【おどるほうせき】 の変更点

*概要 [#gea94956]
[[DQ3でデビュー>DQ大辞典:【おどるほうせき】]]してから、シリーズ常連の金持ちモンスター。色違いに[[【わらいぶくろ】]]。[[【強モンスター】]]に[[【おどるほうせき・強】]]がいる。
[[DQ3でデビュー>DQ大辞典:【おどるほうせき】]]してから、シリーズ常連の金持ちモンスター。[[【物質系】]]で、色違いに[[【わらいぶくろ】]]。[[【強モンスター】]]に[[【おどるほうせき・強】]]がいる。
序盤に出てくるにも関わらず、24G(これでも雑魚敵としては大金)を落とすことから狩りの対象になる。通常ドロップは[[【ひかりの石】]]、レアドロップは[[【青い宝石】]]。

**Ver.1.0 [#m6636c34]
[[【ウルベア地下遺跡】]]、[[【ポポラパの洞くつ】]]に生息。
たまに序盤のレベルでは敵いっこない[[【ひとつめピエロ】]]を呼ぶこともあるのでレベルが低いうちは注意。
 
サービス開始直後、モンスターの落とす金が少ないことが原因で、ポポラパのおどるほうせき狩りが大いに流行った。即沸きだったことも流行を加速させることに。
しかし有名になりすぎた反面、副垢を使ってまで占有する奴や業者まで沸いてきてしまい、だんだん効率が落ちてしまうようになった。
途中のアップデートで即沸きの修正とリポップ位置が広がったため、おどるほうせき狩りは廃れていくこととなる。
 
クエスト[[【とある老行者の試練】]]ではボスとして3体登場。[[【デイン】]]を唱えるなど強化されているが、攻撃力は低めなので大して強くはない。
なお、表記はおどるほうせきになっているが、以降の展開から金持ちの人間を惨殺した(幻覚を掛けられた)ことが示唆されている。

**Ver.1.1 [#ie8b727f]
数が少なかったウルベア地下遺跡に大量の固体が追加される。100匹討伐にも困ることはないだろう。

**Ver.1.2 [#b2f3607a]
クエスト[[【復活の三賢人】]]で、しぐさ[[【ベリーダンス】]]の先生として登場。[[DQ9においても>DQ大辞典:【おどる大先生】]]ベリーダンスを覚えるためおどるほうせきを倒す必要があったが、今回は先生自身は登場しない。

**Ver.1.5 [#ha08f5d0]
業者対策のため、落とすゴールドが30Gから24Gに減らされる。

**Ver.2.1 [#k39f9744]
[[【どうぐ使い】]]で仲間に出来るモンスターに抜擢される。スカウトの書はカジノでコイン5000枚と交換する必要がある。
装備できる武器は扇で、相手を弱体化させる技を中心に覚えていく。詳しくは[[【おどるほうせき(仲間モンスター)】]]を参照。
しかし戦闘向きでは無いため、バトルロードにおける使用率、及び人気は低い。
あくまでバトルロード内での話で、フィールド狩りや試練の門ではベストスマイルと盗むを両立できるこいつはそこそこの人気はある。

**Ver.3.2 [#u5406bc3]
[[【氷晶の聖塔】]]にも最大3体で出現。[[【スライムマデュラ】]]と互いに混成する。
こいつ自体は弱いが、スライムマデュラと出て来るとさそうおどりでの行動不能などが面倒くさい。
また、サポの魔法戦士を入れているとこいつに反応してフォースを使ってしまうので、その点でも注意。
 
後期からは[[【剣士テリー】]]のお供として[[【預かり所】]]ジュエルがNPCとして登場。

**Ver.3.3 [#u5406bc3]
[[【楽園】]]にも出現。今度は[[【ダースギズモ】]]と混じり、4体同時出現も。
しかしこの頃になると、他にもっと良い金稼ぎ手段が幾つもあるので、G目的で狩られることはあまりない。

**オフラインモード [#l9d13296]
[[【緑のほこらの洞くつ】>【緑のほこら】]]に生息。
図鑑上の獲得ゴールドは352Gとなっているが、オフラインモードではパーティメンバーの数で分配+レベル差補正により獲得ゴールドが減少してしまう。
とはいえ訪れた段階で4人PTで1体60G程度と、周りの敵に比べると充分破格な数字と言える。
行動自体はオンラインモードと変わらず[[【さそうおどり】]]と[[【メダパニ】]]を使い、ひとつめピエロも呼ぶ。
ドロップは[[【きんのゆびわ】]]。
*[[モンスタータロット>【モンスタータロット】]] [#u391d45b]
Aランクのタロット。デッキには5枚まで入れられる。
10%の確率で使っても消費しない。
 
タロットパックから出る確率がレアなタロットの一種(銀からは相対的に出やすくなる)。
このタロットとAランク以上のタロットとの合成で[[【スウィートバッグ】]]のタロットを入手出来る。

**Ver.4.0 [#f86aef47]
消費しない率が30%→10%に弱体化した。

*バトエン[#u72a4eee]
物質系 HP110 素早さ6 ●属性 転び無効 守備力ダウン無効
|攻撃|右枠なし|h
|ルカナン|全員の守備力ダウン(-10)|
|こうげき|★に40のダメージ|
|ニヤニヤ笑っている|無駄行動|
|さそうおどり|●を躍らせる|
|宝石ジャグリング|全員に10×6のダメージ|
|こうげき|●に40のダメージ|

絡め手ばかりなイメージがあるおどるほうせきではあるが、バトエンでは意外と高い火力を持つ。
まず目を引くのがチェンジアタックのルカナン。大体のバトエンは物理攻撃が主体なのでたかがマイナス10とはいえその効果は大きい。
周りの潰しあいが加速するほか自分自身にも宝石ジャグリングが20×6になるというとんでもないメリットがある。このルカナンジャグリングコンボを少しでも成功させるためになるべくチェンジアタックで繰り出してあげよう。●に対するさそう踊りもあるがすばやさ的には6とやや遅いほうなので、鈍足の連中にヒットしたらラッキー程度でいいだろう。[[【クイックケーキ】]]ではぐれメタル(素早さ15)は抜けるので思い切って使う選択もあるか。

*関連項目 [#tfa03f17]
-[[【ダンシングトレジャーズ】]](色違いNPC)
-[[【輝晶術士レビィ】]](色違いNPC)
----