【ダンシングナイト】 の変更点

*概要 [#r78a3d96]
[[【グルービー先生】]]と[[【グルーヴダンサーズ】]]が使う技。
自身を中心とした範囲に高確率で[[【踊り】]]による[[【休み】]]+テンション1段階アップ効果をかけ、更に自身のテンションを1段階上げる。
使い手によって演出が変化し、グルービー先生は[[【魔女の舞踏会】]]と、グルーヴダンサーズの場合は[[【コミックソング】]](暗い黄色のスポットライト)と同じ演出が発生する。
使用時の台詞もグルービー先生は「一緒に踊りましょう(音符)」グルーヴダンサーズは「共に踊ろうぜ!ダンシングフィーバー!」と変化する。
使用時の台詞もグルービー先生は「一緒に踊りましょう♪」グルーヴダンサーズは「共に踊ろうぜ!ダンシングフィーバー!」と変化する。
自身のテンションを上げる効果は踊らせ効果が誰にも当たらなくても発生する。
 
[[【アスフェルド学園】]]での戦闘では踊り耐性がつけられないため、当たるとまず踊らされて行動が阻害される厄介な技。
グルービー先生は溜めの長さの割に範囲があまり広くないので見てから避けられるが、グルーヴダンサーズが使うものは発動が早いので見てからの回避はやや難しめ。
スーパーハイテンションなら当たっても踊らずに済むが、基本的にはなるべく避けられる範囲で避けた方がいいだろう。
ちなみにテンションが溜まっている状態で踊ってもテンションが消失しない。
----