【キラーホイール】 の変更点


*概要 [#d7f4f058]
[[【バルディスタ要塞(ストーリー)】]]に登場するボスモンスター。[[【マシン系】]]。
[[【Sキラーマシン】]]系統の亜種でオレンジ色の機体。両手に持つ武器がハンマー的な武器に変わっている。
 
元は鉱山発掘用に作られた重機で、[[【ブラニック採石場】]]はほぼこいつのみで掘り抜いたという。
[[【バルディスタ要塞】]]では機械化に力を入れており技術開発に余念がないらしく、[[【ウルベア地下帝国】]]を彷彿とさせる。
 
そんなマシンであったが戦闘用に改造されており、採石場を占拠していた盗賊団のリーダー格らしき[[【オークキング】]]によってけしかけられることになる。
戦闘後は壊れてしまうため、同国における[[【魔瘴石】]]の採掘に重大な支障を及ぼしていそうである。

**使用特技 [#pf09c4f9]
-[[【一撃粉砕】]]
-[[【アローレイン】]]
-[[【砂嵐】]]

HP50%以下から追加
-[[【ヒートアップモード】]]
-[[【スーパーレーザー】]]

**攻略 [#o99c8c05]
[[【NPC戦闘員】]]として[[【ユシュカ】]]が加わる。
 
守備力が1250以上ととてつもなく高いのが特徴。物理攻撃ではまともなダメージを与えられないが、この戦いでは「魔結晶」という岩状の物体が出現する。
魔結晶は攻撃すると「結晶爆発」を起こし、この爆発にキラーホイールを巻き込むとダメージを与え、一定時間守備力を0にし[[【休み】]]を与えることができる。味方には影響がない。
離れた魔結晶をキラーホイールの付近まで押してから爆発させてもいいが、砂嵐に注意しよう。
この魔結晶のギミックは初見だと気付きにくいが、キラーホイールのHPは98000程度とユシュカが共闘する他のボスと比べるとだいぶ低くなっている上、属性攻撃は普通に通るのでギミックに気付かずともゴリ押しで倒してしまうことも可能。
逆に利用すると哀れ''何も行動させないまま''倒してしまうことも可能である。
----