【デスストーカー】 の変更点


*概要 [#x1cb3f16]
[[【ごろつき】]]、[[【エリミネーター】]]の上位種。[[初出はDQ3>DQ大辞典:【デスストーカー】]]。
赤マントは[[【クリムゾンローグ】]]とかぶるためか、ワインレッドのマントになっている(体は青)。
和製英語の方のストーカーはつきまといをする変質者を意味するが、本来の意味の「stalker」は狩猟される獲物を追い回す人、すなわち猟師である。「hunter」とは違い、狩る獲物を定めて他者に指示する、案内人の役割を果たす。つまりこのモンスターの名前の意味は死への案内人となる。
半裸だろうと決して変質者の方ではない。そもそも毒の地域にしか生息しておらず、毒に完全耐性を持つので人間とは違う。
通常ドロップは[[【よごれたほうたい】]]、レアドロップは[[【赤い宝石】]]。

**Ver.3.3 [#l6c1fc22]
[[【闇の辺獄】]]に生息。3段階力溜めや[[【マッスルポーズ】]]、痛恨の一撃と過去作同様典型的なパワーファイターである。
ほかに[[【ベホイム】]]も使うが、カンダタ同様回復量はほぼ無いに等しい。

**Ver.3.5 [#ba296a58]
[[【天ツ風の原】]]に生息。毒のエリアがお好きなのだろうか。

**Ver.4.1 [#ba296a58]
[[【古ロヴォス高地】]]に生息。同地域にはエリミネーターもいる。

**Ver.4.4 [#m2706689]
[[【ゴレオン将軍】]]に呼ばれて登場。囚人反乱イベントの再現か、こちらの味方としてゴレオン将軍やしのどれいを攻撃してくれる。[[店長>【聖天の使い】]]の代わりだろうか。
[[【ゴレオン将軍】]]に呼ばれて登場。囚人反乱イベントの再現か、こちらの味方としてゴレオン将軍やしのどれいを攻撃してくれる。[[テンチョー>【聖天の使い】]]の代わりだろうか。
ただしこちらの攻撃の対象にもなるので、範囲攻撃に巻き込んでしまう場合もある。
ちなみにデスストーカーがゴレオンにとどめを刺した場合、経験値とGが入手出来ないが報酬は貰えるという謎の仕様になっている。
----