【みのがす】 の変更点

>''・[[【サバイバル】]]''
>・''[[【サバイバル】]]''
>【みのがす】-[[【てなづける】]]-[[【メタルトラップ】]]-[[【まもりのきり】]]-[[【オオカミアタック】]]-[[【あんこくのきり】]]-[[【ジバルンバ】]]-[[【フェンリルアタック】]]-[[【ケルベロスロンド】]]-[[【紅蓮蝶のきり】]]

*概要 [#k95536dd]
サバイバルスキル2ポイントで習得できる特技。消費MPは2。

*性能 [#wf2f1a01]
自分よりも弱い相手を逃がすことができるスキル。
目線を外し「さあ、いけ」とばかりに手を振れば相手は満足そうに帰っていく。
対象は[[【しらべる】]]で格下と表示されはじめるレベル+4のモンスターのうち即死無効ではないもの(例:[[【テラノライナー】]]はLV70から格下と表示されるようになるので、みのがすを成功させるにはレベル74以上必要となる)。
成功すれば即座に戦闘が終了するので戦っている時間がもったいないと感じる時に便利。
弱いシンボルと衝突事故を起こしたり、[[【つねに襲ってくる】]]モンスターに捕まった時などに役立つ。
ただしあくまで逃がすだけなので、倒した扱いにはならず経験値やドロップなども得られない。
当然ながら討伐数のカウントもなされない。
また(専)スキルではないので、習得さえすれば全ての職業で使うことができる。
[[【盗賊】]]で盗んだ後みのがすをしてもちゃんとお宝判定はでる。
 
普通に逃げられた時と同様[[【ひらめきのゆびわ】]]や[[【ソーサリーリング】]]による回復はきちんと得られる。ただし、勝ちどきMP回復の効果は得られない。
 
強制的にモンスターを戦闘から外してしまうことになるため、経験値を稼ぎたい仲間がいる場合に無断で使用するのは注意が必要となる。
また、即死が無効の敵には効かないので、ボスは当然として雑魚でも効かない敵がいることにも注意。
完全無効でさえなければ有効なので、一見して効かなそうなゾンビ系やマシン系でも効いたりする。逆に一見効きそうなやつが無効だったりもするが…
 
時間制限あり、基本的に知ってる人と組むことが多い、レベルカンストしてたりして敵を倒す意味がないとそろった
[[【災厄の王】]]討伐前の[[【闇の溢る世界】]]ではこれを使いまくってさっさと先に進んでいくのが流行した。
こちらの消耗も抑えられ一ターンで一匹消せるというのは大きい(現在はリプレイが主流になっている関係上8人全員が未クリアという状態は滅多に起こり得ない為、石塔で道中まるまる飛ばすことがほとんど)。
 
他にも[[【魔法の迷宮】]]で面倒な敵を消したり、メタル回し等で手っ取り早く終わらせたい時にも使われていたが、普通に経験値がほしい人にとっては迷惑になりかねず、口論の原因になるためか、魔法の迷宮では使用できなくなった経緯がある。
なお、あくまでも魔法の迷宮''風''である[[【神話篇】]]の各ダンジョンでは禁止されていない。
 
地味な点では倒したことにならないので[[【ザオラル】]]などで蘇生されないというメリットがある。
 
転生モンスターを狩るに当たっては、当て逃げでは同じシンボルが残り転生を出すことはできないが、この特技で戦闘を終了させればシンボルが消えて次のリポップに繋げられる。そのため、特に[[【きせきの香水】]]実装後は転生モンスターが出なければ次々に見逃してエンカウント回数を稼ぐ[[【分散みのがし】]]というプレイ方法が発生した。
[[【タッピツ仙人】]]や[[【ゲノミー】]]といった他のお供限定モンスターでも同様の方法が用いられる。
3~4匹いると流石に全部逃がすのは多少時間がかかるが、Aだけ見逃せばシンボルは消えるので後は逃げてしまっても良い。
3~4匹いると流石に全部逃がすのは多少時間がかかるが、Aだけ見逃せばシンボルは消えるので後は逃げてしまっても良い。

**Ver.3.2前期 [#b0234087]
[[【クロスペンデュラム】]]を装備していると、本来「みのがす」が有効ではないモンスターに「みのがす」が効いてしまうという不具合が発覚。
この効果は、''ドレアムやレグナード、邪神の宮殿のボスなどにも有効であった''らしく、急遽メンテナンスが行われ、この不具合は修正される事となった。
その際、この不具合を悪用していたと思われる約1700キャラクターに、ペナルティが課せられることとなった。
詳細は[[【クロスペンデュラムみのがすバグ】]]を参照。


----