【ドラゴンゾンビ】 の変更点

*概要 [#k3325b36]
黄土色をした骨のドラゴンで、[[【ドラゴン系】]]。
色違いに[[【スカルゴン】]]と[[【コキュードス】]]、[[【強モンスター】]]に[[【ドラゴンゾンビ・強】]]がいる。
 
[[【BOT】]]キラーの役割を果たすべく、アストルティアの幅広い地域・ダンジョンに配置されている。
しかし、ナドラガンド以降の新天地には一切登場しておらず、コキュードスに出番を奪われがちになっている。
 
DQ3やDQ5でもこおりのいきと高いHPに苦しめられたプレイヤーは多いが、今作では攻撃力438と守備力351、そしてHP4567という異常な値にまで上昇し、吐いてくるブレスも[[【かがやくいき】]]になっているなどネクロバルサ並に危険。特にHPはもちろん、守備力も骸骨とは思えないほど高く見た目詐欺である。
[[初出のDQ3やDQ5>DQ大辞典:【ドラゴンゾンビ】]]でもこおりのいきと高いHPに苦しめられたプレイヤーは多いが、今作では攻撃力438と守備力351、そしてHP4567という異常な値にまで上昇し、吐いてくるブレスも[[【かがやくいき】]]になっているなどネクロバルサ並に危険。特にHPはもちろん、守備力も骸骨とは思えないほど高く見た目詐欺である。
近域のブラックマンティスと同じ気持ちでこいつに挑んだ結果、彼らの仲間入りをしたプレイヤーは多い。ザグバンでは銀漁りをしにきたプレイヤーがこいつと鬼ごっこしている光景がしょっちゅう見られる。
Lv75でもきちんと職業ごとに役割を分けないとサポート仲間で倒すのは厳しいので、用無く近づくのは無謀。
 
通常ドロップは[[【大きなホネ】]]、レアドロップは[[【ドラゴンのツノ】]]。

**Ver.1.0 [#s468176b]
[[【ベコン渓谷】]]、[[【ゴブル砂漠西】]]、[[【ザグバン丘陵】]]、[[【呪われた大地】]]に生息。

**Ver.2.0 [#wb596a4e]
[[【アラハギーロ地方】]]等に生息。
 
Lv80解放クエスト[[【闘戦聖母の試練】]]でこいつを倒す必要がある。これまでと違って1匹倒せばいいのでその点は安心。
生息地は割と多いが、ゴブル砂漠だとそのまま[[【ボロヌス溶岩流】]]に[[【ストーンマン】]]を倒しにいけるのでオススメ。
 
一方[[【BOT】]]対策として、[[【海のとける洞くつ】]]や[[【モリナラ地下洞】]]などBOTが多い狩場にこいつが配置されるようになった(参考: [[4Gamer.net 運営開発インタビュー>http://www.4gamer.net/games/232/G023260/20131226010/]])。一部のプレーヤーからは「ドラゴンゾンビ先生」とも言われている。
業者側も強力なサポート仲間を雇ってボディーガードにしたり、遭遇すると逃げるようにプログラミングするなど対策したため完全な駆逐は出来なかったが、業者キャラ4人でPTを組みドロップを入手していた頃と比べ、効率を1/4に落とすことができた。

**Ver.2.1前期 [#z7080a19]
BOT対策地域のドラゴンゾンビが一匹沸きから二匹沸きに変更された。
更にそれに伴い一定時間の小部屋を歩き回ると別の小部屋にワープするようになった。

**Ver.2.1後期 [#v4302401]
新しくBOT多発地区の[[【詩歌の遺跡】]]と[[【トガス岩道】]]にも配置された。このうち詩歌の遺跡はBOTの排除に効果抜群、あっという間にチャンプスターを狙う業者がその牙にかかり、捨て値で売られていたかがやきそうが大きな高騰を見せている。

**Ver.2.2 [#s42aa1f6]
新しく[[【ラギ雪原】]]と[[【モガレの洞くつ】]]に配置された。
Ver.2.1以降追加されたドラゴンゾンビが図鑑の生息地別検索に載るようになった。

**Ver.2.3後期 [#oee43bde]
クエスト[[【凍える人々】]]の討伐対象に指定。
図鑑の主な生息地一覧が最大で15ヶ所まで表示されるようになったが、なんとその15ヶ所でも足りず3ページ15ヶ所目の下に「他」と記されている唯一のモンスターとなった。しかし業者側も対策しまくっているため、新たな対応が求められている。
 
週代わり討伐クエストで[[【デフェル荒野】]]の固体が黄色5匹で対象になる。強い為か白20匹と同等程度の報酬。ピラミッドの石は常備している事も多く、行きやすいのもポイント。
それでも配置がまばらなのと強いせいでそれなりに時間はかかるが、1匹ずつ20匹よりは早い。夜だと歩き回るようになるので探しやすくなるが、[[【ナイトキャット】]]がお供で出てくるようになるのでやや面倒。

**業者側の対策 [#w9b120cb]
ドラゴンゾンビ配置当初こそ業者へのダメージは大きかったが、Ver.2.1頃からドラゴンゾンビのバトルに入ると自動的に戦闘外サークルまで散らばり離脱するように対策された。
またサポート仲間も2.0当初よりずっと成長しているのでそのまま倒してしまうことも。大きなホネ目当てにむしろ狩られてしまうことすらあるまでに。
どっちにしろドラゴンゾンビでは業者排除とはいかなくなり、ひとくいばこのように逃走不可属性をつけるか、もっと凶悪なモンスターを設置するか等の対策が待たれる。
しかし、下手をすれば一般のプレイヤーにも被害が及ぶため、加減の難しさも垣間見える。

**すごろく [#c9dd2257]
モンスターマス(強)でたまに出現。
全体に45~50程度のダメージを与えるかがやくいきを多用する。
HPが高く、火力が低い構成だと倒すのに手間取りやすい。

**[[大魔王ゾーマへの挑戦>【大魔王ゾーマへの挑戦】]] [#cc16c4b5]
ゾーマ城の道中に雑魚モンスターとして登場。
エリア南東側にいる個体は狭い通路に陣取っているため、シンボル避けの知識がないと避けづらい。
戦闘では60程度のブレスダメージを受ける[[【こおりつくいき】]]を織り混ぜた攻撃をしてくる。
こおりつくいきは範囲が[[【大魔王ゾーマ】]]と同じく広範囲化されている。
----