Top > 【MPパサー】
HTML convert time to 0.004 sec.


【MPパサー】

Last-modified: 2018-01-14 (日) 22:56:15

【フォース】

【ファイアフォース】-【アイスフォース】-【ストームフォース】-【ダークフォース】-【MPパサー】-【ライトフォース】-【フォースブレイク】-【マダンテ】-【クロックチャージ】

【マジックダンス】

【マホトラ踊り】-【ダンサーステップ】-【MPパサー】-【ショータイム】

概要 Edit

MPを10消費して対象範囲のパーティメンバーのMPを100回復する特技。フォーススキル68pで習得する。MP消費しない率+の効果は影響を受けない。
Ver.3.5前期までは「パーティメンバーにMPを38譲る特技」だったが、3.5中期より上記の効果となった。
 
魔法戦士の【電池】としての役目を担う際の生命線とも言える特技であり、杖攻撃、【天使の矢】【魔法戦士の証】【マジックルーレット】を駆使してMPを補充しながら、この特技で他のパーティメンバーのMPを補充していくのが中レベル以降のパーティにおける基本的な魔法戦士の役目と言えるだろう。
かつては会心のMPパサー(効果は一切変わらない)なる謎の現象が発生していたが、アップデートで発生しないようになった。
 
Ver.2.1より追加された新しい仲間モンスター、パペットマンも使用可能。
【王家の迷宮】にも連れていける電池として、活躍が見込まれている。
 
敵では【ベホイムスライム】【天魔クァバルナ】の右翼と左翼が使う事がある。
基本的にちょっとでもMPが減っているとこの特技を使う事があるが、モンスターのMPは多めに設定されているので、ボーナス行動に近い。
一応初対戦時の天魔クァバルナはMP88に設定されているので全くの無意味という訳でもないのだが、クァバルナは物理攻撃の方が強いのでむしろ危険になる。
特にクァバルナの翼はMPが減っていなくても使う事があるので完全にラッキー行動である。
と思いきやドルワーム外伝で登場するクァバルナは【マダンテ】を使うようになっており、残MPで威力が上下するので、完全にはラッキー行動とは言い切れなくなった。他モードでは相変わらずラッキーだが。
なお、敵がMPパサーを使う場合は使用者によって譲る量が異なっており、ベホイムスライムは15、天魔クァバルナ(通常・強共に)の左右の翼は50譲る効果となっている。

Ver.3.0~ Edit

マジックルーレットの範囲化によって若干利用率は低下。
マジックルーレット自体いつでも出せるわけではないので、平時はこちらも使用することにはなる。
MPを配ってからマダンテでMPを確保する戦法はルーレット単体時代同様有効。威力自体は激減するが…
 
また、【すごろく】においても魔法戦士の特技として登場。仲間にMPを20分け与える。
最大MPが少ないうえに燃費の悪いバトルマスターと組んだときに特に有効。

Ver.3.5中期~ Edit

マジックルーレットに役割を食われていたが、ここにきてようやく消費MP10で対象周囲のMPを100回復するというテコ入れを受けた。
この消費MPであれば勝ちどきMP回復で十分まかなえる為、雑魚の乱獲でルーレットよりMP供給しやすい。
 
なお、コロシアムでは従来に近い仕様で対象は一人、消費MP10でMP38を回復という効果になっている。

余談 Edit

魔法戦士の代名詞として定着したこの特技だが、初登場したDQ9ではパラディンの特技だった。
さらに遡れば、似た効果の呪文としてDQ8の【マホアゲル】や、モンスターズシリーズの【マホイミ】系呪文が登場している。

関連項目 Edit