【ギガデーモン】 の変更点

*概要 [#yc4227d2]
[[DQ4で初登場>DQ大辞典:【ギガデーモン】]]したモンスターで、[[【バルザック】]]、[[【おにこんぼう】]]の色違い。マイナーチェンジに[[【ギーグハンマー】]]がいる。
DQ4ではデスキャッスルの結界を守っているストーリーに重要な魔物である。
FC版ではバルザックと全く同じ姿で青色だったが、リメイク版以降では紫色になった。
本作でももちろん紫色だが、まめちしきでは「青き魔獣の異名も持つ」と書かれている。
ちなみに、「デーモン」という名が付いているが見た目のせいか[[【ドラゴン系】]]となっている。
ボスとして初登場したのち、Ver.3.5前期で雑魚モンスターとして再登場した。
討伐リストは共通で、どちらを倒しても討伐数カウントが増える。ただし、獲得経験値やアイテムなどは異なる。

*ボス版 [#t64a3b17]
Ver.1.0で武闘家クエスト第4話[[【生か死か】]]のボスとして初登場。
HPは8000弱、攻撃力は200程度。
痛恨の一撃や[[【はげしいほのお】]]、[[【衝撃波】]]を繰り出す。
獲得経験値1668、ゴールド24、特訓スタンプは0。

*雑魚版 [#m1f51ffa]
まさかの''一般モンスター''としてVer.3.5前期で再登場。
本作では初となる、ボスとして登場したのちにフィールドの雑魚として再登場したモンスター。後に[[【異形獣】]]も同様の扱いを受けた。
一応[[【ゴールデンゴーレム】]][[【災厄の尖兵】]][[【アークデーモン】]]も一般モンスターとして再登場しているが、前者2体は厳密にはボスから雑魚に格下げされたモンスターで、現在はボス版と戦うことができない。アークデーモンは[[【冥王ネルゲル】]]の取り巻き扱いにとどまっている。
ボスが雑魚として再登場する前例には、DQ7の[[【チョッキンガー】>DQ大辞典:【チョッキンガー】]]や[[【りゅうき兵】]]がいる。
 
ブレスがしゃくねつになっている以外は使用する攻撃は同じ。
ステータスは登場時期相応に強化されており、攻撃力が600近くにのぼるため痛恨の一撃には要警戒。
 
通常ドロップは[[【大きなうろこ】]]、レアドロップは[[【まじゅうの皮】]]。
なお、モンスターリスト上ではボス版のものを反映しているが、ここで出現するものは獲得経験値3774、ゴールド28、特訓スタンプ5個が入るようになっている。
**Ver.3.5前期 [#w96d13f6]
[[【ムストの町】]]に生息。

**Ver.4.0 [#t133b608]
[[【イル・ラビリンス】]]内のメレアーデの部屋に生息。

**Ver.5.2 [#d9695adb]
[[【未完のモンセロ温泉峡】>【モンセロ温泉峡】]]に生息。
[[【未完のモンセロ温泉峡】>【モンセロ温泉峡】#bbe5c62f]]に生息。

*ギガデーモン強 [#z6902e97]
[[【モンスターバトルロード】]]のBランクのランクアップ試験に、[[【キングレオ強】>【キングレオ】]]とともに登場。
チーム名から考えてバルザックの代理としての出演であろう。
----