【ブラックマンティス】 の変更点

*概要 [#u04149f0]
[[本作が初登場>DQ大辞典:【ブラックマンティス】]]。[[【オルセコ高地】]]、[[【ザグバン丘陵】]]、[[【ブーナー熱帯雨林】]]、[[【夢幻の森】]]の強敵地帯に生息する[[【イエローシックル】]]と[[【グリーンシザー】]]の上位種の[[【虫系】]]モンスター。上位種に[[【シーザーレインボー】]]、同色に[[【秘宝の闘虫】]]がいる。
[[本作が初登場>DQ大辞典:【ブラックマンティス】]]。[[【イエローシックル】]]と[[【グリーンシザー】]]の上位種の[[【虫系】]]モンスター。上位種に[[【シーザーレインボー】]]、同色に[[【秘宝の闘虫】]]がいる。
 
図鑑によると暗闇の中の[[蟻>【かっちゅうアリ】]]の列すら見逃さない程の視力を持つらしいが、あんな大きなモンスターを対象として持ち出すあたり、大した視力ではないようだ。
[[【キャノン砲】]]は使わないが、[[【もうどくえき】]]や[[【ふしょくえき】]](攻撃力低下)を吐き出す。結構守備力が高いので魔法使いや賢者で相手をしたいが、メカメカしい容姿からわかるようにマホトラが効かないので、長時間呪文職で狩るにはまほうのせいすいや小ビンを大量に持っておきたい。
[[【キャノン砲】]]は使わないが、[[【もうどくえき】]]や[[【ふしょくえき】]]を吐き出す。
通常ドロップは[[【ぎんのこうせき】]]、レアドロップは[[【バトルスタンパーの本】]]。
**Ver.1.0 [#v23a078c]
[[【オルセコ高地】]]、[[【ザグバン丘陵】]]、[[【ブーナー熱帯雨林】]]、[[【夢幻の森】]]の強敵地帯に生息。
ふしょくえきで攻撃力が下がるし結構守備力が高いので魔法使いや賢者で相手をしたいところだが、メカメカしい容姿からわかるようにマホトラが効かないので、長時間呪文職で狩るにはまほうのせいすいや小ビンを大量に持っておきたい。
物理職では低MPのすてみでそこそこの火力上げられるバトルマスターと相性がいい。
 
住んでいる場所のほとんどが宿から遠い場所なのが災いし、多くのプレイヤーに相手をされていないのでさりげなく狩ってみると名声値をもらえることも。
オルセコだと日替わり討伐の[[【ダーティラビッツ】]]に混ざって出てくることもあるので、相手にされる日とされない日の討伐数の変化が激しいモンスター。
通常ドロップは[[【ぎんのこうせき】]]、レアドロップは[[【バトルスタンパーの本】]]。

**Ver.2.1 [#v517313f]
[[【転生モンスター】]]に[[【ゼブラマンティス】]]が追加された。
----