Top > 【160~180スキル】


【160~180スキル】

Last-modified: 2019-07-02 (火) 23:41:17




概要 Edit

Ver.3.3前期にまず武器スキルのみが、続いてVer.3.4後期に職業スキルも実装された。
解放条件はクエスト【マスターからの最終試練】【タッツィのお手伝い】をクリアしていること。
【タッツィ】に話しかけることで習得できる。
 
各スキルごとに160スキル、170スキル、180スキルのスキル枠を選択して、新たな特技、スキル効果を3つセットできる。同じものは重複してセットできない上、3枠すべてを埋めないとセット完了にならない。
一度セットしても、タッツィに話しかければ何度でも無料でセットし直せる。
スキルポイントを振っていない段階でもスキルのセットは可能。逆にそのスキルをセットしていないと、151以上のスキルポイントは振れない。
 
Ver.4.5後期で解放された190、200スキルの枠にも160~180のスキルをセット可能となっている。
この場合はいずれも180にセットした能力が発揮されるため、180の能力を最大3つまで選択できる。
 
ここまで振るとなるとスキルポイント的にかなり厳しくなるので、普段使わない職固有スキルを自由に振りなおせるマスタースキルで補い、それで浮いた分を武器スキルにまわすといった工夫が必要になってくる。
 
なお、【不思議の魔塔】ではこれらのスキル群の特技やスキル効果は使えない。

特技 Edit

160スキルにセットすると「I」、170スキルにセットすると「II」、180~200スキルにセットすると「III」と末尾に付く。
性能自体は変わらないが、末尾のローマ数字が大きいほど【CT】が短くなる(戦闘開始時はさらにその半分になる)。
かつてはバイキルショットのように他のスキルに180枠を取られる事もあったが、200までの解放でIIIにしておくことは容易となった為、200は190~200スキルの特技に回すとして、こちらの特技群は180か190にセットしたい。
なお、性能は同じでも別の技扱いなので、呪文・特技の並び位置の記憶はローマ数字毎に記憶される。

スキル効果 Edit

武器スキルでは、その武器種を装備した状態での攻撃力・会心率を高めたり、武器の特技の強化が出来る。
ほとんどの特技はダメージの強化となるが、花ふぶきは成功率アップ、弓聖の守り星・風斬りの舞・ホップスティックは範囲拡大、牙神昇誕は持続時間延長となる。
この効果によるダメージ強化は宝珠と同じ仕組みを用いているので、宝珠の補正と合算。
具体的には、元々の特技倍率×(1+宝珠補正+160~180スキル補正+系統特攻や状態異常特攻のボーナス)となる。
スティックや両手杖では攻撃呪文(系統別)のダメージや、回復呪文の回復量も増やせる。
また、盾スキルでは各種自己強化技の持続時間延長や、「鉄壁の会心完全ガード」や「逆境のみかわしアップ」といった宝珠と同種の効果を得られる。
ムチに至っては状態異常成功率が25%、50%、100%とプラスされる。
 
職業スキルでは、呪文・特技のダメージ・回復量に数値を上乗せしたり、会心率・暴走率・みかわし率・ターン消費しない率・テンション消費しない率を高めたり、被ダメージを軽減したりできる。
職業160~180スキルによるダメージ・回復量強化は武器スキルや宝珠によるものと違い、割合でダメージ・回復量を増やすのではなく最終的なダメージ・回復量に固定値のボーナスを乗せる。
多段攻撃の場合は固定値ボーナスが攻撃段数の分だけ乗るため、多段の方が恩恵が大きい。
どのスキルも、上位の枠にセットした方が強化される割合が高まる。

変遷 Edit

Ver.3.3後期 Edit

スキル未設定の武器をリストでチェックすると「タッツィのおすすめ」が提示されるようになった。
彼の提案に「はい」と答えれば自動的にスキルがセットされる。

Ver.3.4前期 Edit

160~180スキルで習得出来る特技を強化するスキル効果が追加された。

Ver.3.4後期 Edit

職業スキルが解放された。

Ver.4.3 Edit

ローマ数字が違っても特技のセット位置が変わらなくなった。

Ver.4.5後期 Edit

武器と盾に【200スキル】が追加。
上記の通り、こちらにも160~180のスキルをセットでき、180にセットした場合の能力を発揮する。
例えば両手剣スキルなら、装備時攻撃力+10とプラズマブレードIIIを両立できるようになった。

関連項目 Edit