサイズ以上を釣り上げた種類数によってもご褒美をくれるようになった。
釣りレベル上限解放クエスト【釣り師の登竜門】をクリアしていることが条件。
 
これで更に180万G+メダル200枚+αである。もう太っ腹なんてものじゃない。
問題は、条件であるクエストを受注するために、釣りレベルを19まで上げなくてはならないこと。釣りレベルを育てていないサブキャラの分まで貰おうとすると苦労することになるだろう。
【のぞみの釣り堀】が実装された現在は種類だけなら毎日コツコツやってると達成は容易になった。
 
他にも、70種類釣り上げの報酬が追加された。
ビッグサイズを釣り上げた種類数によって、さかなぶくろを拡張してくれるようにもなった。ただし先にノーマルサイズ以上を50種類以上釣っておく必要がある。
が、よっぽど狙って集めでもしない限りはビッグの種類を増やす段階で集まってるはずなので条件はあってないようなものだろう。

Ver.3.3後期

更に更に、キングサイズを釣り上げた種類数によってもご褒美をくれるようになった。
釣りレベル上限解放クエスト【釣り道に 王道なし】をクリアしていることが条件。
 
キングともなるとのぞみの釣り堀でも滅多に出現しない為、Lv24と言う厳しい条件も相まってサブキャラにもとらせるのは苦行の道となる。

Ver.3.4前期

新たなさかなが8種追加され、それに伴ってご褒美も増えている。
 
また、これまでは単なるお楽しみ系のコンテンツだったのだが、今回のストーリー中に必ずプレイする事になる。
とはいえ、要求されるリトルマリンは釣り上げやすく、近くに釣りどうぐの入った宝箱もあるので、最小限解放クエストさえ行っておけば以降未経験のキャラクターでも問題は無い。

Ver.3.5前期

新たなさかなが4種追加され、それに伴ってご褒美も増えている。

Ver.3.5後期

新たなさかなが4種追加され、それに伴ってご褒美も増えている。
 
釣りレベルが上がることで覚えられる「釣りとくぎ」が追加された。
これまでは上がってもとくぎを覚えなかったレベルで「くいつき度アップ」「引き寄せるちからアップ」などのとくぎを覚える。
このため、釣りレベルを上げることで劇的に釣りの勝率が高まるようになった。
なお、すでにレベルを上げていたキャラも、バージョンアップ後に「特技を覚えた状態」に更新されている。

Ver.4.0

新たなさかなが6種追加され、それに伴ってご褒美も増えている。

Ver.4.1

新たなさかなが6種追加され、それに伴ってご褒美も増えている。

Ver.4.2

新たなさかなが14種追加され、それに伴ってご褒美も増えている。
過去のVUの倍以上なのは、【お庭用釣り堀】専用のさかなが7種含まれているため。
 
釣りをしている間、【よく使うセリフ】が使えないという不具合が発生している。
2018年7月6日の【提案広場】での回答によれば、お庭用釣り堀の実装に伴った仕様変更の結果であり、対応予定だが時間がかかるとのこと。

Ver.4.3

新たなさかなが4種追加され、それに伴ってご褒美も増えている。
上記のよく使うセリフの不具合が修正された。

Ver.4.4

新たなさかなが3種追加され、それに伴ってご褒美も増えている。
 
釣りの際に、何かしらの行動を起こすたびに毎回くいつき度の変動が表示されるようになり、視覚的にさらに分かりやすくなった。

Ver.4.5前期

新たなさかなが3種追加され、それに伴ってご褒美も増えている。

Ver.4.5後期

新たなさかなが1種類追加された。

Ver.5.0

新たなさかなが7種追加され、それに伴ってご褒美も増えている。

Ver.5.1

新たなさかなが4種追加され、それに伴ってご褒美も増えている。

Ver.5.2

新たなさかなが3種追加され、それに伴ってご褒美も増えている。
更にVer.5.2.5開始の【破界篇】にて追加されたフィールドで新たなさかなが2種追加された。

Ver.5.3

新たなさかなが5種追加され、それに伴ってご褒美も増えている。